週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

マダイ タイ科

 

 タイ科に属する海水魚。北海道南部から鹿児島県までの各地沿岸にすみ、朝鮮半島南部・東シナ海・南シナ海・台湾に分布する。体長は八○センチに達する。
 和名のマダイは東京地方・北陸地方・長崎地方の一般的な名で、ほかに、関西地方・四国南部ではホンタイ、北陸地方・中国地方・九州地方でタイという。特に東京地方・四国南部では大きなものをオオダイ、東北地方・北陸地方・紀伊半島・九州北部では小さなものをコダイと呼ぶ。
 富山県ではメダ、幼魚をネブトゴ、福井県ではオダイ・メダイ、東京都ではオオダイ・オオマコ・チュウダイ・トクオオダイ、幼魚をカスゴ・ベン・マコ、三重県ではハタイ・ヤキ、和歌山県ではメバチ・モンド、幼魚をカスゴ・チャリ・メヌキ、大阪府ではメバチ、幼魚をタイチャリコ・チャリコ、兵庫県では幼魚をカマゴ、瀬戸内海では産卵後のものをハンツキと呼ぶ。
 愛媛県ではクロミダイ・サンカ、高知県ではオオダイ、幼魚をタイゴ・タイジャコ、福岡県ではイラサ・コダイゴ・ハリキリ・フクラダツ、長崎県でツキダイ・ツリダイ・ニガリダイ・メネケダイ、幼魚をシパダイ、小さいものをヒシコ、有明海ではマジャー、鹿児島ではタイノユウ・ママツという。
 東京では大きさによって、マコ→オオマコ→チュウダイ→オオダイ→トクオウダイと呼び名を変え、長崎でもシバダイ→ヒシコ→ニガリダイ→コダイ→タイと呼ぶ。また、突いて捕ったものをツキダイ、釣りあげたものをツリダイ、生餐で長く飼っているもので、眼がへこんだものをメヌケダイという。
 産卵期は春で、水温が15~17度になるころ。九州で三~四月、太平洋岸中部で四~五月、瀬戸内海で五月、日本海岸北部で六月ごろが産卵盛期となる。雌は尾叉長三十三センチ以上で、雄は二十二センチ以上で生殖巣が成熟する。産卵数は体重によって異なり、体重1キロで250万粒、2キロで1千万粒である。卵の大きさは1ミリで、水温15~17度の時、二〜三日でふ化する。ふ化仔魚は動物プランクトン・アミ類・エビカニ類を餌として成長し、一歳で60~120グラム、二歳で300~500グラム、三歳で600~900グラム、四歳で900~1400グラムとなる。

 

釣りのワンポイント

コマセ釣りの場合ハリスが天ビンにからまないよう投入し、タナに達したら大きくサオをあおってコマセを撒きハリス全長の半分ほど巻いてアタリを待つ。

 

ページのトップへ