週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

夏ビラメ 夏ビラメ

ヒラメの旬は冬だが夏でも美味しいのだ。

夏ビラメ 活性高く数狙えるシーズン

ヒラメタックル 外房外川・飯岡エリアでは6月1日からヒラメが解禁となり、早速好釣果がでている。これから夏にかけて魚の活性は高く数が狙える。初心者のデビューやアタリを取る練習にもいい時期。


 外川出船は真沖や利根川河口を横流しで狙う。底質は砂泥で、根掛かりは比較的少ない。飯岡出船は魚礁や沈船周辺を攻める〝ポイントの釣り〟が多い。


 タックルは2.4~3メートルの胴調子の専用竿に、PE3~4号を100~200メートル巻いた中型両軸リール。サキイトはフロロ8号を0.5~1メートル。


 ステイトはフロロ4号。根掛かりの多い場所では0.3~0.5メートルに、砂泥底なら1メートルにする。ハリスは同6号0.6~1メートル。これらの長さの違いが釣果を分けることもあり、様ざまな組み合わせを試したい。親バリは専用か丸セイゴの17号、孫バリは伊勢尼11~12号が基本。横流し釣りをする場合はトリプルフックもOK。


 エサのイワシは図のように付ける。親バリは基本は口に掛け、エサが弱っていたり小振りな時に負担の少ない鼻掛けを使う。孫バリは根掛かりの少ない場所は腹掛け、多い場所は背掛けにする。


 ポイントに近づいたらエサを弱らせないよう素早くハリを付け、船長の合図とともにイワシ、オモリの順に投入。着底したらイトフケを取り、イワシを底上0.5~1メートルに泳がせるイメージでタナを取る。ステイトが長めならオモリが底をたたくようにしてもいい。タナは濁り潮や食い渋り時は低めに、澄み潮や高活性の時は高めに取る。置き竿で待ってもいいが、手持ちでこまめに底を取り直したほうが誘いにもつながるのでいい。

夏は早めの聞きアワセも○


 アタリは大小様ざまで、早アワセは禁物。数度のシグナルの後、大きくグーッと引き込まれたらアワせる。高活性な夏場には早めの聞きアワセが奏功することも。掛かったら竿の弾力を活用しテンションを緩めずに巻き上げる。取り込みは必ずタモを用い、頭から誘導して入れるといい。


 冬が旬と言われるが、夏も美味い。上品な白身はどのように調理してもOK。高級魚を心ゆくまで堪能できるのは釣り人の特権。


 この釣りは片貝では8月から、大原では10月から解禁となる。ほかに相模湾の小網代からも出ている。独特のスリリングな駆け引きを堪能してみては。

ページのトップへ