週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

ムギ・マルイカ攻略

タックル

サオマルイカ用として発売されている専用ザオが扱いやすい。8対2~6対4調子と幅はあるが、釣り手の好みによってセレクトしたい。個人的にはサオ先の動きが大きく出て、掛けてからのバラシは少なく感じる7対3調子を勧める。長さは1・3~1・8メートル前後。こちらも幅はあるが、アタリを取って掛けていく釣りであり、目の位置とサオ先との距離が短くなる1・5メートル以下のものが扱いやすい。

 

リール…釣れている水深が浅くなってきているので、ミチイトPE1号前後を100~200メートル巻ける小型両軸リールが主戦となる。手返しと一定のテンションでの巻き上げを重視するなら、小型電動も強い武器に。

 

仕掛け…各メーカーから発売されているスッテと呼ばれる疑似餌を使用するが、サイズとカラーがとても多く、悩み出すとキリがない。初めてならば、お勧めカラーでセッティングされた市販仕掛けを購入するのが間違いない。

 仕掛けのスタイルはミキイトとスッテが一直線に並んだ直結、1センチ程度の枝スがある直ブラ、枝スを長く取ったブランコがあり、それぞれにメリットとデメリットがある。アタリは出やすいが、ミキイトが緩むとバレやすいのが直結。

 アタリの出方は鈍くなるものの、多少のミキイトの緩みでもバレが少ない直ブラ。そして、アタリを取るのはかなり難しいがシャクリ中、イカの乗りを感じて巻き上げるブランコはバラシが少ない

 より鋭敏な釣りをしていくなら直結となるのだが、初心者であれば直結とブランコの中間にあたる直タックルブラから始めるといいだろう。予備のスッテを用意するなら5センチ前後を基準に、イカの大きさに合わせて4~7センチの幅でセレクトする。

 カラーはボディーの色を基準にピンク系、ブルー系、ケイムラ系。ボディーの飾りとして布巻き、ストッキング巻き、ウイリー巻き、ハダカなどから数種類準備しておく。

 自作仕掛けの場合、ミキイトはフロロ4号。スッテの間隔は1メートル前後とし、極小のクロスビーズを介して枝スを出し、スッテとの接続には専用のスナップを使用する。スッテの数は4~5本。

 一番下にスナップ付きサルカンを接続し、オモリは宿の指定もあるが、30~50号を準備すればいいだろう。

 

 

釣り方

 船長がイカの反応の上に船を止め、「どうぞ」のアナウンスが流れたのと同時にオモリを前方に投げ入れるのが第一段階。そのため、投入器には確実にスッテを収め、余分なミキイトが投入口から出ないように収納しておく。直ブラやブランコ仕掛けでは、スッテのカンナが下になるように収めていく。

 投入後、オモリ着底と同時にイトフケを巻き取り、聞き上げる誘いでイカの乗りを確認する。オモリ着底直後が一番のチャンスタイムであり、やる気のあるイカはスッテを見つけるとすぐに飛びついてくる。いわゆる「着乗り」というパターンで、聞き上げたサオ先にズッシリとイカの重みが加わっていたら、テンションを変えずに巻き上げ、取り込もう。

 次に「着乗り」がなかった場合は、50センチ~1メートルオモリを底から切り、サオ先に出るわずかな変化を注視していく。サオ先がスッと下がることもあれば、フッとテンションが抜けるような動きもある。上下の動きだけでなく、横にブレたり、ブルッと振動が出るようなことも。そのどれもが、「アタリだ」と思い、小さな動きにもアワセを入れていこう。

 首尾よくアワセが決まれば、空でシャクっていた時とは明らかに違う重みが手に伝わってくるはず。サオの角度を一定に保ってリーリングし、取り込んでいく。

 アタリが出ない場合、どのイカ釣りでも共通だが一度、イカの泳層から仕掛けを回収して、落とし直す「巻き落とし」が有効だ。「イカに仕掛けを見切られた」と思ったら、積極的にこの釣り方を行うといい。

 

アフターフィッシング 〜マルの食味はピカイチ

 マルイカの甘味とねっとりとした舌触り。その食味はイカ類の中でもピカイチと称されることが多い。

 釣りたてを口にできるのは、まさに釣り人ならではの特権。刺し身はもちろん、火を通しても甘みが増し、天ぷらなどでも絶品だ。

 ムギイカは身がやわらかく、旨みも濃いのが特徴。

 刺し身や身を叩いて、味噌やショウガを混ぜ込む「なめろう」、釣りたてを麺つゆなどに漬け込む沖漬け、定番の沖干しなど、とても美味である。

 直近では、5月17日(土)に相模湾から釣行したところ、私はマル24尾、ムギ22尾。友人は合わせて45尾だった

 

 

ムギ・マルイカ

マルイカはとても美味

 

 

ページのトップへ