週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

アジ アジ科

 

 アジ科に属し、農林水産省の統計表ではマアジとされている。大きさは四十センチ位にまで成長する。北海道以南の日本各地沿岸、沖合及び大洋中の島の周辺に分布する。
  一般にアジと呼ぶが、アジ類の漁獲が多い地方では、他種と区別するためにマアジ(和歌山県・高知県・島根県)またはホンアジ(和歌山県)ともいう。三浦半島、紀州剛辺、広島でアカアジ、茅ケ崎でクロアジ、神奈川でノドグロ、秋川・富山でアズ、和歌山でオニアジ・ヒラアジ・トッカアジ・トッカワ、串本でアルアジ、熊野でグイ、神戸でマルワリ、柄でメダアジ、宇和島でオハナアジ、高知でトッパ・トッパクァジ、鹿児島でキンベアジ、奄美でガソン、沖縄でミンチャ とよぶ。味の落ちた大きなものを相模湾でシモフリアジ、和歌山でオオアジという。幼稚魚は東北でヒヨッコ・ヒョッコ、館山でジンダゴ、相模湾でジンダ・ジンダッコ・カキノタネ、伊豆半島・広島・四国東側でゼンゴ、和歌山でアジジャコ、奄美・沖縄でガツンと呼ばれる。
 体側の中央部に楯鱗とよぶ一列 の硬い鱗をもっているのが特徴。この鱗をゼンゴとよぶ地方もある。しりびれの前に2本の強い練を持っているので、生きているアジを不用意につかむと、手を刺される恐れがあるので注意を要する。小〜中型のアジには沖合回遊群と瀬付き群の二群が知られており、沖合回遊群はクロアジ、瀬付き群はキアジと呼ばれ る。漁獲量はクロアジが多く、味はキアジの方が美味である。

 産卵期間は一〜十一月で、千葉県での盛期は五〜六月、南へゆくほど、その期間は長くなる。産卵は夜で、三十数時間後にふ化する。稚魚は東支那海や八丈島で二〜三月に、北海道では八〜九月に出現する。稚魚期には流れ藻などの下について漂流 し、若魚群は沖合の表・中層を遊泳し、微小プランクトンを摂餌して、成長する。成熟するのは満二才前後である。
生きたアジは関東でタタキ料理として賞味されているが、九州西方で捕れたアジには腹部にアニサキス幼虫が寄生している場合が多いので、生食は危険とされている。アニサキス幼虫は人間の胃及び腸に穿入し、アニサキス症を起こす。

 

釣りのワンポイント

その日のタナを早くみつける。通常は底から3~6メートル。タナの50センチ下でコマセを振りタナまですうっと上げてハリをコマセの霧の中に入れる。

ページのトップへ