週刊つりニュースが運営する釣り業界最大級の情報ポータルサイト!

釣り船/船宿の予約は【釣楽】

総合トップへ

会員登録

日本海の夜マイカ熱い夏【色ケ浜/豊漁丸渡船】

マイカ/豊漁丸渡船

ずっしり重いマイカが次々!

いよいよマイカ釣りシーズンが開幕!

マイカタックル/豊漁丸渡船7月1日、いつもお世話になっている福井県敦賀市色ケ浜豊漁丸マイカ釣りに出かけた。予約の電話を入れると「当日は深夜便の21時と22時便で、21時便が空いています」とのことだったので、21時便を予約した。


上山船長の第五豊漁丸に乗り込み、空いていた右舷大ドモに釣り座を構える。右舷トモに座るのは岐阜県の八百津から来られた纐纈さん。あいさつをして話をすると、ムギイカには何度か来ているがマイカは初めてとのこと。イカメタルが有効と聞き、「道具は新品をそろえてきました!」と張り切っていた。


定刻の午後9時、船はマイカポイントへ向けて出港。30分ほどで到着するとパラシュートアンカーが投入された。


纐纈さんはイカメタルデビューとのことなので、参考になればと私もイカメタルで実釣開始。サオはトーマスオンザロック2.5メートル、リールはシマノアルテグラ3000。仕掛けはハリスがシーガーエースのフロロ2号2.5メートル、上から40センチに枝ス25センチを出し、ハリス先端には鉛スッテ12号赤緑、枝スにはエギ2号をセットした。


水深90メートルで仕掛けを投入。タナはPEラインの色で取り、まずは30メートルから始める。タナまで落とし込み、小刻みにシャクリを入れてマイカにアピール。ポーズを入れてしばらく待ち、今度は大きく仕掛けを持ち上げてしばらく待つ。


イカが触る感触があったのでサオを大きく持ち上げると、グィーンとマイカの感触が伝わってきた。上がったのは胴長20センチ強のマイカだ。


その後、約1時間で胴長20~25センチのマイカを10匹上げた。纐纈さんにアドバイスすると、すぐにサオが曲がり人生初のイカメタルでマイカをゲットした。


ここで私は本来のマイカ釣りを開始する。サオはダイワリーディングX7対3、リールも同社レオブリッツ300J、仕掛けは自作7本スッテ。30メートル辺りから落とし込み誘いなどを駆使して50メートルまで落とし、ここから電動リールのスロー巻きで誘った。


すると、落とし込み誘い中にグィーングィーンと気持ちのいいアタリが出た。上がってきたのは良型マイカ30センチ前後のダブル。取り込んでいると、18メートルに投入したままのイカメタルのサオも大きくお辞儀。これも30センチ級のマイカで、うれしさが込み上げた。


この後、しばらくの間は何をどうしてもマイカからのコールが出なかったので休憩を取った。


マイカ釣りを再開すると、隣の纐纈さんの胴つき仕掛けのサオが大きく曲がった。大物が掛かったようだ。ゆっくり巻き上げてくると、海中から現れたのは40センチを超える大型マイカ。纐纈さんは満面の笑みを浮かべ、すごくうれしそう。私も心から祝福した。
 

やがて沖上がりの時間がきて納竿となった。私の釣果はマイカ15~34センチ40匹大型スルメイカ5匹。纐纈さんは40センチ超のマイカを頭に25匹ほどで、3匹はイカメタルの釣果だった。


マイカシーズンは始まったばかり。船長に再挑戦を約束して帰途についた。当日の夕食はおいしくて甘いマイカの刺し身と塩焼きを堪能、至福の時を過ごした。
(週刊つりニュース中部版/APC・藤田豊)

 

マイカ/豊漁丸渡船

現在絶好調のマイカ。

 

【釣行記事一覧はこちら】
http://cho-raku.jp/contents/choko_kiji/lists

今回乗船した釣り船

豊漁丸渡船(ほうりょうまるとせん)

深夜ロング便★旬の釣り物狙う★乗合プラン

深夜ロング便★旬の釣り物狙う★乗合プラン

季節毎に下記の魚種を狙います。
5~6月ムギイカ、スルメイカメーンに、7~10月マイカ(ケンサキイカ)をメーンに、サビキでアジ、サバ、釣ったイカをエサにマダイ、青物狙いもOK(応談)。
※季節、狙い物、曜日により時間は若干変動します。
[プランの詳細]

釣楽価格: 12,000円/人

釣楽ポイント: 1,200ポイント還元!

レンタル: あり

 

敦賀半島エリア色ケ浜

車: 敦賀IC(北陸自動車道)から約16km

電車: 敦賀駅(JR北陸本線)

 

ページのトップへ