週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アラ スズキ科

 

 アラは、四国・九州で《オキスズキ》とよぶ。スズキ属とマハタ属の中間種のような体形で、スズキよりは頭部が尖って大きく、《ハタ》の類のものより体は細長い。ロは大きいが、鱗は細かく、背部は灰色がかった紫色。腹部は銀白色。大きな鮒蓋には鋭い数本の棘がある。若魚の体側には、鮮やかな緑褐色の一縦帯があり、吻端から尾柄部まで達している。幼魚は砂泥帯に棲み底引網でとり、練物の材料にする。成魚はやや深海性で、沖合の岩礁帯に棲むため、延縄でとる。味はかなり良い。北海道以南~フィリピンまで分布し、成長して一メートル近くになる。
 アラの語源は、この魚の荒々しい習性、外貌などによるものと一般に考えられ、漢字も「魚荒」をあてている。ところが大言海には、「その語源知られず」としてあり、他の文献にも語源にふれたものはない。ハタラ魚名の《アラ》は、体表に「斑」のある魚の意でハタ・タラ・アラはいずれも、「斑」を語根とする同義呼称と思われる。

 ハタ亜科の総称アラについて、内田博士の著書「さかな異名抄」に、「アラという魚名は、和名と地方名とで魚が全く違う。和名アラを長崎では、タラ・オキダラ・スケソウとよび、熊本でも、タラとよぶ。タラ科のタラとは縁の遠い魚だが、……長崎近海でスケソオがとれるというので、試験船を出して調査したら、地方名スケソオは和名アラであった。西日本で普通に使われる魚名アラは、東日本のハタに相当するもので、スズキ科のうち、ハタ亜科の総称である」としてある。
ハタ・タラ・アラは、同義呼称で、アラとは、ハタラ←アラと縮小転訓した呼称ではなかろうか。

 アラは地方によりいろいろな呼び方をされている。「ホタ」(大阪・和歌山)。ホタは朽木・切株・大きな倒木などの意があり、大きくてあまり役にたたぬ魚」の意らしい。「ヤリモチ」(島根・広島)。若魚の呼称で、若魚の体側にある鮮やかな緑褐色の太い縦帯を槍とみて呼ぶのか、あるいは鯛ぶたの鋭い練を槍とみて呼ぶのかも知れない。

 

釣りのワンポイント

水深150メートル前後でオニカサゴの釣り方と同じだがタナは少し上の方がよい。ゆっくりシャクッていると、向うアワセでいっきに食いついてくる。

ページのトップへ