週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

クロダイ タイ科

 

 タイ科に属する海水魚。体長は、四十センチに達する。日本全国の沿岸の浅い所にすみ、稚魚は河口などの塩分の低い所にもすむ。朝鮮半島南部、中国大陸北部に分布する。和名のクロダイは新潟、富山、鳥取、東京、愛知、和歌山、岡山、鹿児島のほか、日本の各地での名。ほかに東京、関西、紀州、広島、島根、山口、高知、北九州、沖縄でチヌ、秋田、石川、福井でカワダイ、静岡、三重、和歌山でマナジ、新潟県の佐渡島、島根、山口県の下関、福岡県の玄海でチンダイ、東京、関西、山口、九州、沖縄でチン、関西、中国、九州でチヌダイ、九州南部でチインと呼ぶ。幼魚を関東、三重、和歌山ではカイズという。

 新潟県でクロタイ、島根県、山口県でケンダイ、千葉県でケエズ、千葉県、静岡県でカエズ、東京都でヒダイ、静岡県でシラタイ、シラダイ、シロタイ、ハゴ、ピンタイ、愛知県でズイ、チンタ、伊勢湾でキシ、ナベワリダイ、三重県でツエ、和歌山県でカイス、クロチヌ、クリヂヌ、マキ、メエチ、大阪府でオオスケ、キビレ、ハダカ、チヌ、ホンチヌ、マチヌ、香川県でシオチヌ、愛媛県でヒチヌ、高知県、福岡県、有明海でクロ、長崎県壱岐でチンカク、鹿児島県でカウチン、チンノイオという。

 幼魚は千葉県・東京都でチンチン、伊勢湾でシオ、大阪府でババタレともいう。

 幼魚はすべて雄で、成長とともに卵巣が発達し、一~二才の若魚は精巣と卵巣の両者を持つ雌雄同体となる。さらに成長すると精巣か卵巣のどちらかが退化し、雌か雄になるが雌になるものの方が多い。雌雄同体のものでは精巣のみが成熟する場合が多く、雄としての機能をもつものが多い。
 産卵期は四~七月で、場所により異なる。卵は大きさが0.8~0.9ミリで、0.2ミリの油球が一個ある。水温19度の時に四十~四十五時間でふ化し、全長2ミリの仔魚となる。ふ化して一か月後に全長10ミリに成長した稚魚は内湾奥部のアマモのはえている場所に現れる。ここで八月まですみ、40~50ミリにまで成長し、移動する。移動先きは不明である。

 ふ化後一年で九~十二センチ、二年で十五~十九センチ、三年で十九~二十三センチ、六年で二十八センチ、十年で三十五センチに成長する。

 

釣りのワンポイント

磯や防波堤、狭殖筏の下などにつき、釣り方もさまざま。目がよく神経質で臆病なため長いサオでなるべく細い仕掛けが有利。撒きえを使うことも多い。

ページのトップへ