週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

イシダイ イシダイ科

 

 イシダイ科に属し、シマダイともいう。日本各地の沿岸、朝鮮半島、南シナ海、ハワイに分布する。大きさは九十センチにも達し、暖海の岩礁地帯にすむ。

 東京都・神奈川県・新潟県・石川県でイシダイ、北海道・東北・関東・北陸・東海の各地方でシマダイ、関西・北海道・東北の各地方でハスと呼ぶ。

 秋田県でナナキリダイ、福島県でキンチロ・キンパチ、神奈川県でガダイ・ヨウダイ、静岡県でワサラビ・シマウオ、静岡県・福島県・紀伊半島でナベワリ、愛知県・新潟県でタカツキ、北陸地方でタカハ・タカバ・タカワ・タカンポ・タカンボ・ケンスケ、石川県でチンチン、福井県でチイバタコバ・チイバダコバ、北陸・山陰地方・愛媛県でサンバソウ、鳥取県でカタビラウオ・ヒシャクダンゴウ・ヒシャクダンゴウオ、鳥取県・三重県でナベ、島根県でナナシマ・マンバチ、三重県でクロメ、和歌山県でユワシナベ・ワサナベ・アサナベ・アサラベ・アサラエビ・シマバス・サンビキ、大阪でウミバス、淡路島でバス、広島でクロクチ、山口県でキョウゲンバコ・カグロ・チシャダイ、愛媛県でコリイオ、高知県でコロ・コウロウ・シマゴロ、福岡県でチシャ・ミツクリ、九州西岸でヒサ、熊本県でスサ、鹿児島県でシヤ・ヒシャ・シャノヒシャという。

 体はひらたく、うろこは小さい。口は小さいが、歯はナタの刃のように厚く、ウニ・フジツボ・サザエのような堅い殻をもかみ砕く。大きさ三センチ以下の幼魚は赤茶色の体色で、流れ藻の下にすむが、四~五センチになると藻を離れて沿岸に寄り、黄色の地に黒色の七本の横縞をもつようになる。歯も丈夫になり、この頃の稚魚は泳いでいる人の横腹・足などをつっつく。十センチ位のものは体に黄色味がなくなり、淡い青灰色の地色となる。成魚になると七本の黒い縞はほとんど消え、目から口のまわりが黒くなる。

 産卵期は初夏で、○・九ミリの卵を日没時に産卵する。成魚はうきぶくろを伸縮させてよく鳴く。水族館で飼われているものは訓練によく耐え、種々の芸を披露している。イシダイと同じく磯釣りの大物として知られているイシガキダイは、形はイシダイとほとんど同じだが、模様が斑点で、ちょうどトラとヒョウのような関係だという人もいる。

 

釣りのワンポイント

オキアミを使ったメジナのウキ釣りに食ってくることもあるが、本来は捨てオモリ式のブッコミ釣りでハリスはワイヤ、ハリも頑丈なもの。大きく合わせる。

ページのトップへ