週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

長いハリスを巧みに操ろう! コマセマダイ徹底攻略

引き味、見た目の美しさ、食味と三拍子揃った沖釣りの代表魚と言えるマダイ。
釣りが面白いのは春と秋。春はマダイが産卵のため浅場に入ってくる乗っ込みシーズン。秋は数釣りが楽しめる。
簡単な仕掛けながら奥が深いコマセマダイを徹底解説!

コマセマダイ釣りのタックル

【サオ】……オモリ負荷20~30号で6対4から5対5の胴調子、ムーチングと呼ばれる胴から曲線を描くタイプ。

東京湾や相模湾など比較的穏やかな海域では全長2.7メートル、もしくはその前後の長さが操作性もよく、持ち重りもせず扱いやすい。

また静岡エリアは3メートル前後と長めのサオが波の上下を吸収、仕掛けを安定させてくれるのでお勧め。

専用ザオでは長さに続き、硬さ(オモリ負荷)を示すSMという表記がされているものが少なくない。硬さはそれぞれ好みだが、使用オモリ(ビシ)80号で考えると中級~上級者はSタイプ初心者はMタイプと若干張りのあるタイプがコマセを振りやすく、アタリも明確なので使いやすい。

【リール】……サオと同様、マダイ釣りにおいては重要なアイテム。巻き上げパワーよりドラグ性能重視でスムーズな滑り、巻き上げができる小型電動、または中型両軸タイプ。手返しの点から小型の電動リールが主流となっている。

【ミチイト】……PE3号を基準に200~300メートル巻いておく。視認性がよく10メートルごとに色分けされた1メートル、5メートルにマーキングのあるもの。先端にチチワを作っておくとスナップの脱着が用意に行える。

【仕掛け】……天ビンは1.5~2ミリ径の腕長35~45センチ、クッションゴムは1.25~2ミリ径1メートル。

ビシはステン缶、またはプラビシのM~Lサイズ60~80号のエリアがほとんど。プラビシのコマセ放出量を調節する時は、必ず上下放出穴の調節を行うこと。プラビシは中身が見え、コマセ放出の調節が比較的容易。

ステン缶は穴の個数に要注意。緩く詰めたり、潮が速い時は、タナに届いたと同時に全コマセが放出……といったこともあるので、ある程度の慣れが必要。

※ステン缶は使い慣れてくると、サオをシャクった時の感覚でコマセが残っているか、いないかが分かるようになる。放出量を抑えたい時はゴム栓で穴をふさぐ。最近は上口、または上下口の調節ができるタイプも。

ハリスは大型が出る時期だけにフロロカーボンの4号を基本に、状況によって3~3.5号を使う場合がある。

長さは6~10メートル。東京湾の久里浜~下浦沖は6~8メートル剣崎沖では8~10メートルを使う人が多い。

また、静岡エリアでは10~15メートル以上と長いハリスを使用。

ハリはマダイ6~10号伊勢尼7~10号など。チモトの夜光玉やパールビーズは好みだが、サバやエサ取りが多い時は外す。

エサはオキアミの1匹掛けが基本。尾からハリを刺し、オキアミがまっすぐになるところから腹側にハリ先を抜く。

タックル

【テーパー仕掛けについて】……この仕掛けのメリットは上ハリスが太く重いぶん、通しの仕掛けより沈下速度が速く、より速くマダイのタナに付けエサを届けることができる。

とくに潮が速いエリアでは仕掛けが浮き上がる傾向にあるが、2段テーパーを使うことで、ある程度防ぐことができる。さらに太ハリスは動きの伝達率がよく、中間にウエイトスイベルを介すことで、これが支点となり小さな誘いでもエサに動きを与えることが可能。

誘い上げ、落とし込みにより、まずスイベルが沈下。その動きに順じて下ハリスが引かれ、付けエサが一瞬跳ね上がるこの動きにマダイが反応する

ハリス交換は下のハリスのみなので、素早くでき経済的。しかし、エサが動きすぎるぶん、エサ取りの多いときは格好の餌食になってしまう。

また、潮が緩い時は仕掛け全体がたれ気味となり、逆効果になるケースも。釣り場や状況に応じた仕掛けを選ぶことが大切となる。

【2本バリについて】……下バリから2メートルの位置に枝ス10センチの2本バリ仕掛けを使うことが多い。コマセバリという呼び方もするが、マダイのタナを探る場合や、マダイの活性を知るうえで有効。

コマセマダイの釣り方

【投入】……天ビン、ハリスの順に仕掛けを投入。サオはホルダーに掛けたまま天ビンを海中へ。リールのクラッチを切ると同時に親指でスプールをサミング、一方の手でハリスを誘導しながら徐々に仕掛けを下ろし、ハリまで30~40センチのところにきたら付けエサを静かに落とし、ここから一気に落とす。

【タナ取りが海底からの場合】……ビシ着底後、素早くイトフケを取る。正確な水深を把握したうえで、2~3メートル巻き上げ、そこでサオを大きくシャクりコマセを放出。さらにタナまでリールを巻き、ここでもう一度コマセを撒く。

タナは指示がない場合、ハリスの長さ分~プラス1メートルでスタート。ハリス全長が8メートルならビシが底から8~9メートルの位置になるようにセット。

まず1分半~2分で仕掛けを回収。付けエサの有無を確認し、エサが取られていたら仕掛け回収時間を早める」または「タナを1メートル上げる」。

エサが残らない場合はさらに1メートルタナを高くし、付けエサが残ってくるまでタナを上げていく。

エサが残るようになったら、タナ取り後1分半~2分でサオをゆっくり上げて誘う。タナは維持したまま待ち時間を長くする。

誘いはサオをゆっくり上下させるほか、静かにミチイトを1メートル伸ばして間を取ったのち、静かに1メートル巻き上げる落とし込み演出もある。

コマセワークは底上2~3メートル、またはハリス全長の半分くらいで1回、タナで1回が基本。ただ、ビシを不用意に底まで落とすと、マダイを散らすことになるので慎もう。コマセは2回程度の誘いでなくなるように調節

【タナ取りが海面から指示される場合】……指示ダナ+5~6メートル下まで仕掛けを沈める。例として指示ダナが50メートルの場合、ミチイト5色+5~6メートルの位置までビシを下ろし、ここからコマセワークに入る。

コマセは1~2メートル巻き上げながら2、3回に分けて撒き、ミチイトの5色目と6色目の境目が海面にくるようにセット。

1~2分待ってもアタリがない場合は「指示ダナでゆっくり大きくサオをあおって誘う」「投入時と同様にビシの位置を5メートルほど下げて誘い上げてくる」「1~2メートルゆっくり落とし込む方法」などがある。

【アタリ】……鈍いアタリが出ることもあるが、アワセは胴から絞り込まれてからサオを立てるドラグは緩めに設定しておき、魚の大きさに合わせてやり取りする。

とくに乗っ込みシーズンは思わぬ大型がヒットすることが多い。無念のハリス切れ……とならないよう、リールはゆっくり手で巻いてやり取りしよう。

コマセマダイ誘い方

海の王者を狙おう! コマセマダイ特集

海の王者を狙おう! コマセマダイ特集
関東地方~静岡県までコマセマダイのオススメ釣り船をご紹介!
いまコマセマダイで釣行するならこの船!

ページのトップへ