週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

コノシロ ニシン科

 

 ニシン科に属する海水魚。全長二十五センチに達する。太平洋側は岩手県、日本海側は新潟県より南の沿岸および河口にすむ。インド洋・太平洋中部に広く分布する。成長段階によって名が変わり、四センチのものをジンコ、ジャコ、五センチをゼニコ、九~十センチをツナシ、十センチをコハダ、十五センチ以上をコノシロと呼ぶ。また、ごく小さいものを和歌山県でガラ、小さいものを東京都・高知県でジャコ、東京都でシンコ、和歌山県・大阪府・徳島県でツナセ、兵庫県でナカズ、ボイト、高知県でドロクイという。

 秋田県でモゴ、石川県でマペラ・マベラ・ベッド・ベットウ、鳥取県でマアカリ・バアカレ・ニブゴリン、東京都でナガツミ、静岡県でヨナ、愛知県でハンダ、大阪府でマヅナシ、広島県でサッコ・ハッコ、九州の有明海でオヤノジャクセン・ハビロ、沖縄県でアシチンと呼ぶ。

 体は平たく、腹側の縁に稜鱗という特異な形をした鱗が並ぶ。背鰭の最後の軟条が糸状に長く伸びているのが特徴。また肩の部分に大きな黒斑があり、体の背中側に数列の黒点が並んでいる。

 沿岸にすみ、沖合へ出ないので、地域的な特性が強く、地域により、その形がやや異なる場合が多い。満一才で成熟し、産卵期は四月~六月。抱卵数は一才で6.2万粒、二才で13万粒、三才で15万粒、四才で25万粒。産卵する時刻は日没後一~二時間。産まれた卵の大きさは直径1.5ミリ。水温別度で、四十時間後にフ化する。フ化仔魚は口が開いており、エサをとり始める。全長10ミリになると群をつくり、内湾の浅所を遊泳する。

 春から夏を経て、秋までには内湾の低塩分水域にすみ、冬になると湾口部の深い所に移る。地域によって成長は異なるが、有明海では一年で十四・八センチ、二年で十八・九センチ、三年で二十一センチに達する。
 コハダは、すし種として全国で使われている。

 

釣りのワンポイント

東京湾ではエサ釣りよりも、魚形ナマリにハリを込んだもので引っかけて釣るのが主流。船頭の指示するタナまで下ろしたら、サオを大きくサビく。

 

ページのトップへ