週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

沖釣りデビューはコレで決まり☆

 

新年度が始まり、忙しさもひと段落すると待ちに待ったGWが訪れる。
連休はファミリーや仲間で気軽に楽しめる沖釣りに出かけよう。

ここでは初心者にも手軽に狙えるターゲットとして、
LT(ライトタックル)アジとシロギスを取り上げる。
ともに春先から好調が続いており、数釣りに期待が持てる。
ビギナーの参考になるよう基本的なタックル、釣り方などを入門編として紹介する。
この機会に沖釣りデビューを!

ビシ釣り入門 LTアジ

コマセワークを覚えよう

 

LTアジタックル例【タックル】


竿……浅場に群れをなして回遊するアジをLT(ライトタックル)で攻める。30~40号ビシを背負えて、しっかりとコマセを振り出せる腰の強さを持った1.8~2.1メートル、7対3~6対4調子のライトタックル専用やゲームロッドが好適。
 

リール・ミチイト……ミチイトのマーキングを見てタナ取りを行うため、PEラインの1~2号を100メートル前後巻ける小型両軸リールを使用する。
 

天ビン・ビシ……天ビンはシンプルで軽量な腕長20~30センチ程度のライト専用片天ビン。コマセビシは船宿によって号数を指定しているため、無料で貸し出ししていることが多い。
 船宿で準備しているビシは、使用するコマセの種類に合わせて常備されているので、貸し出している船宿では借りるほうが無難。


仕掛け……ミキイト・ハリスともフロロの1.5~2号前後。ハリはアジまたはムツの9~10号を使用し、全長は1.8~2.4メートル前後。ハリ数は2~3本が標準。
 サバなど引きの強い魚が掛かっている時は、ワンランク太い仕掛けも持参しておいたほうがいい。
 クッションゴムは使う人と使わない人がいるが、装着するなら1ミリ径で10~20センチほどのもの。


エサ……船宿ではイカを食紅で染めた赤短と青イソメが支給されることが多い。後者は濁りがきつい時に絶大な効果を発揮する。

 

釣って楽しく食べて美味しいアジ

釣って楽しく食べて美味しいアジ

 

【釣り方】
 まず、ビシにコマセを七分目に詰めて、ハリにエサを装着して仕掛けを投入。ビシ着底後はイトフケを取り、ミチイトの色分けで確認しながら、船長の指示ダナまでコマセを2回に分けて振り、タナ取りをする。30秒くらい待ってアタリがなければ、ビシを再び着底させてタナを取り直す。
 この一連の流れを2回繰り返してもシグナルがなければ、仕掛けを回収して手早く打ち返しをする。釣り始めは、船下に魚を寄せるため、こまめな打ち返しが必要になる。
 キュンキュンと竿先を絞り込んでいくのがアタリ。魚が突っ込んだ時には竿の弾力で交わせるように角度は水平よりもやや立てて構え、リーリングのスピードは一定にする。ビシが海面下まで見えたら、巻き上げを止め、そのまま竿を立てれば手元にビシがくる。
 アジは口の横が軟らかいため、その部分にハリ掛かりするとバラシに繋がることも。よって、取り込みの際は掛かりどころを確認し、上アゴなら抜き上げて、バラシが心配ならタモ取りしたい。その他 数を伸ばすには、多点掛けで効率よく釣りたい。1尾ヒットしたら、30~50センチほど巻き上げて次のアタリを待つ。ただ、2~3尾掛かると最高だが、欲張って待ち過ぎるとバラシの原因にもなるので注意したい。

 

天ビン&胴突きでシロギス

まずは船下狙いでOK

 

シロギスタックル例【タックル】
竿……1.5~1.8メートルの専用ロッドが最適。オモリ負荷10~20号前後、7対3~8対2調子の小物用ならコンパクトロッドなどでも代用可。


リール・ミチイト……少し仕掛けを投げて広範囲を攻めると効果的なため、1500~2000番くらいのスピニングリールが扱いやすい。ミチイトはナイロンなら3号、PEラインなら1~1.5号までで、100メートル巻いておけばOK。


天ビン・オモリ……天ビンは遊動式などさまざまな種類があるが、基本は軸径が細く、飾りのない腕長10~15センチ前後の固定式が絡みは少なく扱いやすい。オモリは狙うポイントや潮の速さによって船宿で指定されることもあるが、小田原型の15~20号が基本。根掛かりでロストすることも視野に入れて、複数用意しておく。


仕掛け……天ビンスタイルの吹き流し仕掛けは、全長60~80センチでハリス・ミキイトとも1号前後を使用。ハリは細軸で吸い込みのいい流線や競技用キスなどの6~8号の2本バリ。ビギナーや子ども、女性にはハリスを35~45センチ程度の1本バリのほか、胴突き仕掛けも扱いやすい。エサ 濁りの強い東京湾などでは青イソメ、相模湾ではジャリメが主として使用される。どちらもハリ軸に対して真っすぐに装着することが重要で、タラシは2~3センチ程度。

 

エサ付けは真っすぐに

エサ付けは真っすぐに

 

【釣り方】
 船はカケアガリやツブ根が点在する変化に富んだエリアを流すことが多い。魚の溜まり場に仕掛けをキャストして広範囲を探ることが効率的で、この釣り方が基本となる。だが、キャストには危険も伴うため、初心者なら、まずは船下狙いに徹することを勧める。オモリが船の揺れでトントンと底を打つ程度にセットすれば活性の高いこの時期なら、しっかりとアタリがでる。
 タックルの扱いにも慣れて仕掛けをキャストする時には、アンダースローで投入すること。オモリが着水する直前にスプールを押さえてミチイトの出を止めると、仕掛けが前方に放り出される形となり、手前マツリが防げる。
 オモリ着底後は、イトフケを回収。水平に構えたサオ先をスーッと起こしていく要領で、仕掛けを手前に引きながら誘う。幅は1メートルほどで、底周辺に付けエサを漂わせ、魚にアピールする。アタリがなければ5~10秒くらい食わせの間を取りながら、再び探っていく。
 アタリは明確にブルブルッと手元に伝わってくる。魚信があったら、ひと呼吸おいてから手首のスナップを返す要領でアワせる。魚が掛かったら、あせらずに一定のスピードでリーリングする。
 取り込みの時に注意したいのは、天ビンを巻き上げすぎるとサオを損傷する恐れがあるため、注意しながら船内に抜き上げる。


その他……付けエサはこまめに点検し、常に新鮮なものを使用したい。また、これからの時期はエサの痛みが早くなるため、使う分だけ手元に置き、それ以外はクーラーに仕舞っておくといい。

 

ページのトップへ