週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

秋の好季到来! 伝統釣法でマダイを楽しもう【上総湊港/加平丸】

シャクリマダイ/加平丸伝統的なシャクリ釣りだけでなくひとつテンヤ・鯛ラバでも狙えます!

ファン待望のシーズン到来!

釣りのターゲットとして「王様」とも称されるマダイ
その人気を裏付けるように、数多くの釣法が存在する。
9月10日(土)、手バネによるシャクリ釣りの聖地内房・上総湊加平丸から、シャクリ釣り、リールを使用したひとつテンヤ&鯛ラバの釣行を取材した。

シャクリマダイ/加平丸鯛ラバ/加平丸
手バネやひとつテンヤ、鯛ラバを使用。

当日は3人のマダイファンが集まり、ひとつテンヤで狙う韓さんが左ミヨシに、右トモに髙橋宏通さん。鯛ラバとひとつテンヤを駆使する石井聡さんが左トモに座り午前6時に出船。

湊川河口を出ると、まずは海中に保管している活エビを引き上げる。同地では活エビを使用する。活エビを確保し、保管する手間は想像に難くないが、乗船した3人は皆「活エビは、冷凍と比べてエサ持ちがいい」と口をそろえる。

エサ持ちがいいことは、ヒットチャンスが長くなるだけでない。「キャストして広範囲に探るので、このメリットは大きい」と髙橋さん。

エサを積み込み20分ほどで、竹岡沖へ。「水深28メートル。19ヒロです」と山田孝一船長から声が掛かり開始。

石井さんは「活性の高い時間帯の朝イチは鯛ラバで」と60グラムの鯛ラバを選択。
髙橋さんは、8号のテンヤをキャストし、韓さんは8号でオーソドックスに真下へ落として狙う。船長は手バネのシャクリ釣り。

7時前に石井さんの鯛ラバに「フォールからリール10回転位の上の方で食いました」と船中1尾目。石井さんのリトリーブスピードはかなり速めで、はじめは「鯛ラバを回収しているのか?」と勘違いするほど。

鯛ラバといえば、両軸で真下に落としてスローに巻き上げて食わせるイメージが強いが、石井さんはスピニングタックルでキャストして探り、速い潮に合わせて、リトリーブ時の抵抗の強さから最適のスピードを探るという。
その結果、今回はこの速め巻き上げがマッチしたよう。石井さんがその後、マゴチもキャッチ。

テンヤ勢は、フグなどのエサ取りが多いようで、貴重な活エサをぼろぼろにされることもしばしば。鯛ラバのネクタイやスカートもフグにかじられ短くなっている。
「きょうは鯛ラバかあ」髙橋さんが漏らす。
エサ取りにも強く、巻く速さで速潮にも対応できる鯛ラバが有利に思えるが、「しばらくすると潮が緩んで食いが落ちてくるので、活エサが効く展開になる」と石井さん。

8時に、秋の定番ポイントという鴨居沖の、水深32メートル(21ヒロ)へ。ここでも鯛ラバが効果的なようで、フォール中のアタリをキャッチして石井さんが2.7キロをゲット

バスフィッシングで全国を釣り歩いたという石井さんは、現在マダイ一筋。
「バスは10回アタリがあれば、8回はキャッチできるが、タイはそうはいかない。また特有の3段引きもたまりませんね」と、今ではマダイを求め全国で楽しんでいる。

ひとつテンヤの髙橋さんも小型ながらも本命を追加

シャクリマダイ/加平丸シャクリマダイ/加平丸
(左)鯛ラバを駆使してマダイを次々ヒットさせる石井さん。
(右)エサ取りの猛攻をしのぎながらテンヤでマダイをかけた高橋さん。

10時、久里浜沖へ。水深は32メートル(22ヒロ)。

手バネで狙う船長は、2つの目印が水面にきた位置から、糸巻きから6回転イトを出してタナを取り、約30秒に1回程度の間隔でシャクリ上げ、竿を振り下す。
しばらくすると、ビシっと竿を立て、素早く別の手でイトを手繰り、二手三手とアワセを入れてマダイを上げた。

11時頃、潮止まり直前にチャンスタイムとなったようで、手バネの船長は連発
下げ潮に転じた、午後0時半、「昨日最後にやって3尾上がったところへ行きましょう。少し走りますよ」と、浦賀水道のポイントへ。

葉などが流れており、「こういうのが流れているときは、いい潮じゃないんです」と船長。
しかし、しばらくすると、気にならなくなり始め、石井さんの鯛ラバにヒットしてドラグが鳴ると、隣の高橋さんからも同じ音。

先に掛けた石井さんが2キロ級、高橋さんがひとつテンヤで上げたのは3.8キロ
「石井さんに数では負けたけど、型では勝てたね」と笑顔。

その後も石井さんは3キロ級をヒットさせ7尾で竿頭
「やっぱりマダイは面白い。大満足」と存分に楽しんだ様子。

シャクリマダイ/加平丸この日はマダイ4~6尾。秋の好季到来です。

午後2時沖上がり。船中釣果は鯛ラバで6尾手バネで4尾。釣法で数に大きな差はなかった。
秋の好季を迎え、やったことのない釣法で狙ってみるのも面白いはず。
きっと新しい発見があるに違いない。

【船長のコメント】……「ひとつテンヤや鯛ラバの人は増えていますが、機会があれば手バネのシャクリ釣りも経験してほしいです。9月20日前後は、カワハギやカサゴなどゲストも多く、初めての人にもお勧めです。『リール釣りから手バネへ』という人が増えると面白いですね」

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船今回乗船した釣り船
加平丸(かへいまる)
加平丸
内房エリア上総湊港
富津中央IC(館山自動車道)
上総湊駅(JR内房線)
伝統的な手バネで楽しめるシャクリマダイ釣りはレンタル無料
大船長の腕はもちろん、技や知識を受け継いだ若船長は絶対の自信を覗かせる。シャクリ釣り大会で表彰台を独占するなど実績抜群! 伝統の技を習得するなら加平丸で決まり♪
シャクリマダイ釣り 出船予定11,300円/人~
【平日/土日祝】シャクリマダイ釣り(仕立可)

【平日/土日祝】シャクリマダイ釣り(仕立可)

【平日/土日祝】シャクリマダイ釣り(仕立可)

【平日/土日祝】シャクリマダイ釣り(仕立可)

ページのトップへ