週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

サヨリ サヨリ科

 

 サヨリ科に属する海水魚。体長四十センチに達し、日本各地の沿岸にすむ。サハリン・朝鮮半島・台湾にも分布する。

 和名のサヨリは各地における一般的な呼び名。日本海側の秋田県でショブ、新潟県でショウブ・ハリウオ、富山県でサイヨリ・スズ、鳥取県・島根県でスクビという。

 また、太平洋側の岩手県でクチナガ、茨城県でモサヨリ・サイレンドウ・サイレンボウ・ヨド、東京都でカンヌキ・カンヌキサヨリ・カンヌキザヨリ、神奈川県でセイロ、岐阜県でホソクチイオ、三重県でサイラ、三重県・和歌山県でシマザイラ、和歌山県でシマザイロ・スス・スズウオ・スズサヨリ・セイホウ・セイボウ・セボ・チョウカツ、和歌山県・兵庫県でスズ、和歌山県・大阪府でヤマキリ、大阪府でサエロ、兵庫県でヨロズ、岡山県でラス、広島県でヨドロ、高知県でサイチ・サイラ・サエリ・スクピ、鹿児島県でナガイワシと呼ぶ。

 沖縄県ではハーイヨ・アーバハーイヨ・ミズハーイヨ・ユシバーハーイヨ・ハーイユ・ハイイユという。

 体は細長く、下顎のみが、くちばし状に長い。背鰭は尾鰭の近くにあり、ほぼその真下に臀鰭がある。鱗は小さい。

 産卵期は瀬戸内海で四~六月、陸奥湾で六~七月である。満一才で成熟し、このころ、親魚は群れをなして、藻場または流れ藻のところに現われ、水面近くで産卵する。親魚の抱卵数は七○○○~一五○○粒。卵は球形で、直径が2.2ミリ、卵膜の上に太い一本の糸と、細い四~六本の糸があり、これで藻類にからまる。

 ふ化仔魚は六・五~八ミリで、口と肛門は開いており、下顎は突出しておらず、活発に泳ぐ。ふ化して三~四日後には十ミリに成長し、胸鰭が長くなる。十日目ごろから下顎が伸びてき、二十五日目には全長が二十一一~二十八ミリとなり、親と同じような形になる。稚魚期をすぎると跳躍できるようになり、水面を半月型に数回跳びはねて、外敵から逃げる。

 動物プランクトン・小甲殻類等を食べて成長し、八月に十四センチ、十月に十八センチ、満一年で二十五センチに達する。寿命は二年である。


釣りワンポイント

磯釣り。ウキ釣りではオモリもハリも極小。たえずコマセを少量ずつ打つ。タナは上層だからウキ下は40センチ以下。ウキの沈みより横走りに注意。

 

ページのトップへ