週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

シロギス

タックル

 

サオ…オモリ負荷8~20号前後、先調子の1・5~1・8メートルのキス専用で、穂先感度のいい軽量のものがベスト。コンパクトロッドやルアーロッドでも代用は可

 

リール…仕掛けを広範囲にキャストして探るので、小型スピニングリールが一般的。しかし、2本ザオで、片方を胴突き仕掛けで置きザオにする時などは小型両軸も扱いやすい。これにPEラインなら1~1・5号を100メートルほど巻き、サキイトにフロロの2・5~3号を60~80センチ結ぶ。ナイロンのミチイトなら2・5~3号。

 

仕掛け…最もポピュラーなのが天ビンに吹き流し式のタイプ。天ビンは腕長10~15センチのキス用に船宿指定の10~20号のオモリを装着。ミキイト・ハリスは0・8~1号のフロロで、全長60~80センチの2本バリ。

 アタリの取りやすさやハリ掛かりのよさ、少し上ダナを狙う時などは胴突きも有効。2号前後のミキイト50~60センチにクロスビーズなどを介し、枝ス30~40センチ(1~2本バリ)、ステイト10センチ前後で形成されている。 タックル

 当然、メリットやデメリットがあり、広範囲を広く探るなら天ビン。根周りをじっくり攻めて大型主体に狙うなら胴突きなど、好みで使い分けるといい。

 ハリは、ともに細軸で軸の長い競技用キスやソデの7~9号を使用。

 

 

エサ…東京湾は青イソメ、相模湾ではジャリメが使用される。どちらもタラシは2~3センチにとどめ、ハリの軸に沿って真っすぐに装着。

 

 

 

釣り方

 

 天ビン仕掛けの場合は、投入して、サビきながら船下まで探ってくるのが基本。アンダースローで投げ、オモリ着底後にイトフケを取り、50センチほどの幅でサビいて付けエサをアピール。誘ったあとは、必ず食わせの間を取るようにする。

 胴突きの場合は、船下に仕掛けを投入し、着底したらミチイトを張らず緩めずの状態で魚信を待つ。反応がなければ、時折、仕掛けを跳ね上げてポイントを探る。比較的アタリの出方が大きいので、びっくりアワセには注意したい。

 アタリが出たら、小さく手首を返すようにアワせ、一定のスピードでリーリング。23、24センチを超えるようなサイズがくるとその引きは強烈なので、リールのドラグは緩めに設定し、魚の引きとケンカしないようやり取りする。

 

 

誘い方  エサ付け

 

 

キス料理の3種ワンポイント紹介

 

刺し身

1…ウロコは取らずに皮ごと引いてしまうと、後処理が楽に行なえる。

2…三枚に下ろす。小出刃を使って、骨から切り離すように行うといい。

     包丁がない場合は、刃を使い捨てるなら切れ味は及第点なので、太めのカッターナイフが便利。

3…更に盛りつけワサビ醤油やショウガ醤油でいただく。

 

刺身

 

 

 

天ぷら

1…ウロコを取り、背開き。ウロコはペットボトルのフタで取ると飛び散らず便利。

2…氷、薄力粉、水に溶いてサラっと衣ダネを仕上げ、背開きにした魚を入れる。

3…180度以上に熱した油で数分揚げる。

4…キッチンペーパーで十分に油を切ってから盛り付け。おろし大根やショウガを天つゆに溶いて食べるとあっさりして美味。

 

天ぷら

 

 

 

梅肉揚げ

1…三枚下ろしにしたキスの半身の身側に梅干しの梅肉を塗り付けて、大葉と一緒にロール状に巻く。

2…2巻きずつ竹串に刺して形を整える。

3…薄力粉を水で溶いたタネにくぐらせ、パン粉を付けて180度以上の油で揚げる。

4…しっかりと油を切ったら、醤油かマヨネーズなどをつけていただく。 

 

梅肉揚げ

 

ページのトップへ