週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣楽

会員登録

超高級魚アカムツ【静岡福田/福徳丸】

アカムツ/福徳丸

鈴木卓正さんが上バリに掛けた本命。

いい日トップ10尾以上!

 8月5日(水)、静岡福田(ふくで)港の福徳丸からアカムツを取材した。


 午前4時、港に着くと予約した4人が「前回はよかったよ」などと釣り談議。やがて寺田桂司船長が到着。麦わら帽子が似合う船長と、和やかな雰囲気で話が盛り上がったあとで、氷とエサ、各自のタックルを積み込んで出船。航程は40分。陸が見えるような近い場所でも水深が200メートル以上あり、急深な地形になっている。


 竿入れは6時。エサはホタルイカでエンペラ側を縫い刺しにする。「ちょっと入れてみて。(水深)270メートルからだんだん深くなるよ」のアナウンスで開始。「底から5~4メートル上に反応があります」と船長。


 右舷トモでは須賀裕而さん(浜松市)にさっそくアタリ。150、100、50、20メートルと各水深で引きが訪れるのは、本命の証拠。電動の巻き上げが自動で止まり、魚が見えた瞬間、イトが横に走る。「シイラに取られた!」と須賀さん。2点掛けのアカムツ仕掛けごと持って行かれた

 

アカムツ/福徳丸

手持ちで狙うか置き竿なら積極的に誘おう。


 黒潮の影響か、潮は澄んでおり、ちらほら船下をシイラが横切るのが見える。仕掛けを入れる最中にも掛かってしまうことがあるほど。


 それでもすぐに仕掛けを入れ直した須賀さんに再び本命がヒット。これは無事に取り込まれ、サイズは0.6キロ。前日には同じ場所で2キロ級が出た情報があり、大型を釣らせたい船長としては納得していない様子。

 

アカムツ/福徳丸 アカムツ/福徳丸

(左)船長の置き竿にヒットした0.6キロ。

(右)口の中が黒く、ノドグロとも呼ばれる。


 続いて左舷ミヨシの鈴木卓正さん(磐田市)にもアタリ。250メートルの巻き上げを終えて、3本バリの一番上のハリに掛かってきた同サイズをタモ取り。この魚は希少だが、いとも簡単にヒットしてくる。


 アタる時は次つぎ続くことが多く、「1尾釣るとほかの魚の活性が上がって続けて掛かるのが『のぼせ食い』です。だんだんサイズアップして釣れることがあるんです」と船長。


 当日もこれを期待していたが、最高2尾止まり。2時間半で船中5尾にとどまった。交じったのはドンコチョウカユメカサゴ)が少々。


 潮の干満がかなり影響すると考えている船長の潮時表には、月の入りの時間がびっしり書かれている。これまでの統計から、釣果に左右するとして「きょうは8時半が潮止まり。月の入りが10時すぎ。潮が悪いし、潮回りもよくないね。これ以上やっても見込みがないからタチウオに切り替えましょう」との提案。

 

アカムツ/福徳丸

アカムツにはホタルイカ、タチウオはサンマエサ。


 全員一致で10時からタチウオ釣りへ。ポイントは水深135メートルから100メートルまでのカケアガリ。エサはサンマの切り身をハリに縫い刺し。


アカムツ/福徳丸 底から5メートル巻き上げて、デッドスローで10メートルほど探る。この釣り方で左舷トモの鈴木博久さん(浜松市)に連発。上がるのは指5本級ばかり。ラストには2点掛けも披露。タチウオは全員が土産を作り1~4尾。午後1時に納竿した。


 いい日にはアカムツ頭10尾以上とかなり数が伸びることで有名な当海域。同宿では7月下旬に21尾釣った人がいるほど。


 このように魚影が濃いエリアではあるが、潮に左右されるのも事実。東京、神奈川方面から時間をかけて来る人が多いことから、船長は電話予約時に潮況や釣れているサイズをていねいに教えてくれる。「土産なしで帰すわけには行かないから」と、当日のようにリレーすることもしばしば。8月はしばらく水温が高そうでこの形になる見込み。釣況がよくなり次第、アカムツ専門に切り替え、ほぼ周年受け付けている。また10~12月はアラ狙いへも出船する。

 

寺田圭司船長/福徳丸

「全員に釣ってもらいたい」という福徳丸の寺田圭司船長。

 

静岡アカムツ/タックル

【タックル】……オモリは200号を使うのでそれに耐えられる竿。誘いやタナの取り直しが大切な釣りなので、手持ちなら2~2.5メートル、キーパーにかけたまま狙うなら2.5~3メートルの6対4~5対5調子がいい。
 中深場用でなくてもグラス製のワンピースや青物用などで代用できる。


 水深は深くて330メートル程度まで狙うので、ミチイトは少なくても400メートル。できれば500メートルあったほうがいい。号数はPE4~5号。リールはこのキャパをクリアする中型電動リール(シマノなら2000~3000番、ダイワなら400~500番、ミヤマエなら3番)。


 ワラサやカツオで使っているタックルの組み合わせがあれば竿・リールとも代用できる。スミヤキなどに切られることがあるので、リールやミチイトの予備は必須。

 

【仕掛け】……天ビンに吹き流し2~3本バリ仕掛け。ハリスは6号の通しか、ミキイトが7号、枝スが5号。後者のほうが絡みは少ない。長さは3~4.5メートルで2~3本バリが標準。上手に扱えるなら4本バリでもOK。ハリはキンメやオニカサゴで使われる独特のネムリ形状のホタバリで15~16号。2点、3点掛けを狙う際に、この形状だと抜けづらい。ムツバリを使うなら、15~17号で投入中のヨレを防ぐためヒネリなしを選ぼう。

 

ルミックスダンサー/福徳丸 これにフラッシャーやビーズ、蛍ムラパイプなどをチモトに付ける。さらにフロート玉を付けて浮力を持たせるのも有効。


 水中ライトは、海中がよほど濁っている時以外は使わない。また、胴突き仕掛けは、潮が緩いときに使うことがあるが、基本は天ビン吹き流し式。

 

【釣り方】……エサはホタルイカ。エンペラ付近を2回縫い刺しにしてハリに付ける。状況でイカ短などを使うことがある。


 投入合図とともにオモリ、仕掛けを絡まないように入れて着底を待つ。海底は砂泥であることが多いので、オモリの着底はズボッと底にハマる感触。ここから正確に底を切ることが第一。竿先の曲がり具合を見ながらイトフケを取り、竿先がフワッとなった瞬間が、オモリが底を離れた位置。ここから仕掛け分を電動で素早く巻き上げる。


 仕掛け分上げたところが基本のタナで、そこから竿いっぱい聞き上げてみる。この際にコンコンコンッとアタリが出ることが多い。


 アタらなければ、落とし直して再び仕掛け分をゆっくりと探る。もしくは、反応が出ていればそのタナまで上げてみよう。カケアガリを狙うなら一気に10メートル上げてから誘うのも手。


 アタったら聞きアワせて追い食いを待つ。巻き上げの速度が肝心で、速すぎれば口切れするし、遅すぎるとバレたり、シイラなどに取られることが多くなる。中速より速めに巻き上げて、取り込み時もミチイトを緩めないようにたぐっていく。最後にハリが外れやすいので、タモでアシストしてもらおう。

 

アカムツ/福徳丸

海面でバレることもあるので慎重に。

 

【福田港へのアクセス】……東名高速の東京ICから船着場付近である遠州漁協まで、カーナビの表示は約230キロ。

 富士PA地点からは、約100キロ。東京方面から掛川ICで下りていく場合、下車すぐの突き当たりを袋井方面に右折。

 県道403号~41号~257号~R150(小笠山運動公園中央信号を左折、浅名北信号を左折し、浅名信号を右折、西同笠信号を右折)。太田川手前の信号を左折。

 県道403号は信号が少ないがコンビニ、GSも少ないので注意。R150沿いにはコンビニあり。
(週刊つりニュース関東版本紙/青砥一生)

 

【釣行記事一覧はこちら】

/contents/choko_kiji/lists

 

福徳丸(ふくとくまる)

爆釣ポイント☆遠州灘でアカムツプラン

爆釣ポイント☆遠州灘でアカムツプラン

超高級魚のアカムツを狙って出船します。
アカムツは銀座などの高級料亭ではノドグロと呼ばれることも☆
市場にはあまり出回らない、釣り人だから味わうことができる魚ですよ♪
希少価値が高いので、初心者の方はタックルや仕掛け、攻略をしっかりと準備しておくことをオススメします♪
タナを徹底すれば釣れますので、船長の指示ダナを守りましょう。
魚が口を使うタイミングを逃さず、ぜひ釣り上げてくださいね!
味は根魚のなかでも最高級☆
刺身、煮付け、鍋とどんな料理でも美味しく頂けますよ♪

釣楽価格: 13,000円 / 人

釣楽ポイント: 1,300ポイント還元!

 

静岡エリア福田港

車: 東名高速道路・袋井ICから約12km

電車: 磐田駅(JR東海道線)

 

ページのトップへ