週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

イサキ徹底攻略 コマセ釣りの門を叩こう!

夏に向かって各地で解禁エリアが広がり、本格的なシーズンに突入していくイサキ釣り。

食べて美味しく数釣りが可能でコマセ釣りの入門としても最適だ。

6月ごろは梅雨イサキとも呼ばれ、最盛期を迎える。

ここでは房総半島を中心にイサキ釣りの基本を紹介する。

イサキ釣りのタックル

イサキタックル【タックル】……サオは一日手持ちでコマセを撒いたり誘ったりするので、持ち重りのしない2メートル前後で、調子は入門者には操作性のいい先調子、慣れてきたら引きが楽しめる胴調子をチョイスする。

リールは中・小型の両軸にミチイトPE3~5号を100メートル前後巻く。PEラインは色が抜け落ちていたり、途中で切れているのはNG。イサキはタナが命。イトは1メートルごとのマーキングが明確に分かるものを巻くこと。

南房地区は狙うタナが浅いので手巻きリールで楽しめる。電動リールを使う時はバッテリーの有無を要確認。

【仕掛け】……房総(片貝~洲の崎)では、ビシはFLプラビシ60号に統一されている。一日に使用できるコマセの量が県条例で決まっており、それに対応するもの。

天ビンは中型がいい。小型のものは仕掛けが絡みやすく扱いづらい。

ハリスは食い渋り時には1.5号で3~3.5メートル。高活性時には2号前後の太めにし、短くする。手前マツリが少なく、使いやすい。

ハリスの長さはコマセの種類に応じて変えよう。オキアミは、軽く、横に流れるため仕掛けの全長を5メートル以上と長くするが、アミコマセは比重が重いため流れにくい。そのため3メートルほどで十分。

ハリはチヌ2号またはムツ9号。チヌバリは付けエサにオキアミを使用するのに向くが飲まれやすい。ムツバリはオキアミを付けづらいが掛かりがいい。上アゴに掛かりやすくバラシも少ない。

自作するなら枝バリはムツにしてイカ短を付け、先バリをチヌにしてオキアミやイカ短を付けるのを勧める。

ビーズは夜光の白やグリーンの0.5号か1号が標準。ほかケイムラビーズなど。大きすぎるものは避けたい。そろばんの珠型がいいだろう。これは漁師相手の漁具屋の店主から教わったことだが、潮の抵抗を受けやすいので、海中でより早くハリスが張るという。

【付けエサ】……多くの船宿ではイカ短が用意されている。カットしたものを出す宿もあれば、塊で出す宿もあるので事前に確認したい。

米粒ほどの大きさや形がベスト。細長くカットしたものは、シラスに見せかけるため。かつてはコマセに茹でたそうめんを短く切って使ったそうだ。これもシラスに見せかけてのこと。

次にバイオベイト。これは前日凍っているうちにカットする。解けるとツルツルとすべり、思うようにカットできない。

オキアミを嫌う船長はいるが、食いはいい。大型が来たりメジナやウマヅラなどのゲストも登場するが、同時にエサ取りも増える。

【イサキ釣りの制限について】……水産資源保護のため各地で様々な制限が設けられている。

外房の片貝~江見は自然保護のため制限尾数を50尾に設定。ほか南房の布良や相浜、伊戸、洲の崎は規定はないが、自主規制で50尾にしている宿もある。その他、ビシのサイズやコマセの量などで制限がある地域もあるので、あらかじめよくご確認を。

イサキのコマセ釣りはタナ取りが肝心

コマセワーク

【準備】……釣り座は、船首側にロッドキーパーを、船尾側にコマセバケツを配置する。風が船首から来るように船を立てるので、仕掛けが風下にくるような配置をすれば絡まない。 ビシは、上窓は3分の1開け、下窓は全閉する。ただし閉めすぎるとコマセを詰める時に本体の開閉が渋くなってしまうので注意。

【釣り方】……重要なのは、PEラインの色分けで海面からタナを取ること。ほとんどの船長はリールのカウンターではダメだと指示する。

指示ダナは船長の采配に関わることなので企業秘密。タナはアナウンスされるが、船数が多いと他船に聞かれないよう小声で言ったり、「さっきと同じ」などと言うケースも。

例えば「22の20」とアナウンスされたら、「22メートルまでビシを下ろし、コマセを撒きながら20メートルまで巻いて」の意味。そこでアタリを待つ。

誘いはサオを上下に振りながら行うが、振る幅、スピード、ポーズに気を使ってもらいたい。活性の高い時は、振る幅を長くして、スピードは速く、ポーズは少なめに。つまり振り方を激しくする。食い渋り時には、その逆にソフトに行う

アタリは、モゾモゾとした小さい時やガツンと大きい時がある。アタリがあったら聞き上げて、サオ先のしなりが出たらハリ掛かりした証拠。引きや波のウネリに応じて一定のスピードで巻く。

海面で魚影を確認したら、まずビーズが魚の口のどこにあるかを見る。上アゴであれば安心して抜き上げられるが、横であれば慎重に。

【追い食い】……まず1尾目が掛かった時の引きを敏感に感じ取ることが必要。サオ先がブルブルとしている間は、魚が尻尾を振りコマセを出してくれている。

群れに帰ろうとする時や海底が岩礁帯に差し掛かった時は、サオ先がキュンキュンと海面に突き刺さる。この時30センチほどストンとサオ先を下げる。すると、これまで張っていたラインがフワーッとゆるみ、付けエサを躍らせ目を引かせることができる。

これで下げた30センチ分を持ち上げた時に、重量感があったなら作戦成功。ただし、待ちすぎはバラシも多くなるので注意。

活性が高く、コマセを撒いている時に釣れるなら、魚がコマセを追いかけており、ビシに近いハリに掛かる。指示ダナで誘って釣れた時は先バリに掛かることが多い。

また、誘ったら食ったのか、少し待って食ったのかなどと分析するといい。それが次投につながる釣り方になるはず。

【注意点】……イサキという魚は賢い。海中でエサを食べようかどうしようかとジィーッと見ている。そして自分の好みに動いた時にバクッと食いつく。その証拠にスレ掛かった時は、ハリが目に刺さっていることが多い。

したがって、置きザオよりも手持ちザオでこまめに誘っている人のほうが釣れる。もちろん、食い渋り時の長い置きザオもダメ。適度にコマセを打ち返そう。

取り込みでは、多点掛けした際には1尾はオケに入れるといい。甲板で魚がバタバタ暴れて手前マツリになるのを防止できる。

魚は生きているうちに絞めて、血抜きをしてからクーラーに入れよう。
生きたままクーラーに入れると魚が暴れて旨味が減ってしまう。釣った魚が美味しいのは、網で獲った魚と違って釣り上げた直後に活け絞めができること。

また、死んだまま放置すると、ぬるま湯に保存しているのと同じ。鮮度も形も悪くなってしまう。
せっかくの高級魚を釣るのだから、ぜひ美味しい状態で持ち帰ってほしい。

春から初夏を彩る上品な味覚の数釣りターゲット! イサキ特集

春から初夏を彩る上品な味覚の数釣りターゲット! イサキ特集
関東地方~九州までイサキ釣りオススメ釣り船をご紹介!
最新のイサキで出船している船宿はこちらから!

ページのトップへ