週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

ショウサイフグ

ショウサイフグ釣りの概要

地図関東近郊のショウサイフグの主な釣り場はイラストの通りだが、予想以上に数釣れることがあるため、地域により制限尾数が設定されている。
なお、東京湾や内房では時期によりアカメフグ主体に狙うことがある。
刺し身、鍋、空揚げ、天ぷら、干し物などと料理のレパートリーはとても広い。冷凍保存しても、あまり食味が変わらないのも特徴。薄塩水に漬けてから天日干しするか、きれいに洗ってから水を切りチャック付きのビニール袋に小分けに入れ、冷凍庫で保存する。

ショウサイフグ釣りのタックル

タックル図【サオ】……繊細で微妙なアタリをキャッチできる敏感な穂先で、アワセを入れて乗った瞬間に、ズシッとくる衝撃を受け止められる丈夫なバット部を持ったものがいい。

カットウ釣り専用だとオモリ負荷20~30号、8対2または9対1など極先調子で長さ1.2~1.8メートル。1.5メートルくらいだと終日手持ちでシャクっても疲れにくい。

代用するならマルイカやLTゲームロッドがいい。

【リール・ミチイト】……リールは、なるべく速い巻き上げができるギヤ比の高いもの。また、巻き上げの安定感から、小型電動リールを使う人が多くなっている。

反応が渋い時は、広範囲を探ると有利になるのでその際はスピニングも。

ミチイトはPE2~3号100~200メートルほど。サキイトは取り込み時にサオを立てる目安になるので、フロロ4~5号を1メートル前後結んでおくといい。

【仕掛け】……外房・茨城地域では、カットウだけの仕掛けが主流。25~30号のオモリ部分から、エサのアオヤギのムキ身を付けるための親バリ(テンヤバリ・エサバリ)、そして同様にフグを掛けるためのカットウバリを接続する。

これは、親バリに付けたアオヤギでフグを寄せ、エサをついばむ時を狙ってアワセを入れ、掛けるのが目的。

カットウバリには1段と2段式があり、後者は上のハリで掛け損なったのを下のハリで掛けるという保険的なもの。掛かる確率は上がるが、その分根掛かりなどのリスクも高くなる。

また、フグの噛むアゴの力は驚くほど強く、普通のハリスだけでは簡単に噛み切ってしまう。これを防ぐために、透明のビニールチューブを通して保護しよう。

【オモリカラーについて】……色は、定番のアオヤギカラーのほかに黒、ピンク、金、夜光グリーンなどさまざま。これは晴れ、曇天、潮色の明暗、天候や時間帯などでもアピール度が異なるため。早朝や曇天、濁り潮のときは夜光グリーンか白。晴れで明るい潮にはアオヤギカラーやピンク、金などを使ってみよう。

【便利アイテム】

サオ休め……エサを付ける時や船の移動時にサオを固定すると手返しが速くなる。

先細ペンチ……船中に取り込んだとき、フグが怒ってパンパンに腹をふくらませると、腹にガッチリと掛かったカットウバリは簡単には外れない。無理やり素手で外そうとすると、思わぬケガをすることも。このようなときは無理せず、このペンチを使って確実に行おう。

ショウサイフグ釣りのエサの付け方

エサの付け方エサは主にアオヤギのムキ身。これは、食いつかせるというよりも、集魚効果を狙ったもの。

装餌方法は、ワタ(黒い部分)からハリを刺し、次にベロ(橙色)の部分を縫い刺しにし、ハリ軸の上にこき上げる。同様の手順で4~5粒ほど付ける。ぶら下がったヒモなどは食いちぎられやすいので、これも縫い刺しにし、こぢんまりとまとめておく。

また、これに持参したイカの短冊(幅1センチ長さ3~5センチにカットしたもの)をチョン掛けにして止める人もいる。これがあることでサオを上下したときに、フワフワとアオヤギが揺れて、魚の興味をそそったり、白いことでさらなる集魚効果が期待できる。そして、フグが短冊をついばむと、硬いために明確なアタリが出やすい。

エサのアオヤギは1パック500円前後。一日に使う量の目安は2パック。追加は船に予備があることが多いので、なくなったら買い足す。

なお、食わせ用の胴突き仕掛けを併用する場合、食わせ用のエサは船には用意されていないので、エビ、アサリ、オキアミなどは各自で持参。

ショウサイフグ釣りの基本的な流れとタナ

リールのクラッチを切り、スプールを親指の腹で軽く押さえ、もう一方の手でオモリを持ち、振り子の要領で軽く振り込む。こうすることで、オモリとカットウバリが横一線になる。そのまま船下へ落とすと垂直に落ちていき、オモリの上にカットウバリがきて絡みやすくなる。

通常、この魚の生息域は底近くなので、オモリを底周辺にキープすることが基本。タナを切り過ぎるとまったくアタリは訪れなくなり、オモリが底べったりでは、エサをついばんだ時のシグナルが伝わりにくい。

逆に、オモリがトントンと叩く状態はNG。「オモリが底に着くか着かないか」の微妙な位置がベストポジション(※根の荒いポイントを釣るときは30~50センチ底を切るか、船長の指示ダナを守ってアタリを待とう)。

この位置をキープし、シグナルを待つ。魚信はコツコツとはっきりと表れることもあるが、モゾモゾ、フワフワ、または、ジワッとモタレのみを感じたりと千差万別。

ショウサイフグ釣りのアワせ方

アワせ方は30センチ(だいたいハリス分)の幅でキュッと魚を乗せるイメージでサオを持ち上げる。派手にサオを動かすと、せっかく寄って来ているフグを散らしてしまう結果になるので避ける。

ドンピシャにアワセが決まり、ズシッと手元に衝撃がきたら、サオの弾力で魚の重さを受け止め、一定のスピードで巻き上げる。良型になると青物のように横走りをみせたり、一気に海面を目がけて泳ぐこともある。イトが突然たるんでも巻き続けよう。カットウバリにはカエシがないので緩めるとバレることがある。

【タイム釣り】……波が高く船の上下動が激しい時はアタリの察知が難しい。そのような場合には、一定の間隔で空アワセを入れる「タイム釣り」が有効。

オモリが着底し、イトフケを取り、オモリが底周辺のポジションをキープしたら、3~5秒間に1回の割合でシャクリ(空アワセ)を入れる。そのたびにエサが上下することでこれが誘いにつながる。シャクリは小幅でシャープに行い、魚が乗らなければ、オモリをゆっくりと底に戻し、また3~5秒後に同じ動作で空アワセを入れる。

【アタリがない時】……フグはアオヤギのワタを好んで食べるので、それらがなくなるとベロだけになる。これではアタリが激減するので、新しいエサに付け替える。

また、アタリがあってアワせているのに空振りが続くときは、カットウバリがオモリの上に絡んでいる可能性があるので、まずは確認を。

【ショウサイフグを狙うならこの釣り船!】

鬼澤丸(茨城・鹿島新港)

KFB清栄丸(茨城・鹿島港)

ショウサイフグ

ページのトップへ