週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣楽

会員登録

静岡アカムツ【宇佐美/直正丸】

アカムツ/直正丸

片寄さんに本命35センチのアカムツ。

水深250メートルの中深場が面白い

アカムツ・アマダイのタックル高級魚はホタルイカがお好き?

 静岡宇佐美の直正丸アカムツが好調と聞き、6月30日(火)に釣行。

 結果、アカムツクロムツをゲット。船長の勧めでリレーし、コマセ釣りではカイワリアマダイムシガレイアジサバなど美味しい魚が連続ヒット。乗船した4人がそれぞれ15~25尾の五目魚を持ち帰った。


 余裕を持って午前4時に船着場に到着。乗り込んだのは私と3人の乗合客。左舷ミヨシから私、西島さん、片寄さんが並び、右舷胴の間に高原さんが入った。


 午前5時に出港。南東に向かって走り、航程30分で伊東と川奈の間の水深250メートル前後のポイントに到着。


 島田正則船長から「用意して」と声が掛かり、自作4本バリ仕掛けをセット、すべてのハリにサバの切り身をチョン掛けに。下から3本目のハリはホタルイカを抱き合わせた。


 船長から「いいよ。底から2メートル」と投入OKの合図とタナの指示。曇り空で風はなくウネリは大きくても1メートルほど。潮は澄んだ青緑色。


 仕掛けを投入し、底ダチを取ると、ミチイトの立ち方から底潮の流れは弱いと分かる。


 船のアップダウンが平均1メートルと読み、船長の仕掛けとの違いも考慮に入れて、置き竿でオモリが時どき底を打つ程度にミチイトを巻き上げてアタリを待つ。


 開始から5分、早くもトモ側から「きたよ」と船長の声。片寄さんの手に35センチのアカムツが輝いていた。
 一番下のハリに掛かっていたので、食いダナは2メートルらしい。サバとホタルイカを抱き合わせたハリから、イカだけがなくなっていたのを見て「アカムツはホタルイカが好きなのか」と思う。


 続いて西島さんが22センチのシロムツ、高原さんが25センチのユメカサゴを上げ、20分ほどで一流し目を終了した。

 

ユメカサゴ/直正丸 クロムツ/直正丸

(左)前半はユメカサゴなども交じった。

(右)西島さんのクロムツ。


 数十メートルほど移動し、西島さんに33センチのクロムツと30センチのアカムツアカ・クロのムツを一度に手に入れ、先ほどのシロムツと合わせて、早々に3色のムツを手に入れた。


 この流しで私の竿にもガクン、ガクンと本命らしいアタリが到来。電動を中低速で巻き上げ、2~3分後に浮上したのは30センチのクロムツと25センチのシロムツのダブル。下から1番目のハリと3番目のハリに掛かった。高原さんも30センチのクロムツをゲット。


 三流し目はシロムツを全員が上げ、私には20~25センチのダブル。


 8時をすぎるとムツのアタリはなくなり、スミヤキ(クロシビカマス)サメがヒット。底潮の流れが止まった証拠だ。


 10時、早めに午後釣りで予定していたカイワリアマダイ狙いのコマセ釣りへ移動。10時半に宇佐美港前の水深60~70メートルのカケアガリへ。指示ダナは仕掛け長さ分にあたる、底から3メートル。


 ここでの一流し目は、高原さんが25センチのオニカサゴをゲットし、ほかはエサ取りのウマヅラや小型キダイの洗礼を受けた。


 二流し目には、西島さんに激しいアタリ。「同じ型のタイより引きが強かったよ」と興奮するほどの魚は35センチのカイワリ。先バリに掛かっていた。


 三流し目に船中で小型のアカボラが3尾ほど上がり、アマダイの生息域であることが分かった。


 すると、左舷トモで25センチのアマダイ、続く流しは右舷で25センチのイトヨリも上がり、ますます良型アマダイの気配が近づいてきた。


 ついに高原さんが40センチと38センチのアマダイを連発。続いて西島さんも38センチのアマダイを上げ、「底を取り直し、誘い上げた瞬間にアタりましたよ」とコメント。

 

アマダイ・直正丸

アマダイを連発した高原さん。


 西島さんはアカ・クロのムツカイワリアマダイのグランドスラム達成だ。私の置き竿はエサ取りの攻撃にさらされ、釣れたのは35センチのウマヅラと30センチのムシガレイ2尾だった。


カイワリ/直正丸

西島さんのカイワリ。


 午後3時からアジサバの反応が出てきて、港前の水深50メートル前後の釣り場で土産作り。1時間ほどで全員が30~40センチ級を5~10尾キープした。


 4時に沖上がり。釣果は前半が30~35センチのアカムツを0~1尾、30~35センチのクロムツを0~1尾、20~28センチのシロムツを4~8尾。ほかカサゴ類を少し。後半は35センチのカイワリを0~1尾、25~40センチのアマダイを0~2尾、30~40センチのアジサバを5~10尾(アジが7割)。ほかカサゴ類、イトヨリムシガレイなどだった。
(週刊つりニュース関東版APC/木津光永)

 

釣果/直正丸

筆者の釣果。

 

【釣行記事一覧はこちら】

/contents/choko_kiji/lists

 

直正丸(なおまさまる)

[午前/乗合]アマダイ五目プラン

 

 

[午前/乗合]アマダイ五目プラン

釣り師特権の高級魚『アマダイ』を狙うプランです。
本命のほかキダイやイトヨリなど多彩なゲストがアタるのも楽しみな五目釣り。
コマセを使わないクリーンな釣りなので、「コマセの臭いがどうも……」という人にもオススメです。
アマダイ独特の断続的な引きを楽しんでください!
※アカムツリレープランではありません

釣楽価格: 11,000円 / 人

釣楽ポイント: 1,100ポイント還元!

 

東伊豆エリア宇佐美港

車: 熱海海岸自動車道・熱海ビーチラインインターから約17km

電車: 宇佐美駅(JR伊東線)

 

ページのトップへ