週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アコウダイ フサカサゴ科

 

 アコウダイはフサカサゴ科に属し、大きさは六十センチに達する。太平洋側では茨城県から高知県まで、日本海側では新潟県から山口県まで分布する。相模湾、駿河湾の深海で多く漁護される。
 秋田県でアゴウ、富山県でアカウオ、神奈川県でアコウ、東京でメヌキ、東北地方でメヌケと呼ぶ。

 頭に棘が多く、ゴツゴツしている。目と口は大きい。全身が真っ赤で、腹膜と鰓蓋の内側が黒いのが特徴である。
 深海の岩礁地帯にすむ卵胎生魚。十二月から四月の産卵期には水深二百メートルから四百メートルぐらいの浅い所に移動し、そこで子を産む。
 近縁種にオオサガ(別名コウジンメヌケ)、サンコウメヌケ、バラメヌケなど、東北、北海道の太平洋側深海から多く漁獲されるメヌケ類がある。
  オオサガは釧路でキンキン、男鹿でサガ、岩手県でマエブカと呼ぶ。サンコウメヌケは北海道でサンゴ、サンゴオメヌケ、釧路でムロランサガ、岩手県でヒカリ サガ、塩釜でマメヌケ、仙台でサンゴメヌケと呼ぶ。バラメヌケは北海道でガメサガ、パテ、バラ、バラサガ、岩手県でバガサガ、秋田県でサガ、宮城県でバラヌケと呼ぶ。
 このような真っ赤な色の深海性魚類は水圧の大きな深海にすむため、漁獲され、水面に引き上げられると、急激な減圧の影響を受け、目が飛び出すので、目抜けと称する。
 魚類は普通、雌は卵を産み、雄が精子を放出して、体の外で卵と精子がいっしょになり、受精卵となる。受精卵は発生して子となり、卵膜を破ってふ化し、仔魚となる。このような魚を卵生魚と呼ぶ。
  アコウダイのように仔魚を産む魚を卵胎生魚と呼ぶ。卵胎生魚は雌雄が交尾し、雄は雌の体内に精子を入れる。雌の体内に入った精子は、卵の成熟をまって、卵 といっしょになり卵を受精させる。受精卵は体外に産み出されることなく、雌の体内で発生が進み、仔魚となる。この仔魚が雌から産み出されるのである。

 

釣りのワンポイント

ハリにエサをチョン掛けにし、船くりに並べておき、船頭の指示で順々に仕掛けを投入する。アタリがあってもすぐに巻き上げず、サオ上げの合図を待つ。

ページのトップへ