週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

メバル&カサゴ

夜メバル&カサゴ釣りの概要

夜メバル乗合の出船は、内房側では木更津周辺、湾奥では深川周辺、神奈川県側では鶴見、横浜、金沢八景、久比里などから出船している。

各港からの乗合船は内房側の一部の船宿を除き、土日祝に限っての出船になっている。

出船および帰港時間は船宿によって多少異なるが、多くの場合は午後5時半~6時ごろに出船し、9時~9時半ごろに帰港となる。

実釣時間は3~4時間程度。出船の有無は、天候や海況によって、当日3時ごろまでに決定されるので確認のうえ出かけるといい。

釣り場は出船港から近いポイントがほとんどで、内房や湾奥地域からの出船では、付近の岸壁、防波堤などの建造物周辺、時には桟橋などの橋ゲタ周りを探る。水深は5~20メートルで、場所によっては5メートル未満の超浅場を攻める船もある。

船内で照明を灯して釣る船もあるが(内房地区では照明を落として釣るため、ヘッドライトは必携)船や釣り座によってはかなり暗いこともある。

また、安全第一で救命胴衣は必ず着用。夏でも夜の海はかなり冷え込むことが多いので、レインウエア着用、マリンブーツを履いて万全な状態で楽しんでほしい。

夜メバル&カサゴ釣りのタックル

タックルほとんどの船宿にはレンタル用のタックルが揃っているので、それを借りて仕掛け、オモリを購入すれば、クーラー1つ、あるいは手ぶらでの釣行も可能。ここでは自前のタックルで釣ってみたいという人のために、タックルや仕掛けなどの概要をまとめた。

【サオ】……東京~神奈川地区では長さ1.8~3メートル、オモリ負荷10~15号のメバル専用の胴調子(6対4)、またはゲームロッドが向く。軟らかめのルアーロッドやコンパクトロッドでも代用できる。

内房地区では2~8号の軽いオモリを使うため、あまり硬いものは食い込みが悪く不向き。仕掛けの全長が意外と長いのでそれに見合った長さを使うといいだろう。

【リール・ミチイト】……船下を狙うため小型両軸が使いやすい。ミチイトは、狙うポイントも浅いのでPE1~1.5号を100メートル巻いておけばOK。

これにサキイトとしてフロロ3~4号を80センチ~1.5メートル直結。先端にはスナップ付きサルカンを結んでおけば、仕掛けの交換などがスムーズに行えて便利。

【仕掛け】……胴突きの2~3本バリが標準。ミキイトはフロロの1.5~2号、枝スは同1~1.5号で長さは30センチを基準に状況により調整。枝間は50~70センチ。大型のカサゴがよく掛かるポイントでは、それを視野に入れて2号前後を使う人もいる。

枝スの接続にはクロスビーズなどを使用すればミキイトへの絡みを防げ、枝スの交換が容易になる。ハリはメバルやヤマメ8~10号か丸セイゴ11~12号。

オモリは地域や船宿によりかなりの違いが出るが、内房では2~8号、東京湾奥では10~20号、神奈川県側の金沢八景で10~20号。湾口の久比里出船では25号前後を潮流に応じて使い分ける。事前に船宿に確認する。

海底に根や障害物のある場所を探るため根掛かりが多く、仕掛けやオモリなどの予備は多めに用意しておきたい。短時間の釣りなので、新しい仕掛けに替えたほう効率的だろう。

【エサについて】……日中では、エビメバルと言われるように、一般的に活モエビエサが使われるが、夜釣りでは光りを放ち魚にアピールできる青イソメが主流。

エサの付け方は、頭は取らずに口の所からハリ先を刺してチョン掛けにする。タラシは10~15センチで、長いとアタリは多いがハリ掛かりが悪くなる。なるべく太く、元気な物を選び、水中でクネクネと動いてアピールするようにしたい。ダラリと伸びきってまったく動かなくなるとアタリは遠のいてしまう。こまめにエサを点検し、常に新鮮なものを使用したい。

夜メバル&カサゴの釣り方

【投入~誘い】……オモリ、エサの付いた仕掛けの順でていねいに行う。リールのクラッチをオフにし、オモリが底に着いたら素早くオンにしてイトフケを取る。底スレスレから30センチほど巻き上げて、タナをキープしてアタリを待つ。20秒くらい待っても魚信がなければ、サオ先を50センチ~1メートルほど上下させて誘いをかける。

誘い方は、サオ先をできるだけスローに、大きなストロークで動かすこと。神経質な魚なので速い動きは魚を散らすことにつながる。

釣り場の底は岩礁帯やゴロタ石などの起伏に富んだ所が多い。時折、オモリを底に戻し、再び底を切って底ダチを取り直すことが必要。これはタナの確認と同時に誘いにもなる。

このほか仕掛けを落とす時、サミング(スプールを指で軽く押さえて落下速度を落とす)して落とし込みで食わせるのも一手。

さらに、食い渋り時にはオモリを底に着けたままで、ミチイトを張ったり緩めたりして誘いをかけると効果がある場合も。しかし、これはある程度根掛かり覚悟のうえで行うこと。

【アタリ~取り込み】……魚信はモゾッとか、クックッとした前アタリが出るが、ここでアワせてもなかなかハリ掛かりしない。そのままの状態か、少し送り込んでから次の引き込みを待つ。

ハリ掛かりしたら追い食いを待たずに、魚の引きに合わせてゆっくり巻き上げ、1尾1尾を確実に釣り上げるようにするのが基本。無理に追い食いを狙わなくても、活性の高い時であれば、ゆっくり巻き上げてくる間にダブル、トリプルでヒットすることもある。

複数の魚が掛かってきた場合は、上の魚が海中に見えてきたところで、サオをさらに立ててサキイトをつかみ、サオを横に置いて引き寄せる。そこで上の魚から順々に船中に取り込む。

周りでは盛んに釣れ上がるのに自分だけアタリがこない場合は、仕掛けを巻き上げてエサの点検をしてみよう。エサがぐったりしているようだったら、新鮮なものに付け替えるといい。

なお、メバルの背ビレや胸ビレには鋭いトゲがあるので、慣れないうちは魚を素手でつかまずにメゴチバサミかタオルで押さえてからハリを外すといい。

【夜釣りでメバル&カサゴを狙うならこの釣り船!】

伝寿丸(東京・羽田)

Tokyo Bay Fishing Freaks(東京・羽田)

D-マリーナ(神奈川・東神奈川)

鴨下丸(神奈川・根岸八幡橋)

ページのトップへ