週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

マハタ ハタ科

 

 マハタは、ハタ類の中でも大型で、成魚は一メートル前後になる。千葉・佐渡以南、南方海域・大西洋まで広く分布する。幼魚は内湾にも入るが、成魚は近海の岩礁帯にすむ。未成魚は赤味をおびた濃褐色の体表に、七条の太い白色の横縞があるが、成魚になると消える。鯉蓋も口も大きく目が鋭い。小魚・甲殻類を主食としている。成魚は夏に特に美味である。
 魚名のハタは、ハダラ(斑)の語の後音《ラ》の脱落語であろう。マハタの《マ》は、ハタ類の代表的なことを表わす。中国ではハタの仲間を、「石斑魚」とよび、体色によって、青斑・赤斑・黒斑などと区別している。

 三重・和歌山・高知では、ハタジロとよぶ。漢字では「旗白」と書くが、呼名の語意とは関係ない。ハタジロは、白い縞(斑)があるという意味の呼び名であろう。和歌山地方では、キョオモドリ・イトガモドリという呼び名がある。これは、京都や糸賀から売れずに送り返されたり、持ち帰ったことからの呼び名らしい。富山地方では、ナメラ・ナマケとはよぶ。ナメラは、方言で愚鈍なことを意味する、この魚が岩の間で殆ど動かず、生餌の近ずくのを待っていることから、愚鈍・怠者の意味でよぶのだろう。長崎地方ではタカバという、これは未成魚にある白色の横縞を鷹の羽根模様に見たてた呼名と考えられる。《バ》は、魚名語尾。また、この縞を袴の模様にたとえ、キョウゲンバカマ「狂言袴」(宮津)。カケバカマ「段々縞の袴」(七尾)とよぶ地方もある。三重県志摩では若魚をカンペイという。これは、仮手本忠臣蔵の劇中に出てくる早野勘平という人物があり、早合点して自害する。これに関連した呼名かもしれない。この若魚は、餌を見ると一気に呑みこみ、たやすく釣られてしまうので、つけられたらしい。
 マハタは、水族館でも大変丈夫で飼育しやすい魚のため、どこでもよく展示されているが、体色が地味で動きも少ないため、めだたないのが難点である。また、ハタは知能指数が高く、水族館での魚のサーカスではいつもスターである。
 ハタのなかまで、釣り人に人気のあるクエがある。モロコとも呼ばれ、一メートル級のものがよく釣られる。味も美味であり市場にも出荷されている。

 

釣りのワンポイント

ハタ専門の釣りはないようで、タイやスズキの外道としてくることが多い。ハリ掛かりしてから締め込みは相当なもので根から離れるまで油断ができない。

ページのトップへ