週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

相模湾ビッグゲーム! キハダマグロ釣り徹底攻略!

ここ数年、カツオやキメジ狙いに大型のキハダが姿を見せるようになり、夏の相模湾の風物詩になっている。
8月1日からコマセ釣りが開幕になるとさらに賑わいが加熱し、予約も取りにくくなるほど。
時には50キロ近い大物が上がるとあって釣り人を熱くさせるが、コンスタントに取り込むにはそれなりのノウハウが必要。
ここでは「相模湾キハダスタイル」を紹介する。

キハダマグロのコマセ釣りタックル

キハダタックルロッドは1.5~2.5メートルの7対3調子。専用竿や大物用竿も使える。もともとコマセマダイの延長なのでコマセを振れる調子と、食い込みのいい穂先、バット部に張りのあるワンピース専用ロッドが安心。キハダを獲るために大切なのがバランス。魚が大型だと強靭なロッドを選択しがちだがそれはNG。

リールは電動、または手巻きの大型両軸どちらでもOK。ただし、パワーと耐久性、ドラグ性能と、とにかく頑丈なものを選ぶ。

ミチイトはリールのラインキャパに合わせてセレクト。最低でもPEライン8号500メートルか、10号400メートルまで巻いておく。イトは10メートルごとの色分けと1メートルマーキングのあるものを選ぼう。ミチイトの先にリーダーとしてナイロン80号を2.5~3メートル付けても可。取り込み時につかみやすくクッションの役割にもなる。

リールはあらかじめ使用するハリス号数に応じたドラグテンションをセットしておこう。

キハダマグロのコマセ釣り仕掛け

天ビンは遊動式と固定式。青物には前者が有効とされてきた。走る魚にはイトが一直線に出て行くので、ハリスに天ビンとビシの抵抗がかからず、ハリス切れしにくい。だが、それらの抵抗がないぶん魚が弱らず取り込みに時間が掛かる場合やオマツリ時にほどきにくく好機を逃す恐れもある。使用禁止の船宿もあるので釣行前に要確認。固定式のメリットは魚に天ビン、ビシの抵抗が掛かるので魚が弱りやすく、安定した取り込みが可能。

ビシはM~Lサイズのステン缶80号~100号をセレクト。

ハリスはキメジ、カツオ狙いならフロロカーボンの12〜16号3メートル、キハダはフロロカーボン20~26号3~4.5〜6メートル。ロングハリスを使用する人も増えているが、短いと食わないわけではない。船長のアドバイスをもらうといい。天ビンとハリスの間にクッションゴムは介さない。

ハリは強度重視だが、付けエサがオキアミなので刺しやすさも頭に入れて選ぶ。現在は専用仕掛けやハリも発売されているのでこちらもお勧め。

入門者はレンタルタックル&市販の仕掛け使用がお勧め。

付けエサとなる大粒オキアミだが、ハリが大きく刺しづらい。1匹掛けならハリの軸に合わせて付けるが2、3匹を抱き合わせにする方法もある。ボリューム感、手返しを考えるのであれば、3匹をウイリーで尾羽根から頭に向け巻きつけ束ねる。巻きつけたオキアミをハリに引っ掛けるだけでエサ持ちもよくなりチャンスも増える。

食い渋り時にはエサとコマセを同調させる点からハリ軸に沿った1匹掛けも有効だ。

コマセ釣りで狙うキハダマグロの釣り方

しっかりした道具立てと基本さえマスターすれば、ヒットに至るまではさほど難しくはない。

ハリにエサを装餌、ビシにコマセのオキアミを詰め投入のアナウンスを待つ。

合図がでたら竿はホルダーに置いたまま、リールのクラッチをオフ。天ビンからハリスの順に素早く投入する。このとき、リールのスプールを親指で軽く押さえながら一連の動作を行うとエサが外れたりせず、スムースな投入ができる。

天ビン、仕掛けが海中に消えたら、竿を手で持ち、船長の指示する水深まで仕掛けを落下させる。指示ダナは50~60メートルなどと幅があることが多い。その場合、下のタナに合わせるのが鉄則。例えば指示ダナが30メートルだった場合、ミチイト3色に加えて3、4メートルまで下ろす。仕掛けがなじむのを数秒待ち、そこから竿をあおってコマセを撒き、海面に3色と4色の切れ目がくる位置でホルダーにセットしてアタリを待とう。

コマセは基本的には一度のタナ取りで撒き切るよう、ステン缶やビシの放出口は全開に。仕掛けはあまり動かさず静かに待つ。ただし食いが渋いような時はコマセを若干残し、コマセワークで誘ってみるのも有効だ。船長から「入って来たよ」とアナウンスが流れるタイミングで誘いをかけてみよう。

ルアーキハダも人気

キハダタックルロッドは8フィート(2.4メートル)前後の専用モデル、またはルアーウエイト100グラム対応のパワータイプ。

リールはPE4〜5号を300メートル以上巻ける大型スピニングでドラグ性能に優れるもの。

リーダーは100ポンドクラスを3メートル。

ルアーはペンシル、ポッパー、ミノー、ジグなど各種。表層〜中層まで対応できるよう揃える。

【注意点】……ラインシステムはもちろん、ルアーチョイスやキャスト、フッキング〜ランディングまで、それなりの知識とテクニック、パワフルなファイトに耐える体力も必要となる至高のオフショアゲームフィッシング。ゆえにビギナーは、まず仲間同士で仕立船によるチャレンジをしてみよう。

キハダマグロのアタリからやり取りまで

キハダ徹底攻略モゾモゾッとした前アタリや食い上げのあと、一気に竿が胴から曲がる明確なアタリが訪れるので、そこからやり取り開始。

キメジやカツオはラインを余計に出さず、パワフルファイトで早めに取り込むように。

明らかに大型のキハダと分かる場合は、掛けたらとにかく走らせ、無理をせずテンションを保ちながらファーストランが止まるまで待つ。キハダは止まってからが勝負。走っている時に巻き上げてしまうと簡単にハリスが切れる。アタるまではドラグ設定3~5キロ前後が望ましい。通常ファーストランは出ても150メートルほど。これ以上出されたら少し締める。魚のサイズによるがユルユルは禁物。

やり取りは徐々にドラグを締めて体力勝負。派手なポンピングは体力消耗につながる。ロッドを激しく叩き始めたら魚がこちらに頭を向けている証拠なので、一気に勝負に入りたい。隙を与えるとまた頭を下げて走りだしてしまうので、このチャンスを逃さないようにロッドをしっかり持ち、腰を下げてやり取りをする。

海面に魚のシルエットが見えてきたら船長にサポートしてもらうのが無難。キハダは晩夏が最盛期。10月ごろまでは狙えるのでぜひチャレンジを。

マグロがサメに襲われた! その時に

掛けた魚がサメに襲われた場合の対処法は次の通り。

(1)……サメが多い時は激しいポンピングは避ける。ポンピングでキハダが暴れてしまいかえってサメにアピールしてしまう。

(2)……ファーストランで走らせて止まってからドラグを若干締めつけて、しばらく150メートルラインで泳がせ魚を疲れさせてから一気にドラグを締めて巻き上げる。

(3)……巻き上げ途中で襲われたら一度クラッチを切り再度魚を泳がせる。元気があればサメからキハダは逃げる。

サメのゾーンは60メートルから水面まで。その下の水深には少ないようだ。特に30メートルから取り込み時が要注意。いきなり船下から現れる時もあるのでもたもたしていると餌食になってしまう。

相模湾マグロ特集 30キロ級続々浮上!!

キハダマグロ特集
多種多様な魚が釣れる沖五目釣り、豪快な落とし込み釣り、極上イカの数釣りが楽しめる夜焚きイカ釣り。九州には魅力的な船釣りがもりだくさん! 九州エリアのオススメ釣り船をご紹介しています!

ページのトップへ