週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

シロギス キス科

 

 キス科に属する海水魚。全長は二十センチに達し、まれに三十センチ以上になるものもある。日本各地の砂地の内湾や浅海にすみ、インド洋まで分布する。
 和名のシロギスは東京都・秋田県で呼ばれている名。関東地方・静岡県・和歌山県・兵庫県・岡山県・富山県・鳥取県では単にキスと呼び、関西地方・中国地方・四国地方・九州地方ではキスゴと呼ぶ。また、東京都・大阪府・有明海ではシラギスという。秋田県・熊本県でキスコ、東京都でマギス、大阪府でカハキ、兵庫県でコスツ、徳島県でアカ・アカギス、長崎県でキツゴ、鹿児島県でカワギス・サバと呼ぶ。体は細長い。吻は長く、光り、口は小さい。上顎は下顎より長い。体の背部は淡い黄色を示す。
 産卵期は六~八月。二才以上の雌はすべて産卵に参加するが、一才以上の雌で、成熟するのは約10%である。抱卵数は180万粒で、年齢が若いほど少ない。卵の大きさは○・六~○・八ミリで、海水中に浮く。受精後、二十時間でふ化し、ふ化仔魚の大きさは全長一・三ミリで、大きな卵黄を持ち、口は開いていない。ふ化してから三日後に、卵黄は吸収され、口が開く。一才で十センチ、二才で十四センチに成長し、五才で二十センチをこえる。
 釣りやすい魚種なので、一般の人達にも人気があり、刺身、三ぱい酢、塩焼きのほか、すし種にもされる。
 近縁のアオギスは全長四十五センチに達し、体の背部が青緑色を示す。シロギスより浅所にすみ、汽水域にも入ってくる。干潟の発達した汽水域をもつ水域にすみ、冬は湾の深い所ですごす。東京湾・伊勢湾にもすんでいたが、環境の悪化に伴い、絶滅したと考えられている。徳島県では大きさによって呼び名を変えており、二十センチをロウソク、三十センチをナカネ、四十センチをヤギス・カラカサと呼んでいる。釣り人達にはシロギスより人気がある。音に敏感なため、海中に脚立をセットし、その上からアオギスを釣ったといわれている。


釣りのワンポイント

船釣りでも投げて引いてくるのが一般的。ソフトにアンダスローで投げること。着水したら一呼吸おいてミチイトを止めて底に沈める。それから徐々に探る。

ページのトップへ