週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

カマス カマス科

 

 カマス科に属する海水魚。体長は五十センチに達する。日本近海にはアオカマス・アカカマス・オニカマス・ダルマカマス・ヤマトカマスがすみ、一般に漁獲されるのはアカカマスとヤマトカマスである。体形が似ているので両者を区別せず単にカマスと呼ぶ場合が多い。食用とされているのは和名アカカマスである。

 アカカマスとヤマトカマスは体形・体色・ウロコ、腹鰭で区別できる。アカカマスの体は紡錘形であるが、ヤマトカマスはやや細い。アカカマスの背は黄色みがかった茶色で、ヤマトカマスは青色みのある濃い茶色。アカカマスのウロコは粗く、ヤマトカマスはこまかい。アカカマスの腹鰭は第一背鰭より前にあるが、ヤマトカマスは第一背鰭の真下か、やや後にある。アカカマスは東京・神奈川・新潟・富山・大阪・山口・高知・福岡・熊本・鹿児島ではカマスと呼ばれている。また、東京都ではホンカマスと呼ぶが、和歌山県ではアカガマス・アラハダ・アラハダカマス・ドロカマス・マガマス・ヤエカマスと呼ぶほか、幼魚をヤエガマス・ヤヨイ、四十~五十センチの大きなものをシャクハチ。

 さらに、高知県でアカカマス・オキカマス・ツチカマス、福岡県でナダカマス、長崎県でアカカマス、沖縄県でアカカマス・アカガマス・アカガマサー・アカマサ・アカマサーと呼ぶ。

 アカカマスの頭は先端が光り、眼が大きい。また、吻端が赤みを帯び、尾鰭の端がやや黒い。日本の中部から太平洋・インド洋の暖海に広く分布する。六~七月が産卵期で、卵の大きさは○・七~○・八ミリ、産卵後二十四から三十時間でふ化する。成長は早く、一年後に体長が二十五センチ、二年後に三十センチとなる。カタクチイワシ・エビ・カニを餌とする。一年中漁獲されるが、神奈川県では四月、瀬戸内海では十一月に最も多くとれる。
 南方マグロ漁場などでとれる大型カマス、和名オニカマスは沖縄近海にも現われる。英語名バラクーダ。凶暴で、肉に強い毒を含むことがあるので危険視される。
 他方、北半球北部にカマスに似た淡水魚パイクがあり、パイクは、重要な食用魚だが、海産のカマスとは縁が遠い魚だといわれている。

 

釣りのワンポイント

胴突のサビキ釣りもあるが、片テンでハリスの先に自転車のチューブのバケで釣る手釣りも面白い。底から段をつけて力ッタくるように上げてくると喰う。

ページのトップへ