週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

タチウオ タチウオ科

 

 タチウオ科に属する海水魚。全長は一・五メートルに達する。北海道以南の各地にすみ、世界の暖水域に分布する。和名のタチウオは関東地方・和歌山県・四国・九州における一般的な名。福井県・鳥取県・山口県。愛知県・兵庫県・広島県・高知県・福岡県で一般にタチとも呼ばれている。ほかに新潟県・和歌山県・兵庫県・高知県ではタチオという。
 秋田県でダツ・ヒラガタナ、新潟県でヒラガ、富山県でカタナ、鳥取県でハクイオ・ハクヨ、福岡県・東京都でタチノウオ、宮城県でハクウオ・ハクナギ、福島県でサアベラ・サワベル(太刀からサーベルの連想につながったのだろうか)・タチノヨ、大阪府でタチュオ、兵庫県で幼魚をタビノヒモ、愛媛県でタチイオ、沖縄県でタチヌイユ・タチノイユ・タチンジャ・タテヌイユと呼ぶ。
 体は平たく、著しく長く、尾部はひも状となる。下顎が突き出ており、口は大きく、両顎前部の犬歯は先端がかぎ状となっている。腹鰭・尾鰭がなく、体色は銀白色で、鱗はない。
 雌は二才で、雄は一才で成熟し、四~十一月に産卵する。産卵数は二才魚で三万、四才魚で九万個。卵の大きさは約二ミリ。産卵された卵は水温16度で四日後にふ化し、約六ミリの仔魚となる。稚魚は発育中に著しく変態して親魚と同じようになる。

 成長し、海中で静止している時は、糸のように細い尾を下に垂らして直立した姿勢をし、長い背鰭を波状に動かして、体の釣り合いを保っている。そのために、タチウオは太刀魚であるとともに「立ち」魚であるともいわれている。
 体の表面に銀箔のようなグアニンが多いので、模造真珠の材料としたこともある。肉は白くて柔らかく、脂肪が多いので美味とされている。
 水深百メートル前後の釣りで外道として釣れてくるタチウオに似て、全身真赤なアカタチは、タチウオとは縁が遠く、ヒレの形もかなり違う。

 

釣りのワンポイント

片天ビン仕掛けのエサ釣りはハリス8号以上、タチウオバリにサバまたはサンマの切り身をつけ、水中ランプが威力を発揮する。サオをあおってタナを探る。

 

ページのトップへ