週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アジ

サビキ釣りで狙うアジ

サビキは比較的簡単に釣果が期待できる釣り方。内房の金谷や上総湊から出船している。

水深15~30メートルの浅場で狙えるのが特徴だが、近況ではやや食いが落ちつつある。とは言え、50~60メートルでは十分な釣果があり、潮次第では同じ仕掛けで80~90メートルの深場を狙うこともある。

アジのサビキ釣りタックル

コマセを振るので先調子のものが好適。オモリ負荷は30~50号、長さは仕掛けの全長と同長以上あると取り込み時に扱いやすい。

サビキアジタックル【リール】……基本的に手持ちになるため、なるべく軽量な中型両軸がいい。船宿によってこの時期はやや深いポイントを攻めることがあるので、小型電動を選択してもいい。

【ミチイト】……色分けしてあるPE4~5号を200メートル巻いておく。

【オモリ・コマセカゴ】……オモリは60号前後。コマセカゴは中目程度でいいが、使うコマセ(イワシミンチ、アミコマセ)の違いやコマセの粗さによるので、船宿に事前に確認すること。

【仕掛け】……一般的にサビキはハリが7~15本付いた仕掛けで、ハリに「ハゲ皮」や「サバ皮」など魚皮が付けられる。これが擬似エサになり、コマセに寄ったアジが食う。
ミキイトは3~4号、ハリス1.5~2号、ハリは金ソデか新アジ8号前後が基本。全長は1.8~2.5メートル。ハリ数は扱える範囲にする。中には15本バリを2つ繋げて大釣りする人もいるが、初心者なら7~10本程度に抑えるのが望ましい。
また、上総湊の船宿ではコマセカゴを仕掛けの下部に付ける逆サビキで狙う。

付けエサは基本的に必要ないが、市販のグミやエサダマ、潮によって青イソメが効果的な場合がある。

サビキコマセ【投入~誘い】……カゴにコマセを8分目に詰める。詰めすぎると出が悪くなり、手返しも遅くなる。

オモリが着底したらイトフケを取る。水深にもよるがリールを1~3回巻いたところでコマセを撒く。ただし指示ダナがある場合はこれに従う。コマセの幕の中に仕掛けが入るように、鋭くシャクりアタリを待つ。

ポーズは2~3秒ほど。アタらなければ、再度コマセを振り、撒き切ったらすぐに回収して再投入。回収時には仕掛けを船内に入れず、カゴだけコマセオケに入れて詰め直す。

また、潮の速い時はコマセは少なめに振る。大量に振ってしまうと、コマセが流れに乗ってしまい、魚がこれを追うため仕掛けから離れてしまう。

【追い食い】……魚の活性や大きさによって反応は異なるが、ブルブルとしたアタリが途切れないときは、次々ハリ掛かりしている証拠。向こうアワセで少し待ち、ゆっくりと聞き上げて追い食いを誘う。

【取り込み】……巻き上げは一定のスピードでリーリングする。コマセカゴを竿先近くまで巻いたら、竿を立てて一気に抜き上げる。巻き上げすぎてカゴで竿先を折らないように注意する。

魚は上バリから順に外す。外したらオモリを船下に垂らし、コマセを詰め替える。これだけで手前マツリが減り、手返しは速くなる。

ビシ釣りで狙うアジ

ビシアジタックル130号ビシを使い、時に水深100メートル以深まで探るビシ釣りは、東京湾や相模湾でスタンダードな釣法。この釣りは基本的なコマセワークのでき次第で結果が大きく変わる。コマセの量やタナ調整で、低活性時も攻略できるようになろう。ぜひ身に付けてほしい。

【タックル】……竿、リール、仕掛けはイラストを参考に。

【仕掛けの投入】……リールのクラッチを切り、指でスプールを押さえるか、スプールコントロールノブを締め気味にしてブレーキをかける。余計なイトフケを出さないように。サオ先にテンションが掛かった状態で仕掛けを下ろすこと。

ビシ着底と同時にリールを巻き、潮が緩い場合は指示ダナの1.5メートルくらい下から、サオを立てて少しコマセを出し、指示ダナで止める。

コマセ振り方【コマセの振り方】……指示ダナが下から2メートルなど底付近の場合は、着底した地点からコマセを出す。

しかし、サオを高く振り上げてしまうと出すぎてしまう。さらに、ビシが指示ダナの上まで舞い上がり、コマセのむだ使いにもなる。コマセは一度に大量に撒くのではなく、切れめなく少しずつ撒くことを心がける。撒いたコマセの中を仕掛けが泳ぐようにイメージするように。

入れ食い時には、短く鋭いひと振りで十分な集魚効果がある。余分なコマセを出していない分、アタるまでの時間も短くなり、手返しも早くなる。魚の寄りが悪い場合にも、枝スの間隔刻みでトントンとサオでビシを弾ませるだけで、十分なことが多い。

コマセを振って1分ほど待ってもアタリがない時は、一度着底させてタナを取り直し、再度コマセを振る。船下に魚を集めることを意識する。

待ち時間は食いのいい時ほどインターバルを短く、食い渋り時には長くするなど活性に合わせた間を持たせるのがカギ。

【アタリ~アワセ】……ほとんどの場合、サオ先にグングンと明確に反応が出る。分かりやすいが慌てずに対処しよう。

アタリがでたらサオをゆっくり立て、ハリ掛かりを確認してから巻く。電動リールなら中速で巻き上げるが、強く引くようなら速度を落とす。

引きがおとなしい時は速めにして、速度を調整しながらサオ先にかかるテンションを一定に保つとバラシを防げる。

一荷を狙う場合にも一度聞きアワセをする。しっかりとハリ掛かりしたことを確認してから、次を待ちたい。

【バラシを防ぐ】……アジは口の横が弱く、ハリ掛かりの場所によってはバラしやすい。取り込みの際は、抜き上げも可能だが無理せずタモを使おう。良~大型の場合も同様。取り込み時に魚が横を向いていたら、ハリが口の横に掛かっていることが多いので注意。

他の対策としては上アゴにハリ掛かりさせること。一般的に、タナが低いと口の横に掛かりやすくなる。バラシが多いようなら、タナを30センチ刻みで上げ、上アゴに掛かるように調整していく。

タナが合っていれば、下へと引き込むアタリになる。タナが低いとモコモコとした弱いアタリが出る。慣れてくるとすぐ判断できるようになる。

ページのトップへ