週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

美味シロイカ近場浅場で良型連発!【浜坂港/旅館日本海・飛龍丸】

シロイカ/旅館日本海・飛龍丸

永田まりさんにかかった良型!

天然温泉旅館オーナーの釣り船で楽しむシロイカのカカリ釣り

シロイカタックル/旅館日本海・飛龍丸夜釣りが楽しみなシーズン。今シーズンは早くからにぎわいを見せている日本海のシロイカ釣り

8月1日、食べて美味しい大人気のイカ釣りに今井浩次さんと訪れたのは、シマノ探見丸システムを搭載した兵庫県浜坂旅館日本海・飛龍丸

 

今シーズンの日本海の船シロイカ釣りは、釣期に入るといきなり良型が上がり、数も釣れてお土産には申し分のない日々が続いている。


日中の暑さを逃れるように、涼を求めて夜釣りに出かけた今井浩次さんは、午後6時に兵庫・浜坂港から出船した。


浮きスッテで狙うシロイカ釣り。今井さんが持ち込んだタックルは、サオがシマノ・YOIKA BBの64M210、リールが同・フォースマスター400浮きスッテ2.5号の7本バリ仕掛けオモリは40号


浜坂のシロイカ釣り場は港からすぐ。日没に合わせてゆっくり走っても20分ほどで、切り立つ海岸線を目の前にしながら、潮の緩いワンドでアンカーを入れる。


薄暗くなってくると集魚灯がつき、シロイカ釣りの雰囲気が出てくる。水深は30メートル弱と浅い。流れも緩いので、オモリ40号でもミチイトはサオ下に延びて釣りやすい。


船べりのマットにひっかけている浮きスッテを慎重に下ろしていく。着底したら、電動リールの自動巻き上げスピードを2~3に設定して、ゆっくり巻き上げていく。


日没直後のシロイカのタナは、底近くであることが多い。10~15メートル誘い上げたところで、再び底まで下ろして誘い直す。
アクションなしでそのまま誘い上げるとアタリはない。そこで今井さんはいろいろな動きの誘いをかけていく。

 

シロイカ/旅館日本海・飛龍丸シロイカ/旅館日本海・飛龍丸

探見丸にベイトの反応が出てくると有望。


船べりのサオ受けにセットしたまま、サオをグンッと立てて戻す誘い。ミチイトをつかんで腕を振るように小刻みにシェイクする誘い。ときには手持ちザオにして、サオで小刻みにたたいて誘う。


誘ったあとは動きを止め、仕掛けを落ち着かせてシロイカがスッテに抱き付くタイミングを作る。


浮きスッテ赤白をはじめ赤ハチマキ薄緑の蛍光などをセットして、状況による当たりカラーを探る。


集魚灯がつき、時間の経過とともに小魚が回ってきて、探見丸に魚影が映し出されるはずなのだが、どうも底近くで反応が出るだけで、中層には映らない。


総体に小魚が回ってくると、小魚の少し下を探るのがいい探見丸で確認しながら小魚が浮いてくるに従い、シロイカ狙いのタナを上げていくのが、ベストなタナ合わせになる。


しかし底近くでしか反応が出ない。今井さんは合わせるように底を探る。
 

ゆっくり巻き上げ始めると、グイグイッとサオ先が押さえ込まれた。グラスソリッドのサオ先は、シロイカに違和感を与えないまま、しっかり抱きつかせる。


64Mの胴調子は、サオ全体、そして胴でしっかりシロイカの抵抗を受け止めて、きれいなカーブを描く。


一番上の浮きスッテに抱きついたシロイカは、胴長30センチ強の良型。これが日本海サイズである。

 

シロイカ/旅館日本海・飛龍丸シロイカ/旅館日本海・飛龍丸

アタリがあっても少し待っているとダブルに。


小魚の反応が渋い状況の中、底近くでアタリが続く。シロイカは回遊してくるようなイメージで、アタリが出ると連発し、しばらく落ち着いた時間が過ぎる。


手持ちザオにして誘いをかける。グングンとのされかけるほど強烈な一発目の引き。耐えている今井さんは笑顔であり、「お~お~」とシビレている。


夜が更けてくるにつれて、シロイカのアタリが多くなってきた。それでも底近くばかりで、今井さんは巻き上げストップの放っとき釣法に変更。底ばかりを重点的に探るというわけだ。


穏やかながら少しの揺れが誘いになっているのか、放っとき釣法でアタリが続く。シロイカが掛かるとサオが曲がって引きを吸収。少し待って上げてみると、30センチクラスのダブル。乗ってくる浮きスッテはバラバラで、当たりカラーを見つけるほどではなかったが、退屈しないペースで続く。


胴長37センチは圧巻のド迫力。アタリ、引き込みからナイスサイズと分かってしまうほどだ。
そして周期的なシロイカのアタリが遠くなったところで納竿とした。


日によって小魚が回遊し、シロイカのアタリが間断なく出ているので、まだまだ好シーズンは続いていく。
(週刊つりニュース関西版/本誌・谷伸一)

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

旅館日本海/飛龍丸(ひりゅうまる)

(7~10月限定)夜のシロイカ釣り仕立プラン

(7~10月限定)夜のシロイカ釣り仕立プラン

夕方から出かけて真っ暗な海で明かりを灯し、シロイカ(ケンサキイカ)を狙って出船します。ヤリイカよりも胴がやや太くて丈夫なシロイカ。その身は非常に厚いので、お刺身にするのがオススメ。本種を使ったスルメは「一番スルメ」と呼ばれ、最も商品価値が高いのが特徴です♪ 時期によっては胴長30センチ以上の大型がくることも!
※8人までゆったり楽しめます。
[プランの詳細]

釣楽価格: 40,000円/隻

釣楽ポイント: 4,000ポイント還元!

レンタル: あり

 

但馬エリア浜坂港

車: 鳥取IC(鳥取自動車道)から約46km

電車: 浜坂駅(JR山陰本線)

 

ページのトップへ