週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

magochi

マゴチの生態

マゴチは内湾の砂泥底や岩礁に点在する砂地を好み、水深15メートル前後の海底に生息。大きな口のわりに捕食は苦手なようで食い込みには時間がかかる。

東京湾では、早いところで春先から乗合船がスタート。サイマキやサルエビなどの活エビエサを中心に、6月初旬の梅雨の走りまで、大貫沖や海堡周りを中心に狙う。

6月ごろの産卵をはさみ、梅雨明け以降はシーズン後半まで、エサは活きたハゼが使用され、神奈川県東部沿岸でも狙えるようになる。このエリアは起伏が激しく、ひん繁なタナ取りが要求される。

また、出船スタイルも午前・午後の2便になることが多く、真夏の炎天下のなかでの釣りは、照りゴチとも呼ばれ風物詩になっている。

マゴチ

夏の東京湾マゴチ釣りタックル

タックル【サオ】……置きザオと手持ちの2種類のスタイルがある。前者は、船の上下動を吸収しながら、付けエサを海底付近に止めておく必要がある。そのため、6対4~5対5調子でありながら、アワセ時にしっかりと口にハリ先を貫通させられる胴の強さを持った、2.4~3メートル前後の専用ザオかメバル用で代用している人が多い。

後者は、ひん繁なタナ取りが苦にならない1.8メートル程度の長さで、調子は7対3程度の専用ザオ。または、ゲームロッドや張りのあるシロギス用が向いている。さらに、釣趣あふれる手バネを使用するベテランも少なくない。

【リール】……船下狙いになるため小型両軸が断然有利。ミチイトはPE1~2号を100メートル。大物とのやり取りにも安心なドラグ性能の高いものを使いたい。手バネの場合には、ナイロンラージの5~6号が標準。

【仕掛け】……ミチイトの先に装着するのは、鋳込み天ビンの10~15号。または、シロギス用の片天ビンに同号数のオモリを装着する。三日月型のオモリを推奨する船宿もある。その先にハリスとしてフロロの5~6号を1.5メートルの長さでセットする。

ハリは、活エビを使用する場合、スズキやマゴチの16~18号が標準。エビが海底で安定するよう、一般的にチモト下のハリ軸部にヒューズを5~10回巻き付けるが、平打のハリでヒネリのないタイプであれば、ヒューズは巻かなくてもいい。

一方、メゴチやハゼを使用するときは、カイズの14号前後やヒラメの16号のほか、チヌの6号前後を勧める。

エサの付け方

エサの付け方使用するエサのなかでも、特に〝慣れ〟が必要なのがエビエサ。活きていてこそアピールする釣りなので、装着方法は出船前に船長にしっかりと聞いておきたい。

手順としては、目と目の間にあるケンを折る。ハリ先を注意深くエビの口から通し入れ、ケンの根元部分にある脳ミソに当てないよう通し、ハリ先が少し出るくらいにする。

装餌されたエビがダラリ……として動かなかったら失敗。体を伸ばし、足やヒレを元気に動かしているようなら成功。

メゴチやハゼの場合は、体の中心線から外れないよう、口のなかにハリを入れ、上アゴへと抜けばいい。

どちらのエサも短い時間で、手早く付けるようにするとエサの持ちはよくなる。

マゴチの釣り方

アタリがくるまでのんびりとしたイメージがあるため、待ちの釣りと思われがちだが、実際は正反対。

というのも、この釣りは生息エリアの上を潮流や風によって船を流していくため、付けエサをアピールし、魚の鼻先にアプローチしていく必要がある。

そこで重要なのが、まめにタナを取り直すこと。起伏の激しいところであれば、これを行うことで付けエサの位置を一定に保つことになり、アタリを引き出すキーポイントになる。

また、平坦な場所でも付けエサが動くことにより、魚へのアピールとなる。つまり、タナの取り直しは、本命ゲットへの近道になる。

その方法は、潮流の速さによっても微妙に変化するが、基本はオモリ着底後にミチイトのマークを目印に、ハリスの長さ分を巻き上げるだけ。オモリが海底から1.5メートル上にあるようイメージして、起伏に合わせてタナを取ればいい。

例えば、オモリ着底後、サオ先が海面に着くまでミチイトを巻き取ったのち、サオ先を船べりと同じ高さまで上げる方法が分かりやすい。

また、もうひとつの注意点としては、使用エサによって、タナ取りの高さが若干変化するということ。エビエサの場合は少し高めに、メゴチとハゼは低めに設定することを頭に入れておこう。

タナ【アタリ~アワセ】……最初の魚信は、コンッとサオ先が押さえ込まれることが多い。手持ちであれば、その違和感にも気づきやすいが、置きザオでは見逃しがちなことがある。だが、この状態でアワせても、ハリ掛かりすることはまずない。

この前アタリが出てから、本アタリに変わるまでの駆け引きこそが、この釣り最大の魅力。コンというあと、魚の引きに合わせてサオ先を送り込んでいく。徐々に引き込む強さが増し、ストロークの長い重みのある引き込みに変わったところがアワセ時だ。

そのタイミングは、活性の度合いや潮流にも左右されるが、これは経験を積んで慣れるしかない。

目安は、水平に構えていたサオ先を魚の引きに合わせて送り込み、海面付近まで下がった状態。アワセは、ためらわずマゴチの硬い上アゴをしっかりとハリ先が貫通するイメージで入れる。

ハリ掛かりすると、強い引き込みが手元まで伝わってくる。サオは立てて構え、サオの弾力とリールのドラグで引きを交わしながら巻き上げていけばいい。海面に魚の姿が見えたら、タモ取りのアシストを仰ぎ、頭から誘導するように取り込む。

ページのトップへ