週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

イワシ ニシン科


 ニシン科に属し、大きさは二十センチに達する。日本の各地、日本海沿岸、東シナ海に分布する。和名はマイワシであるが、ユワシともいう。一般にイワシと呼ばれる魚にはマイワシのほかにカタクチイワシとウルメイワシがあり、混同して用いられる場合が多い。マイワシの大きいものをオオイワシ・オオバ・オオバイワシ、中ぐらいのをチュウバ・チュウバイワシ、小さいのをコバという。オオバは東北地方の、オオイワシは関東・関西地方の、オオバイワシは九州地方の大きなマイワシの呼び名である。

 東北、関西地方でナナツボシ、宮城県でヒライワシ、宮城県・伊豆半島西岸でヒラ、福島県でヤシ、浜名湖でヒラレ、富山県でネコモリ、三重県でコビラ、和歌山県でカブダカ、兵庫県でオイワシ、瀬戸内海・高知県でヒラデ、広島県でオラシヤ、高知県でギンムシ、コベラ、シラサ、高知県・鹿児島県でヒラゴイワシ、沖縄県でヤマトミズーンという。幼魚を新潟県でオイサザ、ドオコ、三重県でトレンゴオ・ヒヨゴ、高知県でチリメンジャコ・ヒラゴ、有明海でイワシゴと呼ぶ。

 体は細長く、やや平たい。下あごが上あごよりやや出ている。体の側面に一列の黒点が並び、特に七個の黒点がはっきりしている。腹面の鱗が稜鱗と呼ばれる特殊な型をしている。

 瀬戸内海でマイワシというのはカタクチイワシのこと。この内海では和名マイワシはほとんどとれない。

 カタクチイワシは上あごより下あごが短いので見分けることができ、ウルメイワシは体が大きく、形が円筒形で、黒点がなく、腹びれの位置が背びれより後なので、容易に区別できる。 

 丹後の宮津、天橋立などの有名なキンタロ(金太郎)イワシまたはキンタル(金樽)イワシは特大のマイワシ。

 マイワシは巻き網、刺し網・地引き網・定置網などで大量に漁獲される日本の重要魚種である。産卵期は十二月から翌年の七月までと長く、本州中部以南の沿岸が産卵場で、卵は浮遊卵である。


釣りのワンポイント

相模湾では冬のl~2月ごろイワシの乗合船がでる。サオは魚がついたら海中に引きこまれるぐらいの柔いのがいい。おもりごと一気に船中に取りこむ。

ページのトップへ