週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣楽

会員登録

海の宝石アカムツ【鹿島新港/桜井丸】

アカムツ/桜井丸

杉田さんに30センチ。

海の宝石が乗っ込み期に突入!!

アカムツタックル 〝海の宝石〟とも呼ばれる希少価値の高いアカムツが乗っ込みの兆し。そこで7月8日(水)、茨城鹿島新港の桜井丸へ。


 同宿はどんな釣りにも対応してくれるが、特に中深場から深場の釣りを得意としている。


 8人が両舷4人ずつに分かれて入り、私は左舷トモ。午前4時半、櫻井拓也船長の操船で出船し真沖を目指す。


 どんよりとした空だが、雨の心配はなさそう。風もなく穏やかな海だ。トイレは温水洗浄便座で、各釣り座には温水の循環パイプが設備され「どんな季節でも気持ちよく釣りを楽しんでもらう」という船長の心意気がうかがえて嬉しい。


 航程60分で釣り場に到着。潮回りの間に、船で配られたホタルイカの胴を抜き取り、ワタと足の部分を残して両目の間にハリを刺す。持参したサバの短冊をチョン掛けにし、抱き合わせに付けてスタンバイ。


「いいですよ。水深は143メートルです。カケアガリでだんだん浅くなります」と投入合図。オモリ、仕掛けの順に落とし込むと、ミチイトはほぼ垂直に伸びていく。


 着底後イトフケを取り、竿先を海面から目線の高さまでゆっくりと誘い上げる。3秒ほどポーズを入れたら、さらに頭上まであおり上げてポーズ。そこからゆっくりとオモリを底に戻して待ち、魚にエサを食う間を与える。


 こまめなポイント移動で新たな場所を探り、丹念に流す。隣の常連・赤坂健次さん(潮来市)が湾曲した竿を抱え、巻き上げに入る。グッグインと小気味よくたたくような引き込みが訪れるので、本命に違いない。澄んだ海中から赤い魚影が浮上して海面を割ったのはレギュラーサイズの28センチ本命。船長のタモに納まった。この魚は海面でハリが外れると、潜る力が残っているので、しっかりタモ取りしたい。

 

アカムツ/桜井丸 オキメバル/桜井丸

(左)赤坂さんに船中第一号。

(右)矢吹さんにオキメバル。


 船中第一号を上げた赤坂さんは次の流しでも追釣し、「手を休めず誘うのも不可欠だが、エサを食う間を与えることも大事だよ」と言う。シーズン中は週1~2回はこの魚を狙うというベテランの言葉は重要だ。


 続く流しに入って間もなく、左舷ミヨシに座る杉田京一さん(水戸市)の軟調子竿が弧を描く。2尾目となる30センチを掲げ「釣趣、食味とも満点のアカムツは最も好きな釣り物です」と満面の笑み。


 釣り座に戻ると「おっ、きたけぇ」の声。振り返ると、右舷トモの矢吹哲也さん(水戸市)が自作竿で懸命に巻き上げている。上がったのは目を見張るほど大型のオキメバル。直後には小型本命を上げ、オデコを回避。


「潮が流れず、活性が上がらないね」とこぼしつつ、終盤に竿を曲げたのは、左舷胴の間の常連・横田暢久さん(鹿嶋市)。手馴れた竿さばきで巧みに誘いを掛け、ついに食わせ、「最後にやっときたよ」と30センチ超の良型を掲げた。

 

アカムツ/桜井丸

ベテランの横田さんはラストに30センチ超。


 11時半、沖上がり。釣果は25~32センチのアカムツが0~2尾、25~38センチのオキメバルが0~4尾。ほかサバカサゴ


 アカムツの乗っ込みは始まったばかり。釣果はこれから上昇の一途をたどり、夏休み中にトップシーズンを迎える。良型交じりで数も狙えそうだ。
(週刊つりニュース関東版APC/大村隆)

 

【釣行記事一覧はこちら】

/contents/choko_kiji/lists

 

桜井丸(さくらいまる)

≪超高級魚!≫アカムツ乗合プラン

 

≪超高級魚!≫アカムツ乗合プラン

赤いルビーとも言われる中深場の超美味魚『アカムツ』。
脂乗りはどの時期も絶品。
普段は水深200~300mに生息する魚ですが、産卵にかかる夏場はわりと浅場へと上がってきます。
それでも狙うのは、150~200mと深いのですが、当沖では釣りやすいほうでしょう。
刺し身に飽きたら、湯引き、炙りもいいですよ。
意外とお勧めなのはシンプルに塩焼き。
脂ジュルジュルでペロリっといただけますよ!

釣楽価格: 12,000円 / 人

釣楽ポイント: 1,200ポイント還元!

 

茨城エリア鹿島新港

車: 東関東自動車道・潮来インターから約12km

電車: 鹿島神宮駅(JR鹿島線)

 

ページのトップへ