週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

イサキ イサキ科

 

 イサキ科に属し、イサギとも呼ばれる。大きさは三十五センチに達する。本州中部以南の暖かい海にすみ、南シナ海、東南アジアまで分布する。

 関東・北陸・山陰・沖縄でイサキ、また、関東・中部・北陸・近畿・山陽・四国・九州でイサギと呼ぶ。

 東北地方でオクセイゴ、神奈川県三崎でクッカ・クロブタ、相模湾でハカタイサギ、伊豆半島西海岸でコシタメ、愛知県豊橋でウズ、福井県でバンセキ・ボンボロ、北陸・山陰地方でエサキ、三重県でトビ、三重県・和歌山県でムギウライサギ、和歌山県でウドンブシ・カジヤコロシ、広島県でサミセン・テンツン、山口県でムギウラシ、高知県でイセギ・シャクアジ・シャクワダイ、九州地方でイッサキ、宮城県でハンサコ、鹿児島県でハタザコ・ハンザコ、奄美諸島でクチグロマツ・マツと呼ぶ。
 大きさ二十センチまでの若魚には体に黄色の縦じまがあり、十センチ台のものをウリンボとも呼ぶが、相模湾ではシマイサギ・スジイサギ、瀬戸内海東部でスサメ、紀伊半島でウズムシという。

 非常によく似た魚にシマイサキ・コトヒキがいるが、これらはシマイサキ科に属し、ともにうきぶくろを伸縮させてよく鳴く。イサキは鳴かないので両者と区別できるが、形・なまえの上で混同されやすい。

 口は小さく、鱗も小さい。体色は灰黒色であるが、若い時には淡褐色の三本の縦じまがはっきりしている。ひれのとげと骨は堅く、食べる際に小骨をのどにたてやすいので、昔から注意されている。和歌山県でカジヤコロシというのは、イサキの骨をたてて鍛冶屋さんが死んだのかもしれない。

 昼は海藻のある海底にひそみ、夜になると表層に浮かびあがって餌をとる。夜でも満月の場合は活発に行動しないことが知られている。

 産卵期は初夏で、大きさ○・八ミリの透明な浮遊卵を産む。ゴカイ・エビ・カニなどを餌とし、夏によく釣れる。定置網でも漁獲される。

 

釣りのワンポイント

サビキ釣りとビシ釣りがあるが、後者の方が大型がくる。ただし、タナを見きわめるのが大事。コマセは一気に振り出さずトロトロと流れるのがいい。

 

ページのトップへ