週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

メジナ メジナ科

 

  メジナ科に属する海水魚。本州中部以南の沿岸の浅い所にすみ、東シナ海・台湾まで分布する。全長六十センチに達する。

 和名のメジナは東京都・神奈川県・静岡県・新潟県・福岡県における名で、ほかに関西地方でクチブト、宮城県・和歌山県・大阪府・高知県でグレ、九州地方・山口県・愛媛県でクロイオ、和歌山県・山口県・大分県・熊本県・鹿児島県でクロダイ、大阪府・熊本県・有明海でブレと一般に呼ばれている。
 新潟県でクロコ・クロチレ、富山県でアオイオ・クマダイ・クライ・クラヤ・クロイ・サカズキイボ・サケノイオノツカエダイ・サケノツカエダイ・ツカエ・ツカエダイ、石川県でクロバン・クロバンダイ・クロバンチヨ・チカイ、京都府でクロヤ・ツカエ・ツカヤ、鳥取県でクロアイ・クロアヤ、島根県でクロアイ・クロアヤ・クロヤア、山口県でカラス・クロヤ・クロヤイ・シュクチという。また、静岡県でクシロ、愛知県でクロメ、三重県でシシビ・ヒシ・ヒシビ、和歌山県でグロエ・グロエポシ・クロガラ・ポン、兵庫県でグゾ・クロガンナ、広島県でホッポ、徳島県でクロベ、高知県でキツイオ・クロダコ・タコ・マギレメ、愛媛県でタカイオ、大分県でクロウオ、長崎県でクロウオ、鹿児島県でクレウオ・クロウオ・シツチと呼ぶ。
 体は卵円形で平たい。口は小さく、鱗は大きい。体色は背が青黒く、腹は淡い。産卵期は春。卵の大きさは約1ミリ。産卵されてから水温16〜17度で、六十時間後にふ化する。ふ化直後の仔魚の大きさは2.3ミリで、大きな卵黄を持つ。仔魚は三日目に3.6ミリとなり、この間に卵黄のほとんどは吸収される。
 雄は満一年で十一センチ、三年で二十センチ、七年で三十センチに成長するが、雌はこれよりも約一センチ小さい。一年魚は磯で生活し、大きな群れをつくって表層を泳ぐ。雑食性で、小動物・海藻を食べる。

 関西地方では美味とされ、値が高いが、関東地方では値が安い。
 磯釣りの花形として人気が高い。むずかしい釣りだが引きは強く、釣魚のスターとされている。

 

釣りのワンポイント

銭州、金州、伊豆諸島への遠征釣りが流行してから大型のメジナが他魚にまじって釣れ、船釣りでも花形。タナは底よりかなり上。取り込みに注意。

ページのトップへ