週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

ヒラメ ヒラメ科


 ヒラメ科に属する海水魚。全長は八十センチに達する。サハリン以南の日本の太平洋側・日本海側のほか、朝鮮半島・東シナ海に分布する。
 和名のヒラメは東京・神奈川・新潟・富山・紀伊・山口・高知・有明海での名。ほかに関西・四国・九州地方でカレ、東北・関西地方でオオクチカレイ・オオグチカレイ・オオグチガレイ、関西地方でオオクチカレ・オオグチカレ・オオクチガレ。紀伊半島・中国地方・愛媛県でオオクチ、有明海・鹿児島などでカレイと呼ぶ。
 北海道でテックイ、山形県でマガレイ、富山県でオホガレ・ハガレ・バカレイ・ミビキ・メビキ、福井県でバカガレイ、鳥取県でハタタガレ、山口県でオオガレイ・オオグチ、山口県・有明海でヒダリグチ、有明海でカイワ・マガリイワ、有明海・青森県でカルワ、福島県でマビラメ、千葉県・神奈川県でソゲというのは一キロ以下のものをいう。神奈川県・三重県でハスガレ、静岡県でハス、三重県でオオバス、和歌山県でホンガレイ、徳島県でホガレイという。
 体は偏平で、長楕円形をしており、眼は体の左側にある。口は著しく大きい。鱗は小さく、左側は櫛鱗、右側は円鱗である。体色は左側が暗褐色で斑紋があり、右側は白色。養殖されたヒラメには、左側に大きな白色部分があったり、右側に暗褐色部分が出たりするものがある。
 産卵期は春で、本州中部以南では二~五月、東北地方・北海道では六~七月。雌は体長が四十センチ、雄は三十センチぐらいから成熟する。卵の大きさは一ミリで、水温20度で四十時間、15度で五十時間たつとふ化する。ふ化仔魚は二・四~二・九ミリの大きさで、眼は体の両側にあり、水深20メートルのところで浮遊生活を送る。体長が十~十三ミリになると右眼が背中に移動し、岸近くの底にすむようになる。体長十三・二ミリになると右眼は体の左側に移動し、河口域にすむ。右眼の移動が完了するのはふ化後二十四~五十日である。

 

釣りのワンポイント

活きイワシのエサで仕掛けも片天式、遊動式といろいろ工夫されている。ハリス分だけ底から上げ静止して待つ。最初のアタリであわせず引き込みを待つ。

ページのトップへ