週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

早春から初夏の茨城カレイ徹底攻略

 

茨城では早春や初夏からカレイ釣りが始まる。

盛夏までがメーンシーズン。

釣果上昇中のこのターゲットを紹介しよう。

 

カレイタックル例【タックル】


[竿]……茨城では小突きが基本。操作性のよさを優先して1.6~2メートルと短めがいい。専用設計か、7対3~8対2調子が好適。


[リール]……誘いなどのアクションが多い釣りなので、ロープロファイル(偏平型)の小型両軸がお勧め。ギヤ比は高いほうが有利。ミチイトはPE1.5~2号。1.5号ならフロロ5号前後のサキイトを1.5メートルほど結んでおこう。


[仕掛け周り]……小型の片天ビンに40~50号のオモリを付ける。仕掛けは2~3本バリが標準。天ビンはストレート形状やスネーク型、半遊動式など様ざま。いろいろ試したいところだが、大きすぎると誘いづらくなるため、10~15センチの小型が望ましい。
 オモリは船宿によって40~50号を選択。動きと色に興味を示す魚なので、夜光や赤、ピンクなどアピール度の高いものを使おう。音(振動)が出るタイプもある。
使い分けは、標準は赤やピンク系で、濁り潮なら夜光。ホワイトが威力を発揮することもある。


[仕掛け]……ミキイトはフロロ7~8号、枝スは3~4号。接続は小型のトリプルサルカンでOK。全長は2本バリなら60センチ前後、3本バリは70センチ前後。手返し重視なら前者で、仕掛けのボリューム感を出すなら後者を選ぼう。
 ハリは軸が長めで丈夫な専用設計のものを使う。大きさは食いに影響しないので、13~14号を使用。また、チモトには大きめの夜光玉や集魚ボール、ビーズなどで飾り、派手なものに実績が高い。

 

【エサの付け方】
 青イソメとアオヤギのむき身が一般的。前者は2~3匹を房掛けにする。後者は外れにくいように通し刺し。このほか、ホッキ貝が入手できれば、硬い部分を3~4センチの切り身にしてチョン掛けにする。


カレイ釣り方の攻略イメージ【釣り方】
 全長が短いのでエサから海中に入れればOK。ただし手前マツリを防止するために、オモリとハリスを離して投入しよう。休まずに小突いていくのがこの釣りの基本。エサとオモリの動きを魚にアピールする。10センチくらいの幅で小刻みにサオ先を動かす。1秒間に1~2回が目安。これを15回くらい繰り返して誘いの1セットにする。
 こうして誘ったら、一度仕掛け分ほど聞き上げてみる。この時にモゾッとかゴツゴツッとかアタリがでる。このシグナルがなければ、再び小突く。魚の活性に合わせて、低い時はスローで小さめに、活発な時は大きく強めにたたくといい。
アタリがあったら、そのままサオをさらに大きく聞き上げてハリ掛かりさせる。やり取りは一定の速度でリーリングすればいい。大型ならドラグを緩めて対応する。30センチ以下なら抜き上げられるが、それ以上ならタモ取りを頼もう。

ページのトップへ