週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

数もサイズも大満足! 北九州の沖五目釣り徹底攻略

玄界灘から響灘にかけて盛んに行われている沖五目釣り(タイ五目釣り)
沖の瀬周りや漁礁をポイントに胴突き仕掛けをおろすシンプルな釣りで、初心者でも手軽に挑戦できる。
この釣りの魅力は、何が釣れるのか分からないところもさることながら、数もサイズも大満足な釣りが楽しめること。
ターゲットを絞らないところに魅力を感じてのめり込む人も増えているようだ。
一般的に釣れる魚はレンコダイアマダイアオナタカバ沖アラカブイトヨリなど。
マダイのノッコミの季節などはタイ五目が面白い。また、「活きた小アジ」を持って行けば、前述した魚種以外の魚、青物のブリヤズヒラマサをはじめヒラメなどがアタってくることも。
豊かな北九州の海を楽しみ尽くせる沖五目釣りを徹底解説!

沖五目釣りの主なターゲット

アオナ/沖五目釣り徹底攻略
アオナ(アオハタ)
ほんのり青みを帯びた小型のハタ。
生息域は浅場で、最大35センチほど。
旬は産卵期の夏前後以外。
鮮度が落ちやすいのですぐ絞めよう。
身が柔らかく汁物や刺身が美味しい。

アコウ/沖五目釣り徹底攻略
アコウ(キジハタ)
フグに匹敵する人気の小型のハタ。
生息域は浅場で、最大40センチほど。
旬は春から夏にかけて。
釣りの活け締めは超高級魚。
フグのように薄造りが絶品!

アマダイ/沖五目釣り徹底攻略
アマ(アマダイ)
ひょうきんな顔をした底物の人気者。
60~100メートル程に集団で生息。
最大で50センチ以上にもなる。
旬は冬から春にかけて。
柔らかく甘みがあり上品な味。

 

タカバ/沖五目釣り徹底攻略
タカバ(マハタ)
大物はアラ(クエ)にそっくり。
深場の大型は最大1メートルにもなる。
釣りでは50センチなら大物。
旬は春から夏。まず釣れない高級魚。
煮付けでも薄造りでも刺身でも極上。

ボッコ/沖五目釣り徹底攻略
ボッコ(大型ウッカリカサゴ)
ウッカリカサゴ。沖アラカブとも
深場の大型は50センチ2キロほどにも。
旬は秋から冬。
大型は食べでがあり鍋物が美味しい。
皮付きで軽く湯引いてポン酢でも。

レンコダイ/沖五目釣り徹底攻略
レンコダイ(キダイ)
見た目はマダイに近いが小型種。
30センチほどだが数が釣れる。
年間通じて美味しく、夏は嬉しい魚。
やや水っぽく丸ごと塩焼きが美味。
椀物にすると良い出汁がでる。

 

沖五目釣りはこんな釣り

沖五目釣り/つり作戦沖五目釣りではさまざまな仕掛けがあり、当然、細かなところでは釣り方も変わってくる。
自分に合った仕掛けを作って釣るのも楽しみのひとつといえるだろう。

釣れる魚種は前述したように多彩だが、軸とするのはレンコダイアマダイだ。
これに交じってくる魚はアオナタカバイトヨリボッコアコウなど。

(右)高級魚がぞろぞろ釣れてしまう楽しさ。

船の流し方には2通りほどある。
スパンカー流しシーアンカー流しだ。

スパンカー流しとは魚探で魚の群れを見つけて、その潮上に船を止めてピンポイントで釣らせる釣り方。
どちらかといえば、攻めの釣りになるだろう。

シーアンカー流しとはパラシュートアンカーを投入し、潮に乗せて船を流しながら通過するポイントを釣らせる釣り方。
この釣りは待ちの釣りのイメージがある。

それぞれ一長一短があり、船によってスタイルが違うので、事前に利用する船に尋ねておくとよいだろう。

沖五目釣りのタックル

沖五目釣りタックル【サオ】……1日手持ちで釣ることが多いので、持ち重りのしないサオがベターだ。
長さは1.9~2.4メートルまでがよいだろう。
調子は7対3か8対2の先調子のもの。


サオ先の軟らかいと魚がエサを食った時に違和感を与えず、さらにエサを食ってきたアタリも取りやすい。

なお、水深100メートル以上ある場所での釣りになると、魚が食ってきてアワセを入れるとき、サオが短いと魚の口にハリが掛かりにくいときがある。
サオを2.7~3メートルにするとアワセが利きやすくなるのだが、持ち重りして一日中サオを持って釣りをすると疲れて釣りにならない。
やはり長さは2.4メートルまでにとどめておきたい

【リール】……ミチイトのPE2~3号300~400メートルほど巻け、巻き上げ力が強く、魚が3、4尾掛かってもトラブルなく巻き上げてくれるものがよい。


釣具メーカーによってリールの番手が異なるが、目安としてDAIWAなら300番、SHIMANOなら1000番クラスであれば持ち重りせず、一日中使っても疲労は少ないだろう。

なお、釣行の際は、予備のリールを準備することを勧めたい
というのは、1台がトラブル(イトの巻き上げの不具合や電気系統の故障)で使えないときのためだ。

【ミチイト】……PEが主流。
伸びがなく、強度の点ではナイロンの比ではないため、より細いものが使えるからだ。

沖五目釣りは水深がある場所を釣るので、どうしても潮の抵抗によるたるみなどでアタリが取りづらくなってくる。
よって、細いPEを使うと潮の抵抗が小さくなり、アタリがダイレクトに伝わってくるためだ。

もし、太さに不安を覚えるようなら、最初はPEの4号くらいを使いアタリが取りづらくなってきたら2~3号に替えて釣ってみるとよいだろう。
ただし、細いPEラインは、もつれたりするとほどくのに時間がかかるので、初心者は慣れてから細いものを使うことを勧めたい。

沖五目釣りの釣り方

沖五目釣り/つり作戦船長から投入の合図がでてから仕掛けを投入すること。
同様に仕掛け回収の合図がでたら、素早く仕掛けを回収すること。
もちろん、魚が掛かれば回収の合図がなくても巻き上げて魚を取り込むこと。

(右)連掛けが狙えるレンコは釣れるときはご覧のとおり。

仕掛けを投入すると、仕掛けは潮に流されるため水深よりも多くラインが引き出される。
オモリが海底に着いたら、すぐにイトフケ(イトのたるみ)を取り、アタリを待つ。

レンコダイはエサ取り名人なので、コツコツとサオ先に反応がでたら即アワせないとエサがすぐになくなる

また、レンコダイは水深150メートル付近まで深場にも生息しているので、アワセが成功して、1回のアタリで上げると1尾しか上がってこないので効率が悪い。
そこで、エサがある間はアタリをさらに待ち、追い食いさせて2、3、4尾と連掛けをしてみよう。

20160513sk11アマダイの引きは、最初のアタリはレンコダイより引きが強く途中でやや収まり水面近くになって再び引きが強くなるので分かりやすい。

(右)三段引きと呼ばれる独特の引き方をみせるアマダイ。

レンコダイは最初から最後まで同じ調子で引きっぱなしだ。

根魚のアオナ、タカバ、イトヨリになるとハリ掛かりした直後は引くのだが、後は引かないことが多い

慣れてくれば、引き方で何が釣れたかが分かるようになると思う。

水深がある海底から一気に巻き上げると、釣り上がった魚はイケスに入れてもすぐに死んでしまうことが多い。
よって魚はシメて血を抜き、クーラーに入れて鮮度を保つようにしたい。

なお魚をシメる際は、できるだけ元気なうちに即死させること。暴れさせたりゆっくり死なせると味が落ちてしまう。
このときしっかり血も抜くこと。血はくさみのもとになる。
丁寧に活き締めと血抜き処理をした魚は網で漁獲されるものよりもずっと価値が高い。

なお、釣れる魚の中でヒレに毒を持っているものがいるので注意したい

一般的なものはオコゼミノカサゴ
見慣れない魚が釣れたときは船長や同船者に尋ねて、うっかり触らないよう注意したい。

沖五目釣りのエサ

レンコダイ、イトヨリなどは活エビ、なければ冷凍エビ

アマダイ、アオナ、タカバなどはミミイカのほうがよく食ってくる。

活きた小アジをエサにすると、青物やヒラメ、ボッコなども釣れる。

最後に

沖五目釣りはシンプルで初心者でもはじめやすいが、ベテランの方と同行することが上達の近道だろう。
なお、救命胴着は必ず着けての釣りをすること。

また、船に予約する際は、出船時間の確認はもちろんのこと、サオ受けや電動リールの電源の有無、ほか氷やトイレ等など疑問に思ったことは必ず聞いて釣行すること。

九州の船釣り特集

九州の船釣り特集
多種多様な魚が釣れる沖五目釣り、豪快な落とし込み釣り、極上イカの数釣りが楽しめる夜焚きイカ釣り。九州には魅力的な船釣りがもりだくさん! 九州エリアのオススメ釣り船をご紹介しています!

ページのトップへ