週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

カサゴ カサゴ科

 

 カサゴ科に属し、体長は三十五センチに達する。日本各地、朝鮮半島、台湾、中国の沿岸に分布し、岩礁や藻場にすむ。頭が大きく、眼・鼻・額・頚のそばに強い棘を持ち、ごつごつした感じを与える。体色は沿岸のもので黒褐色、沖合のものは暗赤色で、個体による差が大きい。

 東京都、神奈川県でカサゴと呼び、関西、和歌山、高知などは一般にガシラと呼ぶが、地方名が多く、メバル等の近似種との混称も多い。神奈川県でハチカサゴ、ハチツカサゴ・ツユアラワズ・ツラアラワズ、千葉県でアラカヅ・アラガツ、茨城県でアカゲ・アコウ、青森県でアカズイ・アカゾイ・ハチガラと呼ぶ。新潟県でチメ・ハチメ、富山県でハツメ・マハツメ、石川県でカイルバチメ・ガツトバチメ・ガンガンメバチ・カンカンメバチ、福井県でドッコ、京都府でアカホコという。

 鳥取県・島根県でメバリ・イソメバリ・ボツカア・ボツコウ・ガリ・アカナ、山口県でホウゴウ・ウドホウゴウ・カラカゴ・カラコ・ゴウチ・山口・福岡・長崎県でアラカブ、福岡県でアルカブ・オオアルカブ・モアルカブ・ゴウゾウ、長崎県でゴウザ、熊本県でガラカブ・カラカブ、鹿児島県でイソアラカブ・オキアラカブ・オキアラカサゴ・ゴツチョウ・ゴチョオ・シシホゴと呼ぶ。
 兵庫・岡山県でメバル、兵庫県・大阪府でアカメバル、兵庫・和歌山県でガシラ、広島県でカガナ、愛媛県でマホゴ・マンジノホゴという。高知県でフゴ・ガガニ、高知・和歌山県でガガネ、愛知県でアカウオ、静岡県でアコウ・ハチ、沖縄県でアカイユ・アカジンと呼ぶ。

 二才で成魚、十~十一月初旬に交尾し、十二~二月に仔魚を産出する。仔魚の産出数は一~二万尾。産出された仔魚は活溌に海中を泳ぎ、浮遊生活をするが、全長十七ミリに達すると底生生活にかわる。餌はエビ・カニ類、アミ類、多毛類、小型巻貝、小魚等である。底生生活に入ったものは縄張りを形成し、近ずくものに対し、威かく等の防衛行動をとる。
 千葉県大原、勝浦方面で釣れる大型のカサゴを釣人はカンコと呼び、伊豆七島でも沖合でカンコ、同属のアヤメカサゴ、近似のオニカサゴなどが釣れる。

 

釣りのワンポイント

岩碓につく根魚で浅いところではイソメやゴカイでも釣れるし、深い根魚釣りはサバの切り身、カツオの腹身、イカの夕ンザクなどで底すれすれを狙う。

ページのトップへ