週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣楽

会員登録

マルイカ

 

サオは7対3調子が好適 〜仕掛けは直ブラ、直結が主流に〜

 

 サオ…専用ロッドのほか、オモリ負荷20~60号の8対2~6対4調子1・5~2メートル前後のゲームロッドなどで代用できる。慣れないうちは7対3調子がアタリを取りやすく、仕掛けのコントロール性もよく、バラシが少ないのでこれを勧める。

 

 リール…カワハギなどで使用する、ハンドル回転が70センチ前後で巻き取りの速いハイギヤタイプの小型両軸がメーン。水深によりPE2号が200メートル前後巻ける小型電動を使用することも。いずれも手持ちで繊細なアタリを取れる、軽量なものがいい。

 

 ミチイト・オモリ…ミチイトは潮の抵抗を受けにくいPE0・8~2号を150~200メートル。細いとアタリは取りやすいが、結び目など強度が低下しやすい。よって、慣れない人は1号前後を使用するのが得策。

 また、ミチイトにサキイトとして、フロロの5~6号を2メートル前後結んでおくと、ガイドへの絡みが防止できる。

 オモリは40~60号。ミチイト1号にオモリ50号、2号に60号、3号に80号が目安となるが、船宿に確認するのが無難。

 

 仕掛け…ブランコ、直ブラ、直結と呼ばれる3タイプがある。それぞれの利点や欠点があるため状況に合ったものを見つけよう。スッテは5~7センチ。

 

 【直ブラ】枝スが1~3センチと短いブランコ仕掛け。スッテは5センチ前後のシンキングタイプで5~7本。枝スが短い分、ブランコよりアタリが分かりやすい。

 【直結】枝スを介さず、ミキイトにシンキングタイプのスッテを直列に結んだ仕掛け。アタリの出やすさとアワセの効きやすさはピカイチ。数釣りに向き、手返しのよさと仕掛けのさばきやすさから、好んで使用する人が多い。

 ただ、イカを掛けて取り込むまで、イトを緩めるとバラシに繋がるので、扱いには慣れが必要。タックル図

 【ブランコ】潮が速い時やイカのサイズが大きい場合に有利。

 

 スッテの配色…基本的には、最近流行りの布をまとっていないクリア(はだか)なタイプをメーンにするのが無難だろう。ケイムラボディーとピンクボディーを交互に配色しながら、間に緑や黄色、赤を上下や中間にコマセヅノとして配置する。いずれもスッテ

 

交換がしやすいように枝スとスッテの接続はイカフックを利用すると便利だ。

 潮色などで乗るカラーが変わるので、各種用意し、船上で交換しながら当たりスッテを探すのが釣果を伸ばすコツ。

 

基本は静かな待ちのスタイル

 

 投入器にスッテをセット。投入の合図後、素早くオモリを前方に投げて着底させる。活性の高い時は、ここで乗ることもあるのでサオ先を注視。フワフワとわずかに揺れたり、モタレなどの違和感があれば即アワセ。イカの重さを感じたら巻き上げる。

 乗らなければ、1~2メートルオモリを切って、10秒ほど待つ。このイカは、警戒心が強く、しばらくスッテを観察してから触る場合が多いため、乗る間を与えることが大切。

 ここでも乗らなければ、20センチを10秒くらいのスピードで極ゆっくりと聞き上げる。反応がなければ、サオ先を下げて元に戻しながらリールを1メートル程度巻いて、次のスッテをイカに順番に見せていくように仕掛けを持ち上げる。5~6回仕掛け全長分誘い上げたら、仕掛けを海底に戻し、誘いを繰り返す。

 基本は、静かな待ちのスタイルで望み、その後叩きを入れる。叩きは2~5回行えば十分。アピールを高めたい時はサオをいっぱいにシャクり上げ、叩きながら下げる〝叩き下げ〟も効果がある。

 なお、アタリが遠いと感じたら、仕掛けを一気に20メートル高速で巻き上げ、イカの視界から消し、再度落とし込む〝巻き落とし〟も有効になる。水深が30~40メートルと浅い時は全巻きして、投入器で再投入。船の外側にイカがステイしていることも多いので遠投も試したい。

 

マルイカ

サオ先に神経を集中させる

 

自分だけが釣れない時

マルイカの誘い方

 

 基本は釣れているアングラーから情報を得ることが重要だ。

 

 何色のスッテに乗っているか?をチェック。 乗ってるスッテと同じもの、もしくは同じ系統の色に替える。水色や水中の明るさで見え方が変わってきて、当たりカラーが出ることがある。コンスタントにアタっているスッテを仕掛けの中心(上から3~4番目)に配置しよう。

 

 上から何番目のスッテに乗っているか?

 活性が高くスッテに反応しやすいイカは、色を問わず乗るタナが「下から5メートル」とか決まってくることも。カラーだけでなく、タナチェックも大切だ。もちろん、仕掛けの枝ス間隔によりタナが変わってくるのでご注意を。

 

 誘いは聞き上げか、止めか?

 船の揺れが大きい時、潮が速い時には、スッテを動かしすぎるとイカが追いつけない。聞き上げを止め、止めて待つ。または直結の場合は直ブラ、直ブラの場合はブランコに替えていく。

 

 

ページのトップへ