週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

カツオ サバ科

 

 サバ科に属し、体長一・二メートル、体重二十キロに達する。世界中の温暖な水域に分布し、わが国では北海道以南の太平洋側に来遊し、日本海側には少ない。

 カツオの他に、東北・関東・沖縄地方でカツウ、関東・四国・九州地方でマガツオ、北九州でホンカツオ・ホンガツオとも呼ぶ。

 宮崎県ではカツオの大きさによって、呼び名を変え、オオカツ・ヤタ・カツ・ヤツ・ムツ・チュウマイ・コヤツ・ピンコ・ビンコ・ビンゴといい、静岡県でも同様にカギカケガツオ・ドンヤガツオ・サンゼンボウ・ナカマワシガツオ・コガツオ・トックリガツオ、また鹿児島県でも、トビトビダイ・トビダイ・ダイバン・チュウバン・ショウバン・ガラという。

 そのほか、北海道・北陸でマンダラ、秋田県でカジ、新潟・和歌山・高知県でスジガツオ、島根県でタテマダラ、山口県でスジ、福岡県でシマガツオ、東京都で小型のものをトックリ、高知県でオオガツオ・カットウと呼ぶ。
 体色は背側が暗青色、腹側が銀色で、腹側に数本の黒いすじがある。生きている時は、背中に四本の紫色の斑紋がある。近縁のハガツオはカツオによく似ているが、本州中部以南の沿海にすみ、歯が大きく、背側に黒いすじがある。秋から冬にかけて、山陰地方から九州地方にかけて、よく釣れる。この地方ではほんとうのカツオはほとんどとれないので、ハガツオをカツオという。そういうわけで、各地でカツオとハガツオの地方名が混称されている。

 相模湾などで遊漁船の対象になるカツオは、時季は春ではなく夏から秋であるが、一緒に釣れてくるソオダガツオ(ヒラソオダとマルソオダの二種がある)と区別して、特にホンガツオと呼んでいる。
 余談になるが九月から十月ごろにかけてカッタクリ釣りで豪快な引きを楽しめるホンガツオ釣りと同時期に好対象になるメジまたはメジマグロはクロマグロ(ホンマグロ)の幼魚である。


釣りのワンポイント

活きイワシを扱いて放水しながら釣るカツオの1本釣りも力がいるが、バケをおどらせながらたぐり上げるカッタクリ釣りはタナの見当がつけば面白い。

 

ページのトップへ