週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

ヒラマサ アジ科

 

 アジ科に属する海水魚。体長は一・二メートルに達する。北海道の日本海側から本州・四国・九州および朝鮮半島の南部・西部に分布する。和名のヒラマサは東京都・神奈川県・高知県の名。ほかに関西・九州地方ならびに新潟県・高知県でヒラス、京都府・鳥取県・愛媛県でヒラと呼ぶ。
 新潟県でアカユ・シヨノコ・セントク・ハチ、富山県でヒラバタケ・マヤ、福井県でへラ、島根県・山口県でヒラソ、東京都でマサ、三重県でシオ・ヒラブリ、和歌山県でマサギ、広島県でヒラサ、高知県でハマス、鹿児島県でテンコツ・ヒネゴ、奄美大島でヒラソウジという。
 ブリと同じように体の側面に濃い黄色の線をもつが、体はやや平たい。

 長崎県・高知県では四月中旬から五月に産卵する。抱卵数は137~376万粒で、卵の大きさは約一ミリである。水温十九度で三日半、二十三度で二日半たつと卵はふ化する。
 ふ化仔魚の大きさは全長三・五ミリで、口は開いていないが、紅門は開いている。二日目に四ミリとなり口が開く。五日目には全長が四・五ミリとなり一個の鼻孔が開く。全長が七ミリの大きさになると鼻孔は二個に分かれる。

 全長二十五ミリ~三十ミリの稚魚には四~七本の不鮮明な横縞が現われるが、成長とともに八~十本にふえ、さらに成長すると消失する。

 ブリよりも成長が速く、一才で四十センチ、二才で六十五センチ、三才で八十三センチ、四才で九十五センチとなる。
 主な餌はカタクチイワシ・アジ類・サバ類・アミ類・スルメイカで、沿岸を回遊していると考えられている。ブリよりも高級とされ、刺身として賞味される。
 ブリよりやや暖海性が強く、南日本の沿岸を群をつくって泳ぎ回る。岸辺に寄ることもあり、磯釣の花形になりつつある。
 ハリ掛かりしたときの引きは豪快で、青いスプリンターともいわれ、北洋のキングサーモンに匹敵する。そういうときは走るだけ走らせ、弱らせてだましだまし引きよせることが肝心だ。

 

釣りのワンポイント

船からの釣はアジの活き餌釣りもあるが、ミンチのコマセ、あるいはカモシ釣りにくる。船頭の指示するタナでドラグはよく調節し、魚の走りに倣える。

ページのトップへ