週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

カワハギ カワハギ科

 

 カワハギ科に属する海水魚。全長は三十センチに達する。北海道南西部から九州までの沿岸と台湾・東シナ海に分布する。海藻のついている岩のそばなど、浅い所にすむので、人に見られる機会も多く、地方名は多い。

 和名のカワハギは関東・関西・富山県の名で、福井県から山口県までの日本海沿岸でメンボウ、関西・紀伊半島・四国でハゲ、兵庫県・岡山県・鳥取県・福岡県・熊本県でバクチウオ、石川県・静岡県・香川県でバクチ、富山県・三重県・香川県・宮崎県でハギ、石川県・三重県・香川県・宮崎県でバクという。

 また、青森県でチッチ・チョイチョイ、山形県でウシヅラ・コグリ、新潟県でコグリ・コウグリ・コオモリ・マルコオグリ・マルホオグリ、富山県でアシナカコゴモリ・シワシワコゴモリ・タヒコゴモリ・マルコゴモリ・コンゴリ・コウモリダイ・マサカリ・メンボ、石川県でコウモリダイ・バクチコキ、福井県でバクチコキ・チョチョカワハギ、京都府でカクコグリ、鳥取県でレンボ・チュウカレンボ・バクチウチ、山口県でアンボウ・コウグリ・メイボ・モチハゲと呼ぶ。

 宮城県でギハギ、福島県でヤマモ、千葉県でゲンパ・カワハギゲンパ、神奈川県でゲバ、ゲバチ・ゲバチロオ、静岡県でギッパ・ハズ・キンチャク・アワクライ、愛知県でキンチャクギマ・スブタ、三重県でギハ・ギハギ・ギンマ、和歌山県でギシロハゲ・ギジロハゲ・コウベハゲ・ショマハゲ・ショモハゲ・シラハゲ・シロハゲ・チュウチュウハゲ・ツノハゲ・ホバタハゲ・マルハゲ・マルハギ・コウベ・ケンチンコオベ・ギュータ・ギュウ・バクチウチ・ラケット、大阪府でハケコウベ、兵庫県南部でイトマハギ・ゴハギ・マルハゲ・イソジュウコウ・シマジュウコウ・チウアカ・チウカー・チュウカア・キンチャク・マルケゲ、広島県でモチハゲという。

 さらに、高知県でチャウチャウハゲ・ケバ・コクサン・ツノギ・モモカンス、大分県でハゲウオ、福岡県でカワムキ・コウムキ・コウムク・チュウチュウロッポウ、長崎県でゴウベ・ボップ・ポップ、熊本県でムキ・スッコベ・バカコベ・コンノウ・ロッポウ、鹿児島県でツノコ・ヤチャ、沖縄県でチヌノマン・チヌマン・チノマン・カワハジャー・マブユと呼ぶ。

 

釣りのワンポイント

エサ取り名人と対決するのだから背筋をのばしてサオ先から常に目を離さない。明確なアタリを待たずアワセと同じタイミングで聞いてみることも必要。

 

ページのトップへ