週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アマダイ

タックル

 ロッド…オモリ負荷50号の2メートル前後。小さいアタリが取れる7対3調子がお勧め。終日手持ちで誘う釣りなので、軽量モデルのゲームロッドがいい。

 リール…小型電動タイプ。PE2号200メートル巻けるもの。ミチイトはタナ取りがしやすい1メートルタックル図ごとにマーキングされたもの。

 仕掛け…腕長35~40センチの天ビンにオモリ&仕掛けとシンプル。東京湾・相模湾はハリス3~4号2メートルの2本バリ、オモリは東京湾が80号、相模湾は60~80号。東伊豆・駿河湾ではハリス4~5号3メートルの3本バリ、オモリは100号を使う。

 枝スは親子サルカンや回転ビーズで絡みを防止。ハリはケン付きのチヌバリ4~5号やマダイバリ、伊勢尼など。チモトの夜光玉は好みだが、エサ取りが多いときは外す。また、潮が速いときは下バリ上30~40センチにガン玉を打つことも。

 エサ…オキアミが一般的。両目の付いた身がしっかりしたものを選んで装餌。青イソメや岩イソメを持参する人もいる。

 

釣り方

 

 オモリが着底したら素早くイトフケを巻き取って1メートル上げる。ミチイトが斜めに入るときは何度かオモリをトントンさせながらイトフケを取り、ミチイトが垂直になってから正確なタナ取りを行うこと。

 サオは水平~やや下げた状態でキープ。仕掛けがなじんだころを見計らって、ゆっくり大きく誘い上げ→サオを元の位置まで下げる。あとは一定のリズムで同様の誘いを繰り返す。

 海底は砂泥底で緩やかなカケアガリ、または少しずつ深くなるカケサガリなので、まめにタナ取りを繰り返す。基本のタナ1メートルは潮の速さによって5センチ~1メートル上げたり、50センチ下げたりと各々探るように。ゲストのアカボラ(ヒメコダイ)はタナが合っているので、税金と考え手返しで対応。ガンゾウビラメが掛かってくる、下バリのオキアミが汚れて戻ってくる場合はタナが低い。また、サバやアジが掛かるケースはタナが高い。アマダイタナ取り

 アタリは〝コツン〟とか〝コンコンッ〟と小さい。サオ先に注視し、アタリがあったら、ゆっくり大きく聞きアワセ。最初のアタリでは本命かゲストなのか分かりづらいことが多い。数メートル手巻きで引き具合を確かめてから、電動リールのスイッチオン。

 アマダイなら途中、明確で強い引きが断続的に訪れる。当然ながら大型ほど引きは強いので、その場合はドラグで対応する。

 

 

ページのトップへ