週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アマダイ アマダイ科

 

 アマダイのなかまは日本近海でアカアマダイ、キアマダイ、シロアマダイの三種が知られている。水深三十~百五十メートルのやや深い砂泥底にすむが、シロアマダイは最も浅いところ、水深三十メートル前後に多く、次いでアカアマダイ、キアマダイの順で深いところにすむ。大きさはシロアマダイがいちばん大きくなり体長五十センチに達する。次いでアカアマダイ、キアマダイの順になる。
 山形県以南の日本海側・関東地方以南の太平洋側にすみ、東シナ海にも分布する。
 和名のアカアマダイは和歌山県・長崎県における名。日本海側ではアカクジダイ・アカコビル、東京都・神奈川県・新潟県・富山県・和歌山県・高知県・福岡県を含む各地でアマダイ、大阪府・島根県・山口県・愛媛県・福岡県・宮崎県を含む西日本でクズナ、北陸地方でクジダイという。富山県でクズ・クズダイ・グチダイ・石川県・福井県でクジ、京都府でアカクヅナ・グジ、鳥取県・島根県でコビル、山口県でアマ・バトウ、長崎県でアカクヅナ・アカコズナ・キンクズナと呼び、静岡県でオキツダイ・アカッペ・グシ・グジ・ゲソコ・ブドウサン、兵庫県でナベクサラシ、高知県でアカビタ・ビタ・ピダ、愛媛県でコズナ・スナゴ、宮崎県でコズナ、鹿児島県でアカクツナ・アカクヅナ、沖縄県でアマミ・イヅキンという。

 体はやや長く平たい。眼の後ろに三角形の銀色の斑紋がある。アカアマダイの体色は赤いが、尾鰭に五~六本の黄色の線がある。若狭湾の雌は全長二十三センチ、雄は三十二センチに達すると成熟し、産卵に参加する。産卵期は夏~秋で、70〜100メートルの海底で行われる。
 卵は受精後、四十時間でふ化し、ふ化した仔魚の大きさは2ミリで、大きな卵黄を持ち、口はまだ開いていない。ふ化して三日後に全長は2.2ミリになり、口が開く。全長3.5ミリごろから体に小突起が現われ、9.9ミリごろには体のほぼ全体に広がり、後に消失して、かわりに鱗が発達してくる。
 一才で全長が十六~十九センチ、二才で二十二~二十三センチ、三才で二十五~一一二十六センチ、四才で三十センチに成長する。成魚は海底の砂泥質の部分に穴を掘って、その中で生活し、小型の魚類・甲殻類のほか、ゴカイ類、貝類、イカ・タコを餌とする。


釣りのワンポイント

オモリが底についたらハリス長の4分の3ほど巻き上げ、しゃくりの動作をくりかえす。底べったりの魚だということを忘れずに誘う。エサはオキアミかイソメ。

 

ページのトップへ