週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

カサゴ

浅場から深場まで生息範囲は広い。一年中狙えるが、春先になると水深20~30メートルで釣れ始め、徐々に浅場で上がるようになる。

梅雨明けには水深10メートル以内のポイントで型が出ることもある。潮の濁り方次第では、水深3メートルでも良型が期待できる。

浅場になるにつれて使用するオモリは軽くなり、ビギナーにも扱いやすいライトタックルで楽しめる。

また、コマセを用いず、イソメ類などの虫エサを使わないので、慣れない女性や子どもも気軽に挑戦できる。

浅場のカサゴ釣りタックル

終始、底を取り続け根を探る釣りなので、手持ちで操作しやすいタックルを選択すること。

【サオ】……1.8~2.4メートル、オモリ負荷20号前後で7対3か8対2の先調子がいい。

専用ザオが最適だが、市販されている種類は多くない。そのため、胴のしっかりした小物ザオを使う人が多い。ライトタックル用やゲームロッドと銘打たれたサオにも適したものがある。

使用するオモリが15~20号ならキス用やマゴチ用、25~30号ならカレイ用も代用できる。

【リール・ミチイト】……小型両軸を使用。まめに底を取り直すので、クラッチを親指でワンタッチ操作でき、巻き上げる機能のあるタイプが便利。

ミチイトはPE1・5号前後を100メートル巻いてあれば問題ない。感度優先で、より細いイトを巻く人もいるが、オマツリの処理がしにくく、根掛かり時に高切れする心配もあるので、細すぎるものは避けたい。

【仕掛け】……胴突き2~3本バリが基本。ハリはムツ11~13号など。枝スは1.5~3号でミキイトはこれよりも太い号数を使う。大物が狙えるなら枝スは3号くらいにするといい。

枝スの長さは25~30センチで、枝間は40センチから枝スの倍ほどの長さにする。

接続は直結でもいいがヨレができやすい。ヨレると食いに影響が出るので、トリプルサルカンやヨリ取りビーズを使用してヨレを解消するといい。

海域や地区によってオモリの号数は異なるが、浅場を狙うこの時期はおおむね20~30号を使用する。ポイントによっては根掛かりしやすいので、オモリや仕掛けの予備は十分に持参したい。ステイトや替えバリも多めに用意しよう。

【エサ】

サバの切り身……最も標準的な身エサ。付け方は皮側から上端数ミリのところに中心線に沿ってチョン掛けする。しかし、エサが不均一な形をしていると、海中で回転してイトヨレの原因になる。

これは切り身を全体に細め、薄めにカットし直すことである程度解消できる。幅5~7ミリ、長さ4~5センチくらいを目安になるべく均一にハサミでカットするといい。

活ドジョウ……東京湾独特の身エサ。下アゴからハリを刺し上アゴに通したり、口の中から上アゴにハリを貫通させる。

ヌルヌルしてハリ付けしづらいので、床にペチッと叩きつけるなどして、仮死状態にさせてからハリ付けするのがコツ。活きのいいまま使いたい人は、タオルや毒魚用のハサミを使いハリ付けする。

タックル図エサ

浅場のカサゴ釣りの釣り方

手持ちザオで探ろうカサゴは岩陰に身を潜め、目の前の通過したり落ちてきたエサを捕食する。そのため、いかに魚の目の前にエサを持っていくかが肝要。

釣り場にある根の状態や潮の速さ、船の流れ方を考えながら探ることが重要になる。

【投入~誘い上げ】……投入の際は、ハリスが長いので手前マツリしないように注意。ハリスが絡んだり、ヨレたら交換しよう。

オモリが着底したら、素早くイトフケを取る。オモリが着くか着かないかの位置をキープして少し待ち、50センチほど誘い上げる。誘い上げはエサを躍らせるようなイメージで。

反応がなければサオ先を戻し、再び同じ動作を繰り返す。底ダチはまめに取り直すこと。待ちの間は根にオモリが当たる感触を確かめながら、底を切ってオモリの位置をキープするように。

根がきついポイントでは、一層根掛かりを避ける釣りを意識する。というのも、仕掛け交換ばかりしていると時間を取られて釣果が伸びないだけでなく、精神的にもつらくなってしまう。

探り方【アタリ~アワセ】……魚信はサオ先に明確に表れ、手元にゴンと伝わることがほとんど。下へ下へと引き込むが、強くアワせるとスッポ抜けることがあるので、アタリがあったらサオを立てるように聞きアワせ、魚が引き込む力でハリ掛かりさせるといい。

軟らかいサオを使用する場合はアワセのスピードは速めに、硬いサオならゆっくり行うとハリ掛かりしやすい。

掛かったらまず、根から魚を引き離して一定のスピードで巻き上げる。魚が根に入ったら、慌てずにイトのテンションを緩めしばらく待つと出てくることがある。

ページのトップへ