週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

シルバーウィークにおすすめ東京湾LTアジ釣り【新山下/黒川本家】

LTアジ/黒川本家山田さんにかかった良型!

半日船でお手軽アジ釣り♪

8月28日(日)、東京湾横浜山下橋の黒川本家から午前LTアジ船で出船。

台風10号の接近にともない、天気は曇り時々小雨。北東風が吹いているが釣りには支障なさそう。

出船は7時なので、6時30分までには到着していたいところ。当日は6時45分に乗船する人もいたが、ぎりぎりになる時は、船宿に一報入れよう

右舷5人、左舷4人が入り三村恭介船長の舵で定刻に出船。10分で水深15メートル程度のポイントに着き、「下から2.5~4メートルでやってみてください」のアナウンスで開始。

各自イワシミンチを30号のビシカゴに詰め、赤短をハリに付けて仕掛けを投入。指示ダナまで軽くコマセを振ってアタリを待つ。

LTアジ/黒川本家今日はどれくらい釣れるだろう。投入直後のわくわくする瞬間。

5分後、右舷ミヨシの亀山和秀さんにファーストヒットで20センチ級の本命を取り込み「脂が乗っていそうですね。東京湾のアジが美味しくて好きです」。

その隣は4人で来ていた細谷昌樹さんらで、貸し道具で経験が浅いながらすぐにゲット。

常連の酒井修さんが指南役をかってでて、緒方理恵さん、遠山佳奈さん、山田紗都子さんら女性陣にもていねいなレクチャーで、皆がゲット。その合い間に酒井さんもしっかり本命を上げている。

LTアジ/黒川本家LTアジ/黒川本家(左)的確な指導をしていた酒井さん。
(右)女性陣では1番目に掛けた緒方さん。

台風による風の影響で前日よりも水温が3度以上も下がったようで、反応はあっても食いが渋い。

アタリがあってもそのままではハリ掛かりせず、聞きアワせないとバラしやすい。取り込んでからも暴れる魚が少なく、水温低下による活性の低さを感じる。

いいときは半日で80尾くらい釣れるんだけど」と、もらした地元の伊藤祐一さんは、隣の川原徹さんと毎週通っている常連。渋いながらも一荷を交えて数を伸ばしていく。

圧巻だったのは、右舷トモの三田正樹さん。2本竿で次々と上げており、「この横浜沖のアジは最高に美味しいね。ほかとは違うと思います。小型は特に美味しいし、30センチのも脂がしっかり乗っていて抜群です。コマセを撒けば釣れる、という日もありますが、そういう日ばかりではなく、そこが奥深くて面白いですね」。沖上がりの11時すぎまでに42尾で当日の竿頭だった。

下船後、細谷さんらは魚の下処理が分からないとのことで、女将から簡単にさばける方法を教わっていた。魚を触るのが苦手な女性がいたが、難なく内臓を出し、皮をはぐなど、手順を覚えていた(混雑状況により教えられない場合がある)。

LTアジ/黒川本家下船後に魚のさばき方をレクチャーしてもらいました!

なお午後船のほうが活性が上がったが、釣果的には同様で、通しで乗った三田さんが43尾で竿頭だった。
(週刊つりニュース関東版/本紙・青砥一生)

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船今回乗船した釣り船
黒川本家(くろかわほんけ)
黒川本家
東京湾(横浜)エリア新山下
山下町IC(首都高速3号狩場線)
元町・中華街駅(みなとみらい線)

リーズナブルでお手軽感覚な価格帯が人気
黒川本家に通われる釣り人の2割強が電車釣行とのこと。車でのアクセスはもちろんですが、横浜という土地柄、気軽に行ける度No.1の船宿さんです! 初心者でもしっかり楽しめるよう、最低限の説明を毎日開催しているので、ぜひお気軽にご予約を!
LTアジ釣り 出船予定6,000円/人~
【午前/午後】LTアジ釣り(仕立可)

【午前/午後】LTアジ釣り(仕立可)

【午前/午後】LTアジ釣り(仕立可)

【午前/午後】LTアジ釣り(仕立可)

ページのトップへ