週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

ズドンと大物直撃! 九州で激アツ落とし込み釣り

九州地域では特に人気がある落とし込み釣り
大型の喰わせサビキを使い、エサとなるイワシなどのベイトを掛けたら船長の指示ダナまで仕掛けを降下。
そのままターゲットにベイトを食わせるシンプルかつ豪快な釣りです。
青物を中心としてマダイヒラメ根魚にも抜群の威力を発揮する、落とし込み釣りを紹介していきます。

落とし込み釣りの主なターゲット

ブリ/落とし込み釣り徹底攻略
ブリ
落とし込み釣りの代表的ターゲット。
ヤズ、ハマチ、メジロと出世。
産卵期は九州だと4~5月で、旬は寒。
秋が深まるごとに美味しくなる。
脂の乗った寒ブリは絶品。

ヒラマサ/落とし込み釣り徹底攻略
ヒラマサ
ブリと並んで人気のある大型青物。
特に大きくなり中には20キロ超えも。
ブリと似るが特徴で見分けられる。
旬は夏で1メートル未満が美味。
盛夏はヒラマサがアツい。

カンパチ/落とし込み釣り徹底攻略
カンパチ
温かい海域を好む大型青物。
ブリと似るがヒラマサよりは特徴的。
遊泳力に優れる体型で強烈に引く。
九州での産卵期は初夏ごろ。
旬は夏で身はよく締まり刺身が最高。

 

サワラ/落とし込み釣り徹底攻略
サワラ
1メートルほどになる大型青物。
歯が大きく鋭いためよくイトを切る。
そのため予備の仕掛けは多めに必要。
身が崩れやすく保管には気を使う。
寒の大型ほど脂のノリが良く極上。

マダイ/落とし込み釣り徹底攻略
マダイ
北九州は古くからマダイの海として
知られる魚影の濃い地域。
ベイトはイワシを好んで捕食する。
産卵期は3月頃からで、旬は秋冬。
大型が掛かりやすい。

ヒラメ/落とし込み釣り徹底攻略
ヒラメ
落とし込み釣り定番ターゲット。
最盛期では10キロ級の大物も。
イワシを好むがアジにかかることも。
九州での産卵期は3月前後。
美味しいのは何といっても寒ビラメ。

 

落とし込み釣りのベイトについて

ベイトのカタクチイワシ/落とし込み釣り徹底攻略

まず最初にベイトの話から進めよう。
ここでいうベイトとは魚食魚たちのエサとなる小魚のこと。
特にイワシ類が主体となるが、時期によってはカタクチイワシ小アジ小サバと変化する。

余談だが、兵庫県南淡路市の沼島沖でこの落とし込み釣りを試してみた。
目的は九州の釣りで使う私が作った仕掛けを使ってみること。

もちろん、不安な気持ちがあり、船長も半信半疑という感じだったのだが、使ってみるとベイトがよく掛かり、そのベイトにサワラがヒットして目的を達成できた。

ベイトのイワシはウルメイワシカタクチイワシで、サイズは10センチ前後、これにサバの13センチくらいのものがエサとなっていた。

話が横道に逸れたが、玄界灘ではカタクチイワシの10センチ級に、小アジの10センチ前後がベイトとしてハリに掛かってくるはずだ。

サオの選び方

タックル/落とし込み釣り徹底攻略落とし込み釣りで使用するサオだが、最近は各メーカーが毎年、新製品を発売するようになり、選択の幅が広がった。

そんな多くの種類があるサオの中からベストな1本を選ぶ選び方としては、(使う人の好みもあるので一概にはいえないのだが)まずはサオの調子を基準にしてみよう。

サオの調子には、大きく分けて6対4調子7対3調子とある。

6対4調子のサオは、引きの強いヒラマサブリカンパチといった青物が掛かった時に、サオの胴部分が大きく曲がって魚の引きを吸収してくれ、さらにサオの反発力が魚を浮かせる

サオに表記されている「硬さ(パワー)」に関してだが、あるメーカーの例をとると、3種類表示があるうち「M」は軟らかめで魚の食い込みが良く、違和感を与えることなく食い込ませることができるサオで、対象魚としてはヤズ~ハマチヒラメマダイなどに向いている。

MH」表示のものは中ぐらいのパワーで、これは標準的な使いやすいタイプ。
対象魚は、ブリヒラマサの4~6キロヒラメマダイの5~6キロ級をターゲットとしたものだ。

H」表示のものは、6対4調子のなかでも比較的硬さを感じるサオで、対象魚はブリヒラマサの7キロ以上をターゲットにした時に向いているサオだ。

ちなみに、私が使っているのは6対4調子のMHのものだが、エサになる小魚がハリに掛かった時には、サオ先が小刻みに震えてよく伝わるので、他の釣り人より早くベイトが付いたことを察知でき、より早く仕掛けを本命のタナ(海底)に落とすことができる。

別メーカーのサオは7対3調子で、これも3種類あり、各M、MH、Hとあり、硬さが違っている。
7対3調子のサオになると先調子傾向になるため、胴の反発力が強いので、ある程度余裕を持って魚の走りを止めることができる利点がある。

一方で、ベイトが付いた時、その反発力が強いため外れやすい傾向もある。

リールの選び方

落とし込み釣りで使われるリールは、両軸の電動リールが主体
リールも自分の好みがあるので、使い慣れた好きなリールを使うのが一番だ。

DAIWAなら3000番クラスが使いやすい。
SHIMANOなら500番クラスだろう。

ラインの巻き量は両モデルともPE6号が300メートルほど巻けるリールだ。

仕掛けの選び方

落とし込みタックル/宝生丸初めて落とし込み釣りに行くのであれば、まずは船長のアドバイスを受けるのが一番だ。

私なりの仕掛けを説明しておくと、玄界灘~響灘の落とし込み釣りでは、8月ヤズヒラゴが釣れだし、9月になるとヤズハマチヒラマサヒラメマダイが釣れるようになってくる。

10~11月になるとブリヒラマサの大物、7~10キロを超えるサイズが釣れだす。

よってその季節に合わせた仕掛けの選択が必要だ。

標準となる仕掛けミキイト10号エダス8号のもの、ミキイト12号エダス10号ミキイト14号エダス12号ミキイト16号エダス14号

大物を狙う仕掛けになるとミキイト18号エダス16号のものになる。

仕掛けに組み込まれているハリだが、フラッシャーを付けているもののほか、ハリの胴部分を胴打ちにして平らにし、水中で反射して光るようにしているものもある。

いずれにしても小魚がエサと間違えて食ってくるよう工夫されている。

仕掛けに装着するオモリだが、各地域でもだいたい100号くらい。
もちろん船中で統一するのは釣り人同士間の仕掛けの絡み防止のためだ。

落とし込み釣りの釣り方

ブリ/落とし込み釣り徹底攻略釣り場となる場所は、大きな船や土管などを沈めた魚礁となっているようなところ。

(右)こんな大物が釣れてしまう。アドバイスはよく聞こう。

その魚礁にプランクトンが発生し、それを食いに小魚が集まり、その小魚を狙って中型魚が、さらに中型魚を大型魚が食うという食物連鎖が成り立つ。

その食物連鎖の頂点に立つ魚はヒラマサ、ブリ、カンパチ、マグロなどといったところだ。

まずは釣り場に着いたら船長が魚探を見てベイトを見つけてくれる

次に船長からタナの指示が出されるので、そのタナへ仕掛けを沈めてベイトをハリ掛かりさせる

ベイトが仕掛けに食いつくとサオ先がブルブルと震えるので、ベイトが仕掛けに付いたことが分かるはず。

仕掛けにベイトが付かなかった時は、仕掛けにベイトが付くまでベイトのいるタナで仕掛けを上げ下げしてベイトをヒットさせるか、一旦その層から巻き上げて再びベイトのタナへ落としてやるといい。

ベイトが付いたら仕掛けをそのまま海底まで落とす

仕掛けが海底について青物などが周りに来ると、ベイトが食われまいと暴れだしてウロコがはげ、キラキラと舞ってさらに青物などに対するアピールとなる。

青物などは一番最初に海底に来た仕掛けを見つけて食ってくる

そして、待望の本命がヒットしたら、まずは10メートルは巻き上げて海底から魚を引き離すこと

後は魚の動きに合わせて巻き上げる。

なぜ底から一気に引き離すのかといえば、海底も真平らな場所ばかりではない。
瀬があったり、海藻があったりして仕掛けが海底に掛かることがあるため、そういったバラシを減らすためにも一気に引き離す必要性があるのだ。

最後に

仕掛けの準備だが、その時期によって最低でも10セットは持参することが望ましい。

根掛かり覚悟の釣りになることも少なくないので。

9月はヤズやヒラゴが多く食ってくるので、ミキイト10号にハリス8号、またはミキイト12号にハリス10号のものを各10セットは持って行きたい。

もちろん、オモリも7、8個準備すること。
仕掛けもオモリも使い果たしては釣りにならないことをお忘れなく。

そして、この釣りが初めての人は、船長やベテランのアドバイスをよく聞いて釣りをすること。

九州の船釣り特集

九州の船釣り特集
多種多様な魚が釣れる沖五目釣り、豪快な落とし込み釣り、極上イカの数釣りが楽しめる夜焚きイカ釣り。九州には魅力的な船釣りがもりだくさん! 九州エリアのオススメ釣り船をご紹介しています!

ページのトップへ