週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

今年も大乗りシーズンになるか!? 東京湾マダコ開幕

女性にもモテモテのマダコ。

相模湾では日並みで1〜6尾

マダコタックル マダコ釣りでは、竿は使わず手釣り用のイトにタコテンヤをセットしただけの仕掛けを使う。乗合船では、ほぼ道具を貸し出しており、手軽に楽しめる。相模湾腰越出船では、すでに0.3~3キロ級が1~6尾程度上がっており順調。


 内房ではすでに釣果が出ているが、東京湾浦安~鶴見~金沢八景は、6月に入ってスタート。6、7、8月と夏のナギの海でピークを迎える風物詩。昨年の東京湾は当たり年で、トップ10~20尾の大乗りの日もあった。今年はどのような展開になるか楽しみ。


 一般的に船は流し釣りで探るため、テンヤは船下に下ろす。片舷流しの場合は船下が潮先になるため、投げる必要はない。状況によっては、根掛かりやオマツリの原因になるため注意。

 

【小突き】……基本はテンヤが底を離れないように行う。指に掛けたイトを10センチほどの幅で小突いてテンヤを動かす。この時、微妙な乗りが分かるように力を抜くことが大事。つまむか、つまむようにイトを持って誘う。
 テンヤを何度も新しい場所に入れ直していくことが大切で、20~30回くらい小突いたら一度聞き上げてテンヤを落とす。この動作が自然と次の場所にテンヤを入れる形になる。

 

手釣りイトと専用のタコテンヤにエサはカニ手釣りイトと専用のタコテンヤにエサはカニ。

 

【アワセ方】……タコがエサに乗ると、指にムニューときたり、ジワーッと重みが伝わる。反応をキャッチしたら、イトを張って聞き上げる。ここで濡れたタオルやぞうきんが掛かったような感触があったら、乗ったと思っていい。タコは全身でエサに覆いかぶさることや、足先だけ絡めてくる場合があり、早アワセはNG。確率よく乗せるため、乗りを感じたらひと呼吸おき、しっかりとテンヤに抱きつかせることがキモ。
 そして違和感はより強くなり、引っ張られる感触が伝わってくる。ここでイトをつかむ利き手を海面に送り込み、体を前に倒してから大アワセを入れる。乗ったら、スムーズにたぐっていく。テンヤバリはカエシがないので、イトがたるまないよう一定の速度で行う。基本的にはそのまま抜き上げる。大型が乗った感触があれば、タモ取りのアシストを頼もう。

 

ひたすら小突いてタコのコンタクトを待とう

ひたすら小突いてタコのコンタクトを待とう。

ページのトップへ