週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アナゴ アナゴ科

 

 アナゴ科に属し、雄は四十センチ、雌は九十センチに達する。北海道の函館以南の各地沿岸に分布する。和名のマアナゴは東京、神奈川県三崎方面の呼び名である。北海道・東北地方・北陸地方・山陰地方ではハモと呼ぶ。富山でスジアナゴ・ハム・ヨネズ、東京・神奈川でカリメ・ハカリメ、勝浦でトヘイ、神奈川・宇和島でホンアナゴ、名古屋・三河・伊勢でメジロ、伊勢湾でシロメジロ、紀州田辺でキンリョウノメ・タチウオクラゲ、ハカリノメ、瀬戸内海・長崎でホシアナゴ、小野田でゴマ、岡山でベラタ、高知でメバチ・ノレソレ、川之江でビリス・ベエスケ、有明海でドグラ、鹿児島でドテダオシという。
 ウナギと同類で、体は細長く腹びれはなく、背びれ・尾びれ・しりびれがつながっている。ウナギと比較して、目や口が大きく、尾は細長い。鱗はない。体の側線上と、その上にもう一列の白い点が規則正しく並んでいるのが特徴。これを「さおばかり」の目盛に見たてて、ハカリメ、ハカリノメ、キンリョウノメと各地で呼ばれている。
 秋から冬にかけて生殖腺が成熟してくることが知られており、産卵され、ふ化した仔魚は柳の葉状のレプトセファルスと呼ばれる稚魚に成長して、神奈川・紀州・瀬戸内海・四国の各地沿岸に冬から春にかけて現われる。この稚魚は春に体が縮小して、ウナギ形に変態し、浮遊生活から底生生活に移行する。タチウオクラゲ・ベラタ・ノレソレ・ビリスはアナゴの幼魚の地方名である。

 代表的な夜行性の魚として知られており、昼は内湾の海藻の茂った砂泥底に、じっとしていたり、穴の中から頭だけ出していることもある。夕方になると活動を開始して、小魚・エビ・カニを襲い、時に共喰いもする。朝四〜六時になると再び海底で休息する。水槽内に土管を入れるとすぐに中に入るので、海中でも穴があればそこに住みついているらしい。穴子の名はそれに由来するといわれている。
 近縁の種類にギンアナゴ・クロアナゴ・ゴテンアナゴ・オキアナゴなどが知られているが、マアナゴの漁獲が最も多く、美味なので、すし、天ぷら、蒲焼の材料として使われている。

 

釣りのワンポイント

むし暑い曇天暗夜が絶好の釣り日和。地底にいる魚だからエサは底におかなければならない。トントンと底をたたいてキキアワせるか、底をひきずってみる。

ページのトップへ