週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

釣り船の予約から釣り方まで! LTアジ徹底攻略

初めての船釣り! 予約から乗船まで

釣行の予定は、釣りたい魚種行ける地域予算をはっきりさせて計画を立てよう。その上で天候海況も選択の要素のひとつになる。

釣り情報紙誌や船宿のウェブサイトでターゲットを定めたら、アクセス方法、予報を確認。初めての釣行なら、一度は船宿に連絡を入れておこう。

船宿は予約制がほとんどだが、一部の船宿やボート店では当日飛び入りで乗船することもできる。

船宿に問い合わせる際は、予約の必要があるかどうかを聞いておく。当日乗船できるにしても、定休日・臨時休業の可能性や満船ということもあるので、電話を入れておくのが無難。

予約制の船では、前日の夕方や夜に出船確定の確認をする場合がある。これは天気や海況予報で出船中止になることがあるため。

しかし初めて方にはよく分からないことも多いだろう。釣楽では、ネットから船宿の検索、予約が可能で、あとは席確保の連絡を待つだけでOK。もし予約が不可の場合でも、その船の乗船可能日や近くのオススメ船をご紹介しますのでお気軽にお問い合わせください。

船宿に着いたら、まず船長や女将さん、スタッフなど受け付けであいさつ。車の場合は、駐車位置の確認をする。車のカギは宿に預けないといけないことがあるので注意。

釣楽で予約した場合は、受け付け時に「釣楽で予約」と伝えよう。初心者の場合にはその旨も伝えておくと話がスムーズだ。

釣り物を決めよう名前を記入

各宿でスタイルが異なるが、乗船名簿に記入。乗船料は前払いか後払いかを聞いておこう。仕掛けエサが必要な購入を済ませてから船に乗る。

クーラーボックスに入れる氷は乗船前に買う、もしくは各自で指定の場所から持ってくる場合、船上や下船後に配られるところも。取り扱いがないこともあるので、予約や受け付け時に確認する。

釣り座は、先着順で船に荷物を置いて取る、番号札を取る、船長の指示、クジ引き、ジャンケンなどで決める。グループで乗合に乗る場合は並んで座れるように伝えておくといい。

ここまでのことがあるので、出船の1時間くらい前に着いておくのが一般的。遅くても30分前。ギリギリになる場合は宿に一報入れておく。

希望の釣り座を求めて前日から来る人もいるほどなので、出船前の時間には余裕を持って行動しよう。

出船してからの注意点

洗い場出船したら船長の指示に従うこと。船上のスタッフとして仲乗りさんがいる場合は、仕掛けが絡む(オマツリ)などで困ったときなど、釣り方も含めていろいろアドバイスをもらおう。

夏期は日差しが強く、日陰にならない釣り座は熱中症になる可能性があるのでこまめに水分を取って釣りをしよう。気分が悪くなったらキャビンや日陰で休むこと。さまざまな人が乗る乗合船は、一人の都合だけで予定よりも早く帰ることはほとんどないので、体調管理は各自でしっかりと行おう。

下船後は、支払いや仕掛けの清算などがあればそれを済ませ、あいさつして帰路に就く。船宿に洗い場があれば、サオやリールを洗っておくといい。ペットボトルなどに水を入れて持参し、手入れして帰る人もいる。また場所によっては、釣った魚をさばけたり、代行してくれるサービスがある宿も。

電車釣行ならキャリーやキャスター付きのクーラーが便利。発泡クーラーのある宿なら、手ぶらで行ってそれを買って持ち帰ったり、宅配便で送るのも一手。

船宿ごとに乗船の手順や設備が異なるが、その違いを楽しむのも船釣りの魅力の一つ。ぜひ各地域に出かけてほしい。

LTアジ釣りのタックル

基本的には船宿のレンタルタックルで問題ない。仕掛けも船宿で販売しているものでじゅうぶん通用する。借りられないときや自分で用意する場合は以下を参考に。

【サオ】……ライトタックル用ゲームロッドが理想だが、シロギス用でも流用できる。コマセビシの重さは30~40号なので、それに対応した7対3~6対4調子で、1.8~2.1メートルくらいが使いやすい。

なお竿調子の7対3とか6対4というのは竿先が全長のどのあたりから大きく曲がるのかを表す表現。仮に9対1だったら先調子といってほぼ先端部分から曲がり、5対5なら胴調子で中央部分で曲がる。先調子であればあるほど繊細な釣りに向き、胴調子であれば大物釣りに向いている。

【リール】……小型両軸リールか電動。ミチイトはPEライン(引張強度が高くて伸びない撚り糸)の1~1.5号。水深はおおむね50メートル以内なので、100メートル巻いてあれば十分。

【天ビン・ビシ】……腕長20~30センチ程度のLT専用に、ビシ(寄せ餌を入れる網カゴ)も専用の30~40号が標準。ただ、船宿により使用する号数が違い、コマセ(寄せ餌)の種類もイワシのミンチ以外にアミコマセの場合があるので、事前に確認したい。船宿でビシのレンタルを行っている場合は借りるのが一番。

【仕掛け】……ミキイト・ハリスともフロロカーボン(強靭なナイロン素材のイト)の1.5号前後の2~3本バリ。全長は2メートルほど。ハリは細軸のムツ9~10号。

船宿や船長の釣らせ方により、クッションゴムを装着する。1~1.5ミリ径20センチほどのものを使用する。

【付けエサ】……赤短やイカタンと呼ばれるイカを食紅で染めたもののほか、潮が濁っているときには青イソメが有効。大きさは、赤短は米粒ほどの大きさで、青イソメなら2センチほどにカットして装着する。

LTアジの釣り方

アジ【投入】……ビシにコマセを6~8分目に詰め、ハリにエサを装着して準備。投入後ビシが着底して、ミチイトの出が止まったらイトフケを取る(イトを張る)。再び底ダチ(仕掛けを着底させること)を確認。

指示ダナが海底から2メートルだった場合、ミチイトのマーキングを見ながら、まずは1メートル巻き上げて軽くキュッとコマセを出す。

さらに1メートル巻き上げてから竿をあおってコマセを出し、ビシが指示ダナ通り、海底から2メートル上に位置するように合わせる

アジ釣りはタナを合わせることが重要で、周りで釣れているのに自分だけ釣れないというような場合はだいたいタナがズレている。潮が速い場合は仕掛けが横にたなびくので、アジのいる水深からずれてしまうことがあるので要注意。

打ち返しは潮の速さにより左右されるが、タナを合わせたあとに、30秒経っても魚信がなければ、もう一度タナを取り直す。再び30秒待ってアタリがなければ仕掛けを回収する。

【アタリ~取り込み】……大小あるが、サオ先がクンクンと明確に小気味よく突っ込む。軽く聞き上げて、魚が乗ったことを確認したらサオの角度を固定し、一定のスピードで巻き上げる。

抜群に美味しいアジをお手軽船釣り! 東京湾LTアジ特集!

LTアジ特集
格別に美味しいと人気の東京湾のアジ。シンプルで簡単な仕掛けで初心者が船釣りを始めるのにうってつけなLTアジ釣りをご紹介。

ページのトップへ