週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

極上イカの数釣りを楽しもう! 夜焚きイカ釣り

初夏から冬にかけて日本海~玄界灘の夜を彩るものといえば夜焚きイカの漁火。
特に当地で釣れるケンサキイカブドウイカは柔らかく甘みの濃い身で、あらゆるイカの中でも最上級に美味しいと評判。
しかも数が釣れるとして他地域からも注目を集めています。
煌々と照らされる大型集魚灯列の明かりをたよりに、ときにイカが水面で乱舞することも。
極上のイカを数釣りで楽しめてしまう、夜焚きイカ釣りを紹介していきます。

夜焚きイカ釣りの主なターゲット

ケンサキイカ/夜焚きイカ釣り徹底攻略
ケンサキイカ(ヤリイカ)
夏~秋の夜を彩るメインターゲット。
呼子ではヤリイカ、福井ではマイカ。
2本の触腕がやや長くふっくらと太い。
仔イカは関東でマルイカとして人気。
特筆すべき美味しさで刺身が最高。

ヤリイカ/夜焚きイカ釣り徹底攻略
ヤリイカ(ササイカ)
いわゆる一般的なヤリイカ。
呼子などではササイカとも呼ぶ。
白く透き通った身が特徴的。
触腕が短いことで見分けられる。
九州では夏のターゲット。

ブドウイカ/夜焚きイカ釣り徹底攻略
ブドウイカ(ケンサキ亜種)
ケンサキイカの小型亜種。
秋から冬のシーズン終盤を飾るイカ。
市場ではまず手に入らない。
柔らかくて甘みが強く、味は最上級。
大本命ながら数釣りが可能。

 

スルメイカ/夜焚きイカ釣り徹底攻略
スルメイカ(ガンセキイカ)
触腕が長く褐色が濃い。
比較的浅いタナに群れている。
煮ても焼いても美味しいが、
スルメの天ぷらは箸が止まらない。
沖漬けは味が染みやすく美味しい。

アオリイカ/夜焚きイカ釣り徹底攻略
アオリイカ
夜焚きでは晩秋ごろに釣れる。
通常浅い海域に生息するが、
秋が深まると深場に落ちていく。
漁火に集まるイカをエギで釣る。
冷凍すると柔らかく美味しくなる。

マダイ/夜焚きイカ釣り徹底攻略
マダイ(イカ泳がせなど)
釣れたイカを泳がせてエサにする。
夜焚き前にタイラバで狙うことも。
マダイ以外に青物なども狙える。
挑戦する場合は事前に確認を。
思わぬ大型が掛かることも。

 

夜焚きイカの定番タックルはこれ!

夜焚きイカタックル/祐龍丸まずは夜焚きイカの定番スタイルの浮きスッテの胴突き仕掛けでのタックルから。

電動リールの低速巻きを使って置きザオで釣るスタイルが一般的になっている。

使用するサオは7対3調子6対4調子3メートルくらいまでがお勧め。

置きザオでの理想はイカがハリ掛かりしたときに、イカの引きをそのまま受け止めてサオ先が跳ね上がらずそのまま海面に刺さっていくもの

サオが硬くて跳ね上げる力が強いと、イカとの引っ張り合いにより身切れしてバラシの原因のひとつなってしまう。

所有している跳ね上げる力が強い硬いサオを使用する場合は、オモリの重量でサオの跳ね上げを押さえ込むことが対応のひとつ。
オモリは80~100号を使用することが多い。

ただし、仕掛けの立ち方が違うとオマツリの原因になるため、船長指示のオモリと違うときは、船長と相談を

また、夜焚きイカ専用のサオも販売されている。

電動リールPE5号前後のミチイトを200メートル巻けるサイズ

仕掛けはミキイト10号クラスが望ましい。

ライトが点いているとはいえ夜釣り。一番起こりやすいトラブルは仕掛け絡み

イトの太さに左右されることなくイカは乗って来るため、イトが絡みにくく、万が一絡んでも解きやすい太いイトがいい
エダスの長さは30~50センチくらいまでで、その日の状況で調節する。

色は赤頭・白ボディー赤頭緑ボディーが定番だが、ピンク頭・白ボディー、最近は黄色も交ぜて使用する人もおり、数種類用意していく方が安心。

また、できればスッテの布に汚れがなくきれいな方がいいため、釣り始めは新品の使用がお勧めだ。

カナトフグが多くなる時期は、エサ巻きスッテの使用は乗船予約時に船長に確認しておくとエサをムダに用意することがなくなる。

ほかに用意したいものは、イカ角投入器スポンジマットなど浮きスッテを船ベリで固定する道具があると便利。
なければ2枚に折り畳んだ濡れタオルを船ベリに置き、その上に浮きスッテを置いても転がることが少なくなる。

浮きスッテ胴突き仕掛けの釣り方

夜焚きイカ/祐龍丸夕方~灯火したばかりは、イカは底にいるので、オモリで底を切った後はサオを一度シャクってしばらくアタリを待ち、定期的にこれを繰り返す。

集魚灯の明かりにイカが付くと、上下立体的に泳層が広がる

電動リールの低速巻き上げで広く探り、アタリがでたタナをリールのカウンターで確認し、次からはそのタナから誘い上げる。
巻き上げのスピードは日により違うため、少しずつ調節する。

カナトフグが多い季節はとにかくヒットしたら巻き上げのスピードを速めて取り込むことが大切。
かじられて持ち帰らないイカもその場で捨てないこと。

船長によっては「カナトフグのまきエになる」と話し、できれば納竿時にまとめて海に返すことがいいようだ。

カナトフグのほか小型のサバエソが掛かることもあるため、プライヤーも必須アイテムだ。

イカの取り込みは、ハリにカエシが付いていないため浮きスッテの頭を持って逆さにちょっと振るだけで下に落ちる。
足元にとりあえず落としていき、海への落下を防ぐ。

浮きスッテは投入器であれば順番にそのままセットしていき、スポンジマットやタオルには順番に置いていくと仕掛け絡みが軽減する。

ルアー感覚で楽しむならイカメタル・ひとつスッテ!

イカメタルタックル/夜焚きイカ釣り徹底攻略イカメタルひとつスッテはこの数年で脚光を浴びる釣り。

専用のサオが各メーカーからリリースされており、タイラバやひとつテンヤ、ティップランエギング、アジング用など各種ロッドでも十分楽しむことができる。

基本的にはブラックバスやエギング同様のルアーフィッシングスタイルでライトタックルの分野。

2.5メートル前後のルアーロッドスピニングベイトリールをセットして、金属製のスッテをサオのシャクリで操作するもので、仕掛けとなるリーダー部分にエダスで浮きスッテを1、2本足して釣るシンプルなもの。

イカがいるタナをピンポイントで攻め続けるため、ゲーム性が高くて人気だ。

海底付近でイカメタルを操作することも多いためミチイトは伸びがないPEラインが必須

水深やヒットしたタナの確認のため、ラインにカラーマーキングされたものを使おう

太さは0.6~0.8号が海水の抵抗や潮流の影響が減って使いやすい。

リールは深い場所からイカを巻き上げてこないといけないため、それなりにパワーも必要になる。
スピニングなら2000~3000番がいい。ベイトリールならカウンター付きがタナを確認しやすく使いやすい。

また、小型の電動リールも終日手持ちで使ってもあまり疲れないため、こちらもお勧め。

イカメタルは水深と同じ重量のものを選ぶことが目安(例えば水深60メートルなら60グラムを)。

イカメタル・ひとつスッテの釣り方

誘い方は、大きくサオをシャクって、一気にサオ先を下げてイトフケを作る

イトフケがとれてミチイトが張り、サオ先にイカメタルの重みが乗ったときに、イカが乗っていればアタリが伝わる。

また、エギングのようにサオを2、3回シャクってイカメタルをジグザグに動かしイカにアピールして、フリーフォールでアタリを待つこともあり、イカメタルのアクションは、動かすときはしっかり動かし、止める時はしっかり止める「メリハリ」が大事。

エダスのみで誘いたいときは、サオ先のみ振って誘いを入れる

イカの群れが小さなときや渋いときは、ピンポイントを集中的に攻めることができるイカメタル・ひとつスッテが有効なこともあるようだ。

釣れたイカの持ち帰り方

イカ釣りで実釣と同じくらい気をつけたいのが持ち帰り方法

釣れたイカは高値で取引されるような高級食材と同じ。

イカの身は繊細で劣化しやすく、手順を踏んで丁寧に扱いたい。

最も気をつけたいのは、食べる直前までイカを真水に触れさせないこと。

浸透圧で水分を吸収してしまい、せっかくの新鮮なイカが台なしになってしまう。

このため、クーラーボックスに入れる際は氷に直接イカの身を触れさせないよう工夫する

夜焚きイカでよく用いられるのは、スノコのような「トロ箱」にイカを並べ、段重ねにして大型クーラーにしまう方法。

夜焚きイカ/祐龍丸

こんなに釣れてしまうのが夜焚きイカの大きな魅力。

クーラーの底に強力な保冷剤もしくはペットボトルを凍らせたものを並べたうえ、新聞紙などでトロ箱と水分を区切ってイカを冷蔵する。

傘袋などにイカを入れる方法もあるが、この場合も氷に当てると「氷焼け」してしまうので、氷とイカが触れ合わないようにしよう。

バラ氷の上に直接イカを乗せる場合はエンペラと下足を胴体の下に折りたたんでしまうと良い。

なおイカを持ち帰る際、その場で締めると鮮度が落ちにくく、墨を吐かれない

締め方は簡単で、ピックで眉間から胴体方向と下足方向にそれぞれ神経を突く方法、イカ締め器などを使って神経を切断する方法、眉間を強打して気絶させるイカチョップがある。

気絶させたり神経を切ればその場でイカが半透明に白く変色するので締まったかどうかがわかる。

しかし夜焚きイカでは多いときで100尾ほども釣れてしまうので、気にせずどんどんトロ箱に並べて保管する人も多いようだ。

九州の船釣り特集

九州の船釣り特集
多種多様な魚が釣れる沖五目釣り、豪快な落とし込み釣り、極上イカの数釣りが楽しめる夜焚きイカ釣り。九州には魅力的な船釣りがもりだくさん! 九州エリアのオススメ釣り船をご紹介しています!

ページのトップへ