週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

マコガレイ カレイ科

 

 カレイ科に属する海水魚。全長は雌で四十五センチ、雄で三十センチに達する。北海道南部から大分県までの沿岸にすむ。朝鮮半島南部・東シナ海にも分布する。 和名のマコガレイは東京方面の名で、関東沿岸でマコ、日本海沿岸でクチボソ、瀬戸内海沿岸でマガレイ・マガレ・アマテ・アマテガレと一般に呼ぶ。和名のマガレイは千島から瀬戸内海・山陰地方の沿岸にすむ近縁種で、口の中の歯がマコガレイより多い。

 地方名は多く、北海道南部でクロガシラ、青森県でカシラクロ、宮城県・福島県でアオメ、福島県でムシ・ムシビラメ、静岡県・愛知県でモガレイ、秋川県でメサシ、山形県でエンショウコガレイ、新潟県でコマガレ・コマガレイ・ホチ・ホチマサバ・メジカ・メジカアバサ・モガレイ・モク、富山県でアカガレイ・イシガレイ・オカガレ・マガレイ・マコゾマ、福井県でセグロ・ヒワクガレイ、京都府でアオメ・カタガレ・スナガレイ・ホソクチ、兵庫県北部でキンガレヒ・ギンガレイ・マガレ、鳥取県でマスカレイ・マスガレイ・ヤマブシガレイ、兵庫県南部でアマガレ・アブラガレ・アブラガレイ・オタイヤ、岡山県でボソクチカレイ・ボソクチガレイ。ホソクチガレイ、広島県でアマテガレイ・オチョボ・ホソクチ、香川県でアマコガレイ、愛媛県でオタンヤ・ドロブタ、大分県でシロシタカレイという。
 雌は三才、雄は二才で成熟し、冬に産卵する。抱卵数は体長三十センチで65万粒、四十センチで168万粒ぐらい。卵の大きさは0.8ミリで、産卵されると直ちに物にまたは互いに付着する。水温15度で、四・五日たつと卵はふ化し、全長3.4~3.8ミリの仔魚となる。ふ化した直後に口はまだ開いていない。ふ化後五日で口ができ、体長7.6ミリで変態を始め、ふ化一か月後には完了して、両眼は体の右側に移る。生後一年で十センチ、二年で十五センチ、三年で二十センチに成長する。
 別府湾日出(ひじ)のシロシタガレイは日出城跡の下の真水の湧く海底からとれるのでその名があり、これもマコガレイであるが、とくに晩春初夏が美味といわれる。

 

釣りのワンポイント

イシガレイは投げたら手前にひいて誘う。マコガレイは船をイカリで止めたら、投げて置きザオにし、時々イトフケをとるていどに聞いてみるだけでよい。

 

ページのトップへ